2024年04月16日( 火 )

福岡県遊技業協同組合がこども食堂応援プロジェクトに寄附金

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡県遊技共同組合は6日、福岡県こども食堂応援プロジェクトへの寄附金として、県に150万円を贈呈した。贈呈を受け、服部誠太郎福岡県知事は「皆さんと一緒に、こどもたちの笑顔があふれるような福岡県にしていきたい」と挨拶した。

左:福岡県遊技業協同組合 理事長 平岡 聖教 氏/​​​​​​​右:福岡県知事 服部 誠太郎 氏
左:福岡県遊技業協同組合 理事長 平岡 聖教 氏
右:福岡県知事 服部 誠太郎 氏

 こども食堂では、栄養バランスのとれた温かい食事が子どもたちに提供されている。多くの場合は無料で、有料の場合でも100~300円程度と少額のため、物価高騰で生活が苦しい家庭の支えにもなっている。また、こどもたちが学年を超えて一緒に遊んだり、大人同士で子育ての悩みを共有したりするなど、こども食堂ならではの交流も育まれている。

 福岡県遊技業協同組合ではこのほかにも、社会貢献として毎年「こども絵画コンクール」を開催するなど、未来を担う子どもたちへの支援を継続的に行っている。

クラウドファンディング実施中
 こども食堂では、クラウドファンディングを活用したふるさと納税での寄附を募っている。寄附金は食材の購入、保管や運送の費用に充てられる。返礼品はないが、応援してくれる人に活動報告を行っている。

▼クラウドファンディングの案内はコチラ
福岡県こども食堂応援プロジェクト(ふるさとチョイス)

【代 源太朗】

法人名

関連記事