2024年06月23日( 日 )

住まいと暮らしの今(4)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 住宅関連業界は、大きな変革の波に直面している。新築需要市場の縮小がいよいよ本格化してきたことに加え、カーボンニュートラルへの対応が迫られるほか、超高齢化社会の到来、空き家問題の深刻化といった社会課題の浮上、さらには人や社会の価値観の変化といった状況にも直面しているからだ。一方で、住まいは人々の暮らしに直結するため、関連する事業者の役割に期待が高まっている。そこで本特集では、現在進行中の住生活に関わるさまざまな動きについて確認し、これからの住宅関連業界の在り方について考えていく。

ストック市場整備へ

 日本におけるストック住宅の流通比率は約14.5%(18年)で、欧米諸国と比べると5分の1程度と低い水準にある。国は「長期優良住宅化リフォーム推進事業」や「住宅リフォーム事業者団体登録制度」「既存住宅のインスペクションの普及」「安心R住宅(特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度)」の創設などにより、ストック住宅・リフォーム市場の活性化を促している。

 加えて、近年はストック住宅を取得してリフォーム・リノベーションを行ったうえで再流通させる「買取再販」を展開する事業者が増えているほか、大手ハウスメーカーを中心に新築時に買取再販を前提として住宅を販売する仕組み、具体的には「残価設定型住宅ローン」を用いた新たな販売手法を導入する事業者も出始めている。後者についてはイニシャルコストの負担の軽減を求める若年住宅取得者層のニーズに対応するもので、これは住宅の再販価値を重視する消費者が増えていることを表しているといえそうだ。

福岡初・敷地売却制度を活用

 老朽化マンションも課題だ。国交省によると、築40年超のマンションは01年末の9万戸から21年末には115万戸に急増。さらに、その20年後の41年には425万戸になるという。大きく「管理・修繕」と「建替え」によって、この問題への対応が行われているが、住民の高齢化により修繕・建替費用の負担がネックになり、進んでいないのが実状だ。建替えについては、住民間の合意形成が難しいというハードルもある。

 建替えの事例がないわけではない。福岡市中央区薬院で旭化成不動産レジデンス(株)が24年9月に竣工予定の「アトラス薬院タワーレジデンス」(住戸130戸、店舗3戸、RC造・地上19階建、免震構造)がその一例。1973年に竣工した築47年の分譲マンション「パール福岡」(住宅85戸、店舗6戸、RC造)を建て替えるもので、マンション建替法が定める「マンション敷地売却制度」を活用する福岡市では初のケースとなる。

 同制度はマンション以外の用途への建替えが認められるほか、権利変換型のマンション建替えに比べて、決議後の手続きが容易で、分配金取得までの期間が短いことから、旧耐震マンションの再生促進に寄与するとされている。同社は早くからマンション建替えに取り組み、地道にノウハウと実績を積み重ねているが、こうした事例ができることで福岡市内でもマンション建替えの機運が高まることが期待される。

「アトラス薬院タワーレジデンス」の建設予定地
「アトラス薬院タワーレジデンス」の建設予定地

ハードからソフト時代へ

 ここまで、社会の状況の変化やその影響を受けた人々の価値観が、住まいの在り方に大きな影響を与えてきた(いる)ことについて述べてきた。最後に、それがハード(スペック)だけでなくソフト(暮らしの提案)にもおよんでいることを改めて指摘しておきたい。それは住宅事業者による提案ではなく、ファッションなど各種ブランド企業が住宅提案に乗り出しているという事例だ。たとえば(株)Lib Work(熊本県山鹿市、瀬口力代表)は、戸建住宅にファッションブランド・アフタヌーンティの住空間提案などを採り入れた「アフタヌーンティハウス」や、「無印良品」のブランドエッセンスを採り入れた「無印良品の家」を販売している。

 これらは、既存住宅事業者の提案に満足しない消費者が増えていること、人々のライフスタイルが多様化していることの表れである。また、付け加えるなら住生活分野には新たな暮らしのデザインや発想を持つ異業種企業の参入の余地が数多くあり、それにより人々の暮らしの質を高められる可能性があるということだ。

Lib Workによる「アフタヌーンティハウス」のモデルハウス
Lib Workによる「アフタヌーンティハウス」のモデルハウス

 新設住宅着工数は減少傾向にあり、また頻発する災害への備えや職人不足など住宅業界には課題が少なくない。しかし、多様な企業や団体、あるいは個人とのコラボレーションをより積極的に進め、それらのノウハウを暮らしのなかに盛り込むことで住生活関連産業は成長を続けることが可能であるし、活躍できるフィールドは広がっているのだ。

(了)

【田中 直輝】

(3)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事