2024年04月21日( 日 )

【不動産・住宅の営業戦略】エリア1位を目指す

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

    今回は、営業戦略に関してお話しします。

 不動産・住宅業の営業地域は、基本的には限られていますよね。そのため、競合に勝つために必要なのは、「営業エリアにおける認知度」の高さです。お客さまは「知らない会社」のことを不安に思います。逆に、「知っている会社」というだけで安心します。テレビCMをしている会社って、何となく安心感がありますよね?

 まずは自社の「営業エリアにおける認知度」を上げていくことが必要で、これには「のぼり旗」「看板」などの目に見える広告が有効です。「どの程度まで上げればいいの?」という質問をいただきますが、「そのエリアで圧倒的1位」を目指しましょう。

 では、なぜ1位じゃないといけないのでしょうか(以前、「2位じゃダメなんですか?」という議員さんがいましたが…)。

 ここで質問です。「日本で一番高い山はどこでしょう?」「日本で一番大きな湖は?」「世界で一番高い山は?」──どれも答えは簡単ですよね。「富士山」「琵琶湖」「エベレスト」です。

 では、ここからが難問です。日本で2番目に高い山・大きな湖、世界で2番目に高い山を答えることができますか?答えは「北岳」「霞ヶ浦」「ゴドウィンオースチン」ですが、意外と皆さん知らないですよね。それくらい、1位と2位には圧倒的な差があるということです。3位になると、さらに知名度が落ちてしまいます(ちなみに「奥穂高岳」「サロマ湖」「カンチェンジュンガ」です)。

 営業戦略を考えるなら、自社が1位を獲得できるエリアを考えなければいけません。それはどのあたりでしょうか?半径300mですか?あの大通りや川の手前まででしょうか?競合がいない地域でしょうか?しっかりとエリア戦略を考えて、営業活動しましょう!


<プロフィール>
山本 啓一

(やまもと・けいいち)
1973年生まれ。大学に5年在学し中退。フリーターを1年経験後、福岡で2年ほど芸人生活を送る。漫才・コントを学び舞台や数回テレビに出るがまったく売れずに引退。27歳で初就職し、過酷な飛び込み営業を経験。努力の末、入社3年後には社内トップとなる売上高1億円を達成。2004年、31歳でエンドライン(株)を創業。わずか2年半で年商1億2,000万円の会社に成長させる。「エッジの効いたアナログ販促」と「成果が見えるメディアサービス」でリアル店舗をモリアゲる「モリアゲアドバイザー」として、福岡を中心として全国にサービス展開中。

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事