わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月23日 14:19

通常国会大幅延長による強行突破を断固阻止 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 政治経済学者の植草一秀氏が6月23日、自身のブログとメールマガジンの記事で、通常国会を大幅に延長させてまで、強引に違憲立法に突き進む安倍政権の政治手法を徹底的に糾弾している。NETIBでは、同記事の一部を抜粋して紹介する。


 安倍政権与党と次世代の党が賛成して通常国会の会期が9月27日まで95日間延長された。

 安保関連法案が衆議院で可決された場合、参議院が60日以内に議決しないときには、参議院が否決したものとみなし、衆議院で3分の2以上の賛成で再可決すると法律案は法律となる。

 安倍政権は大多数の憲法学者が違憲であると断じ、主権者の多数が法律制定に反対している安保法制を強引に成立させようとしている。

 次世代の党は安保法制に賛成しており、維新の党は安保法制の成立に協力する気配を濃厚に漂わせている。

 安倍政権与党が衆議院多数議席を占有してしまっているために、このような暴挙がまかり通る事態が生まれている。

 安倍政権は憲法違反であるとする憲法学者の批判を無視して、強引に違憲立法に突き進む。

 この国はいま、本当の意味での危機に直面している。

 これが「アベノリスク」そのものである。

 「壊れた民主主義」である。

 国会の会期延長を決めたのも「数の力」。

 憲法違反の戦争法制を制定しようとするのも「数の力」に依拠する。

 そして、その「数の力」は主権者多数という「数の力」に支えられたものではない。

 安倍政権与党はたしかに国会の多数議席を占有しているが、その議席は主権者の多数支持によってもたらされたものではないからだ。

 衆議院の総選挙で安倍政権与党に投票した主権者は全体の4分の1に過ぎない。

 4分の1の民意にしか支えられていない安倍政権が、主権者多数の意思を無視して、国会の議席数という「数の力」だけを振り回して暴走することは許されるべきではない。

 しかし、安倍政権は国会の多数議席という「数の力」を活用して、暴走を加速させる構えを示している。

 安保法制で焦点となっている

 「集団的自衛権の行使」

 は、これまで政府が公式の憲法解釈として、

 「集団的自衛権の行使は、憲法上許されない」

 と明記してきたものである。

 誰がどう判断しても、憲法を改定せずに、集団的自衛権の行使を容認することはできないことは明白である。

 それでも、国会多数議席を占有すれば、暴走を続けることはできる。

 これを止める確実な手立ては存在しない。

 日本の主権者が声を上げ、積極的な行動を展開すれば事態は変わるかも知れない。

 しかし、民衆の行動に大きな影響を与えるマスメディアの大半が権力の御用機関に堕してしまっている現状では、多くの主権者が問題の深刻さに気がつかないでいるのだ。

 この事態を明確に予言した人物がいる。

 長崎に投下された原爆で被爆し、その後、白血病で命を失った永井隆博士がその子らに贈った詩に切実な訴えが記されている。

 『いとし子よ』

 から、いまの私たちが噛みしめるべき言葉を再掲する。

 「戦争が長びくうちには、はじめ戦争をやり出したときの名分なんかどこかに消えてしまい、戦争がすんだころには、勝ったほうも負けたほうも、なんの目的でこんな大騒ぎをしたのかわからぬことさえある。

 そうして、生き残った人びとはむごたらしい戦場の跡を眺め、口をそろえて、――戦争はもうこりごりだ。これっきり戦争を永久にやめることにしよう!

 そう叫んでおきながら、何年かたつうちに、いつしか心が変わり、なんとなくもやもやと戦争がしたくなってくるのである。

 どうして人間は、こうも愚かなものであろうか?

 私たち日本国民は憲法において戦争をしないことに決めた。…

 わが子よ!

 憲法で決めるだけなら、どんなことでも決められる。

 憲法はその条文どおり実行しなければならぬから、日本人としてなかなか難しいところがあるのだ。

 どんなに難しくても、これは善い憲法だから、実行せねばならぬ。

 自分が実行するだけでなく、これを破ろうとする力を防がねばならぬ。

 これこそ、戦争の惨禍に目覚めたほんとうの日本人の声なのだよ。

 しかし理屈はなんとでもつき、世論はどちらへでもなびくものである。

 日本をめぐる国際情勢次第では、日本人の中から憲法を改めて、戦争放棄の条項を削れ、と叫ぶ声が出ないとも限らない。

 そしてその叫びがいかにも、もっともらしい理屈をつけて、世論を日本再武装に引きつけるかもしれない。

 もしも日本が再武装するような事態になったら、そのときこそ…誠一(まこと)よ、カヤノよ、たとい最後の二人となっても、どんな罵りや暴力を受けても、きっぱりと〝戦争絶対反対〟を叫び続け、叫び通しておくれ!

 たとい卑怯者とさげすまされ、裏切り者とたたかれても〝戦争絶対反対〟の叫びを守っておくれ!」

 永井隆博士のこの言葉を、いまほど読み返さねばならないときはない。

※続きはメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1175号「通常国会大幅延長による強行突破を断固阻止」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(16)

 ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区からの朝倉市立松末小学校体育館床改修工事の寄贈を巡って、これまで15回当サイトで連載してきた。

2019年12月07日 07:00

DEVNET INTERNATIONAL 世界本部 総裁に明川文保氏が就任!(2)

 ECOSOCは14の国連専門機関、機能委員会、そして5つの地域委員会の経済、社会および関連業務を調整する主要機関です。ECOSOC設立に関する、国連憲章の第10章第...

2019年12月07日 07:00

【事業継承の教訓】ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ裁判から何を学ぶのか(中)

 吉川工務店(福岡市)のオーナーが西部ガスに会社を売却する決断をした(巷の評価では12億円内外)。絶好調の建設会社の環境も永遠に続かない。いずれ企業存続をするかどうか...

2019年12月06日 18:17

代表逮捕のガイナックスは生き残れるか

   アニメをはじめとする映像作品の企画から製作・販売までを手がける(株)ガイナックス。同社代表取締役の巻智博氏(50)が、5日、少女に対するわいせつ容疑で逮捕された...

2019年12月06日 17:05

たった10円の時給アップが大赤字を生む

 深刻な人手不足のなか、どの業界も人が集まらず、悲鳴をあげている。きつい仕事は敬遠され、「いかに楽をして稼ぐか」を仕事選びの条件にしている求職者が多いのも事実だ。

2019年12月06日 16:31

DEVNET INTERNATIONAL 世界本部 総裁に明川文保氏が就任!(1)

 国際連合主要機関の1つである国連経済社会理事会(ECOSOC)がカテゴリー1に認定するDEVNET INTERNATIONAL世界本部の総裁に、明川文保氏の就任が決...

2019年12月06日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 11月29日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援(15)~嘘が罷り通ることを許してよいのか!

 ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区からの朝倉市立松末小学校体育館床改修工事の寄贈をめぐる疑問点の1つに、当時2017-18期のLC-337A地区と地区内に設...

2019年12月06日 13:32

【凡学一生のやさしい法律学】さくら疑獄事件(4)

 「総理大臣の犯罪」。この言葉で日本国民誰もが思い出すのが田中角栄元首相のロッキード事件だろう。いまだに理解に苦しむことは、事件の端緒がアメリカ議会公聴会での証言を基...

2019年12月06日 13:00

【事業継承の教訓】ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ裁判から何を学ぶのか(前)

 マンション業界のドンであった田原學氏が難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患い、長い闘病生活を経てこの世を去った。2017年3月7日のことである。この偉人の訃報が届い...

pagetop