2024年04月16日( 火 )

【福岡県】初のグリーンボンド発行、200億円に対し8.3倍の応募

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ
クリックで全文表示(PDF)

 福岡県は30日、初となるグリーンボンド(ESG債)を発行した。発行額200億円に対し、機関投資家から約8.3倍の1,667億円分の応募があった。利率は一般の地方債と比べ0.02%低いという。

 県は長期目標として2050年度までに温室効果ガス排出の実質ゼロを目指すこと、中期目標として30年度までに温室効果ガス排出量を13年度と比べ46%削減することを掲げている。主な充当予定事業として、福岡武道館移転整備(ZEB化)や県有施設への太陽光パネルやLED照明などの省エネ性能の高い設備導入、緑化推進事業、豊前海・筑前海での漁場整備、災害対策などを挙げている。

【茅野 雅弘】

法人名

関連記事