2024年02月23日( 金 )

【伊都便り】玄界灘を臨むプライベートヴィラ空火海(後)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

静けさのなかで生まれる癒し

タラソ 1階

 THE THALASSO ITOSHIMA (以下、タラソ)は、都会の喧騒を離れ、1人静けさのなかで癒されたい、あるいは創造力を高めたいというビジネスパーソンはもちろん、家族やパートナーなど、大切な人との記念日を一生の思い出にしたいという人にはうってつけの空間だ。

 1階はシックで落ち着きのある色彩を意識的に取り入れることで、宿泊客の緊張感を解きほぐし、心が癒される空間に仕上がっている。照明も低い位置に配置し、照度も抑えてあるため、完全プライベートな静かなときを過ごすことが可能となる。また、キッチンやバスルーム、洗面台などの設備にもこだわっており、高級リゾートホテルと遜色ない利便性が確保されている。

 1階とは対照的に、2階は白を基調とした明るい配色がなされている。屋内にいても、白い砂浜に青い海、そして木々の緑といった豊かな自然が視野に入るように窓が設置されているため、採光により、一層開放的な気分を味わうことができる。玄界灘を臨む2階からの眺めは圧巻で、タラソに宿泊した記念写真の一枚にうってつけだ。

タラソ 2階からの眺め
タラソ 2階からの眺め

 タラソの設計施工を担当したのは、福岡を中心に注文住宅や医院建築、店舗建築の設計施工を手がけるほか、全国の工務店に幅広いデザインの提供を行う(株)プロデュース。実はタラソだけでなく、ZERO、1co・ITOSHIMAの設計施工も同社が担当しており、空火海の全4棟中3棟を同社が手がけている。

 同社の吉田茂利代表は、空火海が整備される以前の計画段階から携わっており、タラソに関してはオーナーも務めている。

(株)プロデュース 代表取締役 吉田 茂利 氏
(株)プロデュース
代表取締役 吉田 茂利 氏

    「この場所が竹藪だったころから、全4棟の予約受付を始められるまで、約3年かかりました。折り悪くコロナ禍に突入してしまいましたが、もし軌道に乗らなくても、『自分たちが別荘として使いたい、そう思えるものを』──という考えの下、設計施工に取り組んできました。おかげさまで多くの反響が寄せられており、次のプロジェクトにもつながっています。夏はもちろんですが、冬季は徒歩圏にある福吉漁港でカキ小屋も楽しめます。過ごし方は十人十色です。空火海は、枠にとらわれない多彩な家をそろえています。ぜひいろいろな人に宿泊してもらい、家のデザイン性、利便性はもちろん、二丈の海の美しさを実際に見ていただきたいと考えています」(吉田代表)。

 空火海は現在、地域に人を呼び込む動線としても機能しており、近隣の福吉漁港や福吉しおさい公園、さらには地元の新鮮野菜と玄界灘で獲れた鮮魚を中心に販売している「福ふくの里」をめぐるといった、回遊性も生み出している。

 「地元の食材を購入し、空火海に持ち帰りバーベキューを楽しむこともできます。タラソにもバーベキューグリルが常備されています。また、空火海ではレストラン『Cocoro(ココロ)』も営業しており、ホームページから予約の方には朝食の無料サービスを行っています。お昼は、糸島豚の干し肉を使ったイタリアンテイストのカナーペのテイクアウト。夜は糸島の食材を生かしたアウトドアダイニングも提供しているので、手ぶらで利用できる点も魅力です」(吉田代表)。

糸島のイタリアンレストランCocoroと池田シェフ
糸島のイタリアンレストランCocoroと池田シェフ

 同じ敷地内にあるものの、4棟それぞれ特色が違うため、たとえばZEROの宿泊客が次はubusunaに、その次はタラソにといった具合に、リピート意欲をもたせることができる。また、4棟がそれぞれ個別に広報戦略をとることで、良い意味での競争関係ができていることも、相乗効果を生んでいる。

 地域コミュニティにも受け入れられ、名実ともに二丈エリアの新たな顔として存在感を放つプライベートヴィラ空火海は、ゆったりと流れる糸島時間を味わうのに最適な場所ではないだろうか。

(了)
【代 源太朗】


<HOTEL INFORMATION>
THE THALASSO ITOSHIMA

所在地:福岡県糸島市二丈吉井 4154
URL:https://www.the-thalasso.jp/


<COMPANY INFORMATION>
(株)プロデュース

代 表:吉田 茂利
所在地:福岡市中央区地3-27-18
TEL:092-776-0086
URL:輸入住宅.福岡.jp

(前)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

法人名

関連キーワード

関連記事