2024年02月23日( 金 )

【BIS論壇 No.415】印タミルナド州と米コロンビア大学の講演会

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 NetIB-Newsでは、日本ビジネスインテリジェンス協会理事長・中川十郎氏の「BIS論壇」を掲載している。
 今回は6月5日の記事を紹介する。

 さる5月29日の同日に、躍進するインド・タミルナド州(帝国ホテル)首相講演会と、筆者がかつてVisiting Scholarとして研究留学した米コロンビア・ビジネススクールの日本経済経営研究所年次研究会(大手町フイナンシアルセンター)が東京で開催された。

 両講演会とも非常に有益で得るところ大なるものがあり、ご参考までに下記要約報告したい。

印タミルナド州は1兆米ドル(約140兆円:日本のおよそ4分のⅠ)の州生産規模を目指す

 クリシユナン州商工次官によると、タミルナド州は投資環境抜群でInvest, Innovate, Create(投資、革新、創造)を合言葉に都市化、電力、インフラ、エコシステム構築に注力。産業としては、太陽光発電、エアーコンディショナー、I-Phone、電気自動車等の製造業に注力している。国連SDGs(持続可能な開発目標)に従い、とくに女性の活躍を支援する。世界有力企業500社中、130社が州に進出。インドの代表的多国籍企業のマヒンドラ、ADANIグループなどもある。また、医療分野にも力を入れている。州内には70の教育機関を有し、人財育成に積極的だ。

 同州は医療関係で全インドの13.2%、農産物食品生産12%、資本財生産では全インドの20%、電子機器で10%のシェアを占めており、日本がポストチャイナとして注力すべきインドの有力州だ。

 日系企業では双日が工業団地を運営。ほかに三井物産、住友商事、ヤマハ、NEC、東芝、日立、三菱電機、NEC、ダイセル、パソナなどが進出、活躍している。

 中国のBYDや韓国の現代自動車は電気自動車の製造に積極的な大型投資を行っている。州内にあるチェンナイ港は地の利が良く、アジア、アフリカ、南米などへのアクセスも良くいため輸出入で活発な動きをしている。スターリン州首相は、「日本とインドの長年にわたる経済、文化交流に鑑み、日印関係強化のモデル州になりたい。24年1月のGlobal Investment Meetingにぜひ日本からも参加してほしい」と勧誘していた。日本のインド関係強化のため、タミルナド州は重要拠点となるとの印象を強く受けた。

コロンビア大学ビジネススクールへの日本留学生24名に増加

コロンビア大学 イメージ    コロナ禍で低迷していた日本からの留学生が本年は24名に増加。日米教育交流がさらに活発になりつつある。講演会では「現代の日本に必要なイノベーション~DX」「サステイナブルシテイ」「大学教育改革」と題し、河野太郎・デジタル大臣、メアリー・ボイス機械工学教授、「大学教育と技術革新」と題してウルキオラ・社会科学大学院長と藤井輝夫・東京大学総長、また、「持続可能なスマートシテイ計画」と題して、野田由美子・ヴェオリア・ジャパン会長、ハケ建築学科大学院長、森浩生・森ビル副社長などが熱気のこもる講演をされ、極めて有益だった。

 久しぶりに商社マン、学生時代に戻った気分で、知的刺激を受け、感動に満ちた一日であった。コロンビア大学は毎年5月に東京で公開講座を行っており、来年はぜひBIS会員も多数参加し、知的交流をしていただきたいと念願する次第である。


<プロフィール>
中川 十郎(なかがわ・ じゅうろう)

 鹿児島ラサール高等学校卒。東京外国語大学イタリア学科・国際関係専修課程卒業後、ニチメン(現:双日)入社。海外駐在20年。業務本部米州部長補佐、米国ニチメン・ニューヨーク開発担当副社長、愛知学院大学商学部教授、東京経済大学経営学部教授、同大学院教授、国際貿易、ビジネスコミュニケーション論、グローバルマーケティング研究。2006年4月より日本大学国際関係学部講師(国際マーケティング論、国際経営論入門、経営学原論)、2007年4月より日本大学大学院グローバルビジネス研究科講師(競争と情報、テクノロジーインテリジェンス)

関連記事