2024年02月26日( 月 )

明治からの石造建築が残る新島

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

固有の景観とモダニズム

 先日、建築調査のため伊豆諸島・新島を訪れた。新島へは、竹芝桟橋(東京都港区竹芝)からフェリーで行くことができる。夜に出港するフェリーに乗ると、朝8時には伊豆大島、利島、そして新島に着くことができる。甲板に上がると、水面に照らされた朝靄の向こうに山が2つ見えてくる。その山と山に挟まれた平地に、石のブロックでできた町並みが広がっている。

 新島には、明治以来の石造建築が多く残っている。石を積み上げてつくった家屋や豚舎、石塀が連なり、屋根を石で葺いているものもある。島を歩くと、軒の低いさまざまな建物が、狭い路地を挟んで次々と現れる。建物の構造は木造のフレームの外側に石のブロックを積んだものと、純粋に石の壁だけで屋根を支えているものなど、いくつかの種類がある。形式的には関東の木造民家が石の民家に石化したものとされるが、その説明だけでは言い尽くせないバリエーションがあるように思う。

 建築というのは、海をわたってきたのか、それとも島からわたっていったのか。少なくとも私たちは、海をわたってきたものだと理解している。なぜなら文明の起源はいつでも大陸で、建築というのは文明に乗ってやってくるからである。エジプトにギリシャに黄河──建築というのは、その様式の渡来と変化のことをいう。小さな民家建築でもそうである。

 しかし、新島の固有の景観を見ると、本当にそうだろうかという気もしてくる。ギリシャも最初は、島のようなものだったのではないか。その島々の地方建築を、2000年以上語り継いで(間に断絶はあったにせよ)広めると、ヨーロッパの古典建築となる。建築史の叙述とは島的なものを大陸的とし、もしくは本土的として、様式史となった。その叙述の方法は、数直線的な時間軸を前提とする新築のリスト化である。モダニズムは、その数直線の最先端に自らを位置付け、20世紀のモダニストたちは修復を忘れた。

分かれていなかった建築の領域

 私が住む北海道・小樽における目下の大工事は、明治の日本郵船小樽支店、次に新幹線小樽駅、その後は昭和初期の小樽駅だろうか。パリの大工事はノートル・ダム。当然のことながらゴシックの時代が終わったからといって、ゴシック建築の工事が終わるわけではない。様式の時代区分と工事の進捗というのは、別問題である。様式史は、都市の現実をとらえなかった。時間というのは身の回りで行ったり来たりしている。その過去と現在、もしくは未来を行ったり来たりするのは、設計の作業場ということになる。

 これは土着建築と様式建築、それと修復と新築という20世紀に分け隔てられた建築の領域の問題である。かつてのプロフェッションは、そんなに分かれていなかった。しかし、洋館に関われば、和風に関わることもあろう、新築をすることにもなるだろう。それは身の回りに関わるということであり、島的なことでもある。新しい叙述方法も必要になるということなのだ。


角 玲緒那 氏<プロフィール>
角 玲緒那
(すみ・れおな)
1985年北海道生まれ、札幌市立高等専門学校卒業、九州大学大学院芸術工学府博士課程単位取得退学。(株)建文を経て、2022年に角玲緒那建築設計事務所を設立、現在に至る。

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事