2024年07月19日( 金 )

西鉄がVPPの社会実装に向けShizen Connectと資本業務提携

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 西日本鉄道(西鉄)は9日、エネルギー領域での事業連携の拡大やVPP(Virtual Power Plant:仮想発電所)の社会実装を目指し、VPPプラットフォームを開発・運用するテクノロジー企業(株)Shizen Connect(本社:東京都中央区、松村宗和代表)と資本業務提携を締結したと発表した。

 VPPは、蓄電池や EVなどのエネルギー機器を、1つの発電所のように遠隔・統合制御する仕組み。送配電網において電力が余っているときに蓄電し、電力が不足するときに放電することで、電力の需給バランスを効率的に調整する。

 太陽光や風力など天候で発電量が大きく変動する再生可能エネルギー電源の導入を進めるためには、需給バランスを保つための仕組みが必要であり、その手段としてVPPは注目されている。

 資本提携については、Shizen Connectが発行する新株予約権付社債を西鉄が取得。業務提携については、西鉄グループのアセットやShizen Connectのエネルギー管理システムなどを活用し、系統用蓄電池事業における連携拡大、再エネ併設型蓄電池の制御、商用EVの充放電制御を検討・実施する。

【田中直輝】

関連記事