2024年04月16日( 火 )

【9/1】トリアスに新店舗がオープン キーワードは「循環型社会」

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

(有)トリアスマネジメント

9月1日に同時オープン

 (有)トリアスマネジメントは9月1日、福岡県久山町の「トリアスショッピングセンター」内に新店舗をオープンする。今回オープンするのは古着店「3peace古着卸売倉庫 福岡支店」とアウトレットストア「ECOLET+(エコレットプラス)トリアス久山店」。トリアスは核テナントとなるコストコホールセールをはじめとしてユナイテッド・シネマやフードウェイなど、人気店舗がそろう郊外型ショッピングセンターだ。

古着卸売販売「3peace」

 すでに関東を中心に10店舗以上を展開。海外から輸入した古着を店舗にて販売している。メンズ・ウィメンズそれぞれを同程度取りそろえており、性別や年齢を問わず来店することができる。古着は環境負荷や処理費用の削減を図ることができることから持続可能な社会への貢献を可能にし、また、古着のなかでも質の良い中古品を卸価格という手頃な価格で提供することを軸にしている。今回オープンする店舗は九州最大の古着卸売倉庫として、噂を聞きつけた多くの若者から開店前にも関わらず問い合わせが殺到するなど、注目度は高い。

アウトレット品販売「ECOLET+」

 新生堂薬局グループが運営するドラッグストアのアウトレットストアで、店名は「エコロジー+アウトレット」「社会のプラスになる」というキーワードから生まれた造語。小売業およびメーカーの間では破損や劣化・返品などのアウトレット品など、大量の産業廃棄物の処分について問題視してきた。エコレットプラスではこれら廃棄予定の商品を調達、安価で提供しており、今回は1号店・忠隈店、2号店・糸島店に続く3号店目となる。同店ならではの特徴は「不定期営業」。商品が集まったときのみにオープンするかたちで、ユーザーはエコレットアプリにおいて事前に発表される営業時間を確認してから店舗に向かう。不定期営業とすることで商品の無駄な廃棄を削減し、環境に配慮した運営を可能にしている。

 両店舗は循環型社会の実現を目指し、環境に配慮したビジネスモデルを有している。近年は「エシカル消費(地域の活性化や雇用などを含む、人・社会・地域・環境に配慮した消費行動)」が消費者に浸透しはじめ、変容するニーズを体現するものになるといえよう。

【杉町 彩紗】


<店舗概要>
(1)3peace古着卸売倉庫 福岡支店

面 積 :1,737.70m2(525.65坪)
開業日 :9月1日(金)
営業時間:午前10時~午後8時
Instagram:https://www.instagram.com/3peace_wholesale4
(2)ECOLET+ トリアス久山店
面 積:1,056m2(319.44坪)
開業日:9月1日(金)
営業日:不定期(エコレットアプリにて確認可能) 


<COMPANY INFORMATION>
(有)トリアスマネジメント

所在地:福岡県糟屋郡久山町大字山田1111
設 立:2005年4月
資本金:300万円
TEL:092-957-5107

関連記事