2024年02月27日( 火 )

23年地価調査・小倉編 上昇牽引はマンション需要(後)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

小倉駅エリア外

 小倉駅エリアから目を移すと、西側の「中井1-26-4」は前年比1.8%上昇した。国道199号に面する低層店舗で、国道沿いには店舗が建ち並ぶが、国道から入ると低層の住宅地が広がっている。南側の「足原2-3-28」は9.0%の上昇となった。幹線道路に面するクリニックで、こちらも低層の住宅地が広がるエリアだ。中心部のマンション開発が活発になってきたことや、22年にエリア内で企業の本社ビルが竣工したことなどで、中層化が進んできた影響から大幅な上昇となった。

 モノレール・片野駅から徒歩3分の「片野3-4-24」は低層にオフィスが入る賃貸マンションで、8.5%の上昇となった。モノレール沿いということもあり、周辺にはマンションなど中高層の建物が建ち並ぶ。また、住宅地にカテゴライズされた「片野新町3-3-3」も7.7%上昇、同じく「片野新町1-12-5」も5.0%上昇と高い評価を得た。平米単価も小倉北区の住宅地16地点中で2トップとなった。

● ● ●

 魚町など一部の繁華街に限っていえば、コロナ禍が明けて人流が回復したことが地価上昇に影響した。しかし、その他の多くの地点では、マンション需要の高まりが最も影響したと言ってもいいだろう。さらに、今回はコクラ・クロサキ リビテーションによる容積緩和への期待も盛り込まれた地価評価となっている。ただ、新規の大型オフィスビル開発計画の続報は聞かれず、開発におけるプレイヤーの多くはマンションデベロッパーで、次回以降の地価調査への影響は限定的になっていくとみられる。

 前出の地場不動産業者の声のように、小倉というまちの風情は特徴的で、「残したい」と願う市民も少なくないはずである。響きや手離れの良いものばかりでなく、行政は地域に根ざしたエリアマネジメントを地元とともに行っていくべきだろう。

(了)

【永上 隼人】

(中)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連キーワード

関連記事