2024年06月16日( 日 )

グッドライフカンパニー中間 大幅増益で経常3.4倍に

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 10日、(株)グッドライフカンパニー(東証スタンダード)が、2023年12月期の中間決算を発表した。

 同期は売上高60億3,200万円(前年同期比116.8%増)、営業利益5億5,400万円(同232.9%増)、経常利益5億3,500万円(同243.5%増)、当期利益3億4,400万円(同635.5%)と大幅な増収増益をはたした。

 投資用マンション・「LIBTH」の販売棟数が大幅に増加したことが、増収増益に貢献した。また、開発エリアを福岡・熊本・沖縄とする同社は、福岡で16件、熊本で9件、沖縄で6件のプロジェクトを進行中。今期はすでに12物件の竣工を終えたことで、これまでの開発実績は140棟となった。

 今期(通期)は、売上高137億円(前期比69.9%増)、営業利益10億円(同74.9%増)、経常利益9億7,500万円(同78.9%増)、当期利益6億円(同93.5%増)を予想している。

【永上 隼人】

関連記事