2022年08月20日( 土 )
by データ・マックス

山口FGの株主総会を検証する

【表1】は九州地銀18行(含むFG・FH)の株主総会の日程表である。

【表1】九州地銀の決算発表日および株主総会開催日について
【表1】九州地銀の決算発表日および株主総会開催日について

◆2022年3月期決算を5月11日(水)に発表したのは宮崎銀行と南日本銀行の2行。
・5月12日(木)は西日本FH2行(西日本シティ銀行・長崎銀行)・九州FG2行(肥後銀行・鹿児島銀行)・佐賀銀行・福岡中央銀行・豊和銀行・宮崎太陽銀行の8行。
・5月13日(金)はふくおかFG4行(福岡銀行・熊本銀行・十八親和銀行・みんなの銀行)・北九州銀行(山口FG傘下)・大分銀行・筑邦銀行・佐賀共栄銀行の8行。

◆株主総会を最初に開催したのは九州FGで6月17日(金)。
・6月23日(木)に開催したのは大分銀行・宮崎銀行・宮崎太陽銀行の3行。

◆6月24日(金)に開催したのは、山口FG傘下の北九州銀行と南日本銀行の2行。

【表2】は株主総会で承認された山口FGの取締役11名の役員名簿である。
・山口FGの取締役は前期より1名増加して11名。任期中4名・再任4名・新任3名(計11名)。
・椋梨敬介代表取締役社長グループCEOは52歳。社内取締役5名の中で一番若いのが目に付く。
・新任の取締役には小田宏史もみじ銀行頭取・嘉藤晃玉北九州銀行頭取の2名が就任。
これによって社内5名・社外6名となった。

<まとめ>
 筆者は昨年12月24日に開催された臨時株主総会に続いて、山口銀行本店(下関市竹崎町4丁目2-6号)の8階講堂で午前10時より開催された株主総会に出席した。

 株主総会では「企業体質の改善についてどう考えているのか」「頭取交代の騒動が全国的に報道され業績に与える影響を今後どのように改善するのか」などの質問が矢継ぎ早に飛んだのが印象的であった。

 筆者が株主総会に出席して感じたのは、傘下銀行の頭取も取締役として加わったものの、実力的には厳しいのではないかということだ。今は、2016年6月から6年間、取締役(監査等委員)であり、今回再任された福田進氏が「影の社長として君臨するのではないか」という大胆な予測をしている。

【表2】山口FGの取締役11名(社内5名・社外6名)の役員名簿
【表2】山口FGの取締役11名(社内5名・社外6名)の役員名簿
6月24日に開催された山口FGの株主総会
6月24日に開催された山口FGの株主総会

【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】

関連記事