2024年04月19日( 金 )

スマホがなくても大丈夫 手のひら認証で買い物もOK

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 2023年世界インターネット大会烏鎮サミットが11月8日から10日まで、浙江省烏鎮で開催された。サミットの重要な一部として、2023年世界インターネット大会「インターネットの光」博覧会が7日から10日まで開催された。同博覧会では、テクノロジーの魅力を満載した没入型インタラクティブ新体験展示エリアの1つひとつによって、人々の視野は大いに広がっている。

▼おすすめ記事
中国はバブル崩壊後の日本になるのか(前)

 スマホのバッテリーが切れたり、スマホを忘れたりしても、微信(WeChat)の「微信刷掌支付(WeChat手のひら認証決済)」があれば多くの問題が解決できる。「掌紋+手のひら静脈」認証技術により、消費者が手のひらをさっとかざすだけで、共有モバイルバッテリーのレンタル、ゲートの通過、小売シーンでの決済を行えるというものだ。今後、「手のひら認証」の新たな応用シーンが絶えず開拓され、便利なモバイル消費体験の構築を後押しすることが期待されている。

 企業がサイバーセキュリティシステムを構築しなかった場合、セキュリティ面で危険に晒されるかどうかは運試しをするに等しい。システムを構築した場合は、毎日膨大な量のセキュリティアラートが形成されることになる。

 しかし、セキュリティ専門家には限りがあり、通常は全体の2%に当たる重要なアラートにしか対処できず、残り98%はやむなく放置され、ここにハッカーの付け入るすきが生まれ、最大のセキュリティホールになる。今ではセキュリティロボットがこうした問題を完全に解決してくれるようになった。

 博覧会の会場に登場した奇安信集団のセキュリティロボットは、同集団が独自開発した初の産業レベルの大規模応用で、会場にいた技術者の話では、このセキュリティロボット1台の効率はセキュリティ専門家60数人分に相当し、営業利益約2,000万元(約4億1,616万円)を生み出すことができるという。


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
(株)アジア通信社
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:edit@chinanews.jp
URL:https://chinanews.jp

関連キーワード

関連記事