• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月06日 10:16

福岡博多ライオンズクラブ50周年記念式典開催! 輝けるライオンズパーソン 

We serve(われわれは奉仕する)の精神を途切れさせないために

 2015年6月13日、福岡市博多区で『福岡博多ライオンズの50周年記念式典』が開催された。式典には海外(台湾)からの参加もあり、ライオンズクラブの活動、存在が世界規模のものであることを改めて実感させられるものとなった。会場内は福岡『博多』ライオンズクラブの式典ということが一目で分かる、地元博多の一大イベント博多祇園山笠を彷彿とさせる水はっぴ姿の会員たちで溢れており、次々と会場入りする他の会員たちへの挨拶や指定テーブルへの誘導など、一人ひとりが活発に立ち回る姿が目立つ、大変賑やかなムードであった。

<

祝辞を述べる福岡県小川洋知事

 式典の冒頭、ライオンズクラブの会員―ライオン―として活動を続け、その生涯に幕を下ろした会員の紹介が行われた。50年という歳月の重みを痛感させられると同時に、先人の遺した社会貢献活動の実績に、会場に集まった全員があらためてライオンたる者として心に刻んでおくべき『事業を成功に導き、善良な生活を楽しみ、常に微笑みを湛え、人類を愛し、知識人の尊敬を集め、幼児たちにしたしまれる人』、という訓を胸に黙祷を捧げた。その後祝辞を述べるために式典に参加した来賓客、クラブの地区代表の紹介が続いた。来賓客の中には福岡県、小川洋知事の姿もあった。
 小川知事は「50周年を迎えられたこと、会員全てのみなさんへお祝いを申し上げます。昭和40年の結成以来、青少年の育成、地域の清掃、公園の植樹など、大変熱心に幅広く社会奉仕活動に尽力していただいております。博多小中学校自治教育界への青パト寄贈、南公園への桜の植樹、国際大会スペシャルオリンピクスへの支援、そのご尽力に深く敬意をしめすものであります。特に50周年の節目となる年に寄贈いただきました青パトは、地域の自主防犯活動の大きな力となるものであります。2年前、全国で初めて福岡が青パトの自動車保険を始めとする制度の充実に着手いたしました。今回の青パト寄贈は、必ずこの制度とも相乗効果を生み、今まで以上に地域の安全に寄与するものと信じております。また、来年には世界200の国と地域、36,000人を迎えてのライオンズクラブ国際大会が初めて福岡で開催されます。皆さんは是非この大会を、そして福岡を盛り上げていって欲しいと思います。今回の50周年を受けて、福岡博多ライオンズクラブ、会員の皆さま個々人がさらなる発展を遂げられますよう、心よりお祈り申し上げます」と、国際都市福岡の魅力づくりにさらなる協力を呼びかけた。

 各ライオンズクラブの紹介では、クラブの代表が先陣をきって「さあ!」と呼びかけると、その後に続いてメンバー全員が大声で「さあ!」と続き、まだまだ衰え知らずの活力を見せつけた。大会会長(株)データ・マックス代表取締役、児玉直は挨拶で出席者全員へ、晴れの舞台に会長として音頭を取らせてもらえていることへの感謝、姉妹クラブである台湾3クラブを始め、秋田など遠方から参加したクラブへの謝辞を述べた。

kodama<

代表スピーチを行う児玉大会会長

 福岡博多ライオンズクラブについて児玉大会会長は「1965年、福岡地区に3番目にクラブとして設立いたしました福岡博多ライオンズクラブは、博多駅への黒田節像の寄付など、多岐に渡る社会奉仕活動を行ってまいりました。50周年という積み重ねてきた歴史の中で、50年前の設立メンバーが皆鬼籍に入っていることの悲しさ、決して平坦ではなかった道のりにおいて、特に35周年を境にしての会員の高齢化、若手が後に続かないといった世代交代の問題が、クラブの衰退を引き起こしています。どのクラブがというわけではなく、どこのクラブでも同じ問題を抱えているのです。5年前幹事になった時、わたしは『このままではライオンズクラブが消滅してしまう』という危機感を強く持ちました。この負の循環を断ち切るために、まず何をするべきなのか、やはり会員増強だろうと考えました。人が人を呼ぶという流れ作りが重要なのです。6月末現在、61名の会員増強に成功しております。これがなしえられたのはひとえにみなさんのご協力のおかげであります。人が増えれば環境も変わる。新しい出会いがきっかけとなり、前向きな議論もよく聞かれるようになりました。そういった議論の中で、福岡博多ライオンズクラブとして、博多に何かおかえしをということで、青パト4台の寄贈を実施しました。こういった活動は本来金銭換算するべきではないかもしれませんが、福岡博多ライオンズクラブは実に数千万円規模の社会貢献を行うことができました。こういった社会奉仕活動をこれからも続けていくべく、クラブの基盤強化に努めてまいりたいと思います」と述べ、50周年を迎えたことに満足するのではなく、あくまで今回の記念式典は次の50年へ向けての足がかりであることを示した。

yousu

■クラブ概要
名 称:ライオンズクラブ国際協会337-A地区4R3Z
福岡博多ライオンズクラブ
結成日: 結成会 1965年6月15日
国際本部登録:1965年6月15日
所在地: 事務局 福岡市中央区天神3-15-24 三天第一ビル3階
TEL:092-771-5781
FAX:092-771-5789

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月31日 07:00

ストラテジーブレティン(252号)~「コロナパンデミック中間総括」(後)

 コロナ以前から3つの歴史的趨勢が起きていた。1. ビジネス、生活、金融、政治のすべてを覆いつくすIT・ネット・デジタル化、2. 財政と金融の肥大化による大きな政府の...

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

pagetop