2024年06月14日( 金 )

【現代版平家滅亡物語=安倍家消滅物語(7)】日本救済統一戦線を打ち立てよう

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 200万円超の買収資金で柿沢議員が逮捕された。パーティー券裏金づくりで「パーティー券営業部長」として名を馳せてきた池田佳隆衆院議員には自宅まで検察のガサ入れが行われた。この事件の逮捕者第一号になるとみられる。国民の皆さん、お国を食い物している国会議員たちを放逐する活動を起こしましょう! 「国民・市民の生活を防衛する」政策で近々の解散総選挙において「日本救済統一戦線」を立ち上げて勝負を挑もう! ⑥で紹介した参政党を支えている市民レベルの活動で、我々も汗を流すことが求められる。

日本危機要因

 1,人口減危機、2,課税負担で貧困危機、3,アメリカ有事危機、4,我が国民の気概無き危機。

 1は2050年には人口1億割れ、2は国民の多数が所得増の恩恵を受けることのできない経済政策と税制、3はアメリカ大統領選挙においてトランプ勝利の確率が高い、となると「日本は自力で国を守りなさい」と通告して去っていく可能性が高い。4,教育問題の中身の検証が必要だ。

統一スローガン

 大枠のスローガンを下記のように掲げる。
【国民優先の政治復権、暮らしやすい経済力のアップ】

 そのなかで、第1のスローガンとして消費税5%へダウン、第2に軍事有事に巻き込まれない外交政策、第3に力強く目配りできる人材づくりのための学習課程の導入、第4に子ども育成の環境づくり予算優先を掲げる。

日本救済統一戦線は政党優先ではない

 この組織は「国民を救済する」ことが目的である。そしてこの組織で解散総選挙を戦う。日本維新の会、立憲民主党、国民民主党という政党連合戦線ではない。政党以外の団体も、知識人、学者、個人でも名を連ねることができる。問題なのはどういうかたちで議席を振り分けるかということが求められる。

 その統一戦線の会長は明石市元市長・泉房穂氏に座っていただく。3名の国会議員たちにそれぞれの役職を担ってもらう。

【切り込み隊長】

山本太郎
 1974年11月24日、兵庫県宝塚市生まれ。宝塚市中山桜台小学校、私立箕面自由学園中学校卒業。箕面自由学園高等学校中退。芸能界入りし、俳優として活躍。2011年の福島第一原発事故を契機に脱原発・脱被ばくの姿勢を鮮明にし、所属事務所を辞めフリーに。一度の衆院選落選を経て、11年7月参議院東京選挙区に無所属で出馬し初当選。16年10月、自由党共同代表に。19年4月れいわ新選組を立ち上げ、積極財政への転換を訴え同年7月に挑戦。本人は惜敗するも2人の議員を誕生させ、政党要件を獲得。21年衆院選で比例代表に自身を含めて3人が当選。22年参院選に挑戦するために議員辞職。同選挙で自身を含め合計3人の新人議員を当選させ、衆参で勢力を拡大中。著書『山本太郎 闘いの原点』。

【統一戦線渉外担当】

原口一博
 1959年7月2日佐賀県佐賀市に生まれる。佐賀県立佐賀西高等学校、東京大学文学部心理学科を卒業。大学卒業後、松下政経塾(第4期生)に入塾した。佐賀県議会議員、国土審議会委員など、民主党ネクスト郵政改革担当大臣、同総務大臣、党代議士会長を歴任、党副代表となる。衆議院郵政民営化に関する特別委員会筆頭理事、総務委員会筆頭理事、財務金融委員会筆頭理事、予算委員、総務委員長、決算行政監視委員長を歴任。2009年総務大臣となる。著書「やめへんやろな」「平和」共著「政策不況(脱出の道筋)」「21世紀・日本の繁栄譜」

【戦略・理論担当】

青山 繁晴
 1952年兵庫県神戸市生まれ。淳心学院中高等学校卒業。慶應大学文学部中退後、早稲田大学政治経済学部卒業。共同通信社へ入社し、事件記者、経済記者を経て、政治部へ。98年三菱総合研究所の研究員に迎えられ、外交・安全保障から金融・経済までを包括する国家戦略の立案に携わる。2002年(株)独立総合研究所を創立。代表取締役社長・兼・首席研究員に就任し、原発テロ防止をはじめとする危機管理、外交・安全保障、海洋の自前資源の実用化を統括する。講演や作家活動のほか、テレビ・ラジオ番組に参加。総務省消防審議会委員、文科省参与、経産省総合資源エネルギー調査会専門委員、内閣府原子力委員会・原子力防護専門部会・専門委員、海上保安庁政策アドバイザー、国家安全保障会議創立の有識者会議など公職を多く無償で務めた。16年独研を退職、第24回参議院議員選挙に出馬し当選。19年自由民主党の新しい議員集団「日本の尊厳と国益を護る会」(護る会)を発足。

 以上、3者共通していることは「政治家の最大の使命は国民の為に命を張って尽くすこと」を信条としていることである。口ばっかりではない。毎日、YouTubeを通じて国民へ情報を伝えていく活動には頭が下がる。原口氏は1日3回アップしている。

 3者それぞれに持ち味が違うから面白い。青山氏がこの統一戦線に関わってくれたなら幅広い陣形が構築できる。戦いまで時間はない。加速的な勢いで組織固めが必要である。泉氏の最近の口癖、「我々が国民を守る組織を誕生させ戦えば一挙に世の中が激変する」ことに成功するだろう。

(6)

関連記事