2024年04月15日( 月 )

ワンヘルスを万博通じて広めたい、シンポジウムで蔵内FAVA会長ら語る

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 「大阪・関西万博」の来年4月開催に向け、福岡市の福岡市科学館で「ワンヘルス、いのち輝く未来へ」と題したシンポジウムが2日、開催された。

福岡県として万博に出店

 主催は、内閣官房国際博覧会推進本部事務局。主催者代表として、自見英子担当大臣がビデオメッセージを寄せた。

自見英子万博担当大臣のビデオメッセージ
自見英子万博担当大臣のビデオメッセージ

    自見大臣は「大阪万博は、コロナ禍を超えた世界で初めての万博になる」としたうえで、「ポストコロナの時代に求められる社会像を世界とともに提示していく場所となる」と語った。また「万博が掲げているテーマとワンヘルスは極めて親和性が高い」、「福岡県によるワンヘルスの取り組みが万博という機会をとらえて、加速化するキックオフの場となることを祈念している」と述べた。

 開会挨拶に立った服部誠太郎福岡県知事は、「福岡県においてもワンヘルスをテーマにした万博への出展を計画しており、それを通じて世界に向けてワンヘルスの理念と実践を発信していきたい」と述べた。

服部福岡県知事の挨拶
服部福岡県知事の挨拶

    そのうえで「人の健康、動物の健康、人と動物が共に暮らす地球の健全性、この3つを一体として守っていくことがワンヘルスの理念である」と述べ、「3年以上、新型コロナウイルスのパンデミックに苦しめられた。これは動物由来の感染症であるが、感染症の6割が人獣共通感染症でもある。ワンヘルスは次のパンデミックに対する備えとしても極めて重要」と、ワンヘルスの取り組みの意義を語った。

 来賓として香原勝司福岡県議会議長、秋田章二ワンヘルス・地方分権等調査特別委員会委員長が紹介された。

 その後、大阪・関西万博テーマ事業プロデューサーを務める宮田裕章慶應義塾大学医学部教授がプレゼンテーションを行った。宮田氏は「万博を行う意味合いがかつてとは変わってきている。情報革命はSNS、スマホから派生しているが、社会の在り方が根本的に変わるときに必要なのは技術を使うだけではなく、ビジョンを持ち寄りながらどう未来につなげていくのか。万博が必要な理由はここにあるといって過言ではない」と万博開催の必要性を強調した。

感染症以外でのワンヘルスの重要性

 パネルディスカッションは「ワンヘルスと万博、その先にある未来社会」をテーマに行われた。宮田氏のほか、日本医師会名誉会長・横倉義武氏や、アジア獣医師会連合(FAVA)の蔵内勇夫会長、福岡を拠点に活動しているアイドルグループ「HKT48」の豊永阿紀さんが登壇した。

シンポジウムで語る蔵内勇夫会長
シンポジウムで語る蔵内勇夫会長

 横倉氏は、「幸福な生活を指す概念としてWell-beingという言葉があるが、最初にWell-beingという言葉が使われたのは1947年に採択された世界保健機関(WHO)憲章の前文である。感染症ばかりでなく、非感染性疾患であるがんや生活習慣にともなう高血圧や糖尿病などさまざまな問題があるが、非感染性疾患を克服するためにもワンヘルスは非常に重要」と指摘した。

 蔵内氏は、横倉氏と同じ福岡県南出身であり、長い交友関係にあることに言及した。「ワンヘルスは1つの国だけではだめだ」と考え、横倉氏の協力のもと、世界医師会・世界獣医師会に発信を行い、昨年8月、アクロス福岡に「FAVAワンヘルス福岡オフィス」を開設するなどの経緯を語った。

 さらに「人獣共通感染症が発生するのは世界のなかでもアジアからである」と警鐘を発したうえで、「アジアにワンヘルスを広めていく必要がある。さらに、世界中から人が集まる万博を通じてワンヘルスを広めたい」と決意を語った。

 討論において、今後、どのような社会や人の在り方が求められているのかについても、議論が展開された。

 宮田氏は、貧困を含めた多様な人たちにどう寄り添うのかと問題提起したうえで、「日本においては、平均的な生活から外れた途端に厳しくなる」と現状を指摘し、「シングルペアレンツ(片親)の貧困率がOECDのなかで日本はワーストで、病気になると生活が成り立たない」ことを憂慮した。

 豊永さんは、自身について「より良い生き方を選択している若者なのかなと思いつつ、周りを見てみると、モノが豊かな土壌で育っているからこそ、自分でより良いものを見つけることに難しさを感じている。生活が豊かでないと心も豊かにならない」としたうえで、「現代の若者にとって難しい社会なのかなと思う」と理想と現実の狭間で苦悩する心情を語った。

 会場には政府関係者や、県議、市町村議員のほか、獣医師会関係者やワンヘルスに関心を寄せる市民など300人が集まり、熱心に討論に耳を傾けていた。

【近藤 将勝】

政治・行政記者募集

 企業調査会社(株)データ・マックスが手がける経営情報誌『I・B』やニュースサイト「NetIB-News」は、信頼性の高い情報ソースとして多くの経営者にご活用いただいています。メディアとしてさまざまな情報を取り扱っており、国内外や地元福岡の政治動向に関する情報は経営者以外にも自治体組長や国会議員、地方議員などに幅広く読まれています。

 そこで、さらなる記事の質の向上を目的に、福岡の政治・行政、また中央政界の動向などをテーマにオリジナル記事を執筆いただける政治・行政記者を募集しております。

 記事の内容は、インタビュー、政局や選挙などを中心に扱います。詳しくは掲載実績をご参照ください。

 企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。現在、業界に身を置いている方や行政取材に興味がある方なども大歓迎です。

 ご応募いただける場合は、こちら(hensyu@data-max.co.jp)まで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点などがございましたらお気軽にお問い合わせください(返信にお時間いただく可能性がございます)。

関連記事