• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月17日 11:32

ゼネコンの思惑ぶつかる新国立競技場の新技術提案書

 14日、新国立競技場の新たな2つの案が公表された。どちらもテーマは「杜のスタジアム」。撤回されたザハ・ハディド案とは打って変わって、自然環境との調和を考えた建物となった。有名建築家が手がけたことになっているが、その背後にはゼネコン同士のプライドのぶつかり合いが透けて見える。

有名建築家がお化粧しただけ?

 「スーパーゼネコン3社が手を組むなんて、考えられないよね」―新国立競技場の技術提案が大成建設vs竹中工務店、清水建設、大林組の構図になったと判明したとき、関係者から驚きの声が上がった。
 それもそのはず、スーパーゼネコン同士が手を組み、別のスーパーゼネコンとコンペで対決する構図など過去に類を見ないからだ。

 審査の公正を期すため、技術提案書には業者名は公表されていない。ただ、「木と緑のスタジアム」を掲げたA案は著名建築家の隈研吾氏と大成のグループ、「純木製の列柱に浮かぶ白磁のスタジアム」を掲げたB案は竹中、清水、大林の3社とこれまた著名建築家の伊東豊雄氏のグループと見られている。

新国立競技場A案

新国立競技場A案

新国立競技場B案

新国立競技場B案

※クリックで拡大

 今回、デザイン決定過程では工費と工期を事前に明確化した。前回のザハ案をめぐっては、選定や予算編成の経緯が不透明だったという批判が相次いだため。その時は2,500億円にまで予算が膨らんだが、今回は上限を1,550億円にした。完成時期は、見直し開始時には2020年4月を目指していたが、国際オリンピック委員会が20年1月への前倒しを要請し、今回明らかとなった両陣営の提案ではともに総工費1,500億円未満、完成が19年11月末とされている。

 これに関し、ザハ事務所は、「新たな参加要件では我々のデザインチームやその他の国際的な建築事務所や設計会社がコンペに参加できなかった」「日本政府が手続きを急ぎ、建設コストがいくらになるかわからない、期限内に完成できなくなるといった深刻なリスクがある」とコメントしている。

 もともと、新国立競技場は建設業界では「やばい案件」という評価だった。つまり、火傷をしたくなければ手を出すな、ということだ。そんな中、大成だけは違った。旧国立競技場を手がけた実績もあり、ザハ案でもスタンド工区を1,570億円で受注していた。社運をかけて、何としてでも新国立競技場のコンペに勝たなければならない。一方、対抗馬のゼネコン3社も、大成の仕掛けをただ指をくわえて見守るわけにもいかない。

 「そんなゼネコンの思惑が技術提案書に現れている」と建築関係者は指摘する。「A案もB案もゼネコンの設計チームがベースを作り、それを隈さんや伊東さんがお化粧しているように見える」と。そして、どちらの案でも、「更なる事業費縮減に向けた工夫に関する提案」という箇所が黒塗りになっている。ここに両者の独自性が現れているのだろう。ただ、下馬評では「隈・大成グループが有利」との声が多い。
 年内にデザインと設計、施工を担う業者が決定され、年明けから構造や設備の配置などをまとめた基本設計、最終的な計画概要となる実施設計を順次進める見込み。順調にいけば、来年末に正式に業者と工事請負契約を結び、17年の年明けにも着工することになる。

(画像提供:日本スポーツ振興センター)

【大根田 康介】

新国立競技場、新たな2案への建築家の見解

 今回、新たに提示された新国立競技場の2案について、世界的に著名な建築家の有馬裕之氏に意見を聞いた。

 「どちらも、よくできた作品に見えます。A案は格子を使用して周辺との調和を図っている。一方のB案は木を競技場の柱に使用し、それぞれ日本を表現しようとしています。共に風や光を呼び込む考えで、環境との調和も考えられています」

 また、以前のザハ案については「良いか悪いかではなく、ザハ氏の案はアミューズメント的な要素が盛り込まれた、多機能デザインだったと見ています」としたうえで、今回の2案は、「単一的な機能へと縮小してしまっている」と指摘する。
 「欲を言えば、もっと街に融合するような、いろいろな人がそこでからむようなイメージが感じられるようなものであれば、さらに良かったのでは」と評する。

 「競技場は、使用するときだけが人が集まり、それ以外は使用されないというケースが多いですが、そのような使用法はもはや古い考え方です。これからの新しい社会に向けた建築として、周辺とどう関係し、新しいタイプを創造していくのかが重要だと感じます」。

【坂田 憲治】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年04月24日 17:03
NEW!

福岡空港滑走路増設、大成建設が19億で落札

   九州地方整備局発注の「平成31年度福岡空港滑走路増設用地造成外工事」を、16日、大成建設(株)が19億6,200万円で落札した。  大成建設は今後、滑...

2019年04月24日 15:44

唐津市でアート・プロジェクト「雑草」が開始~市内で鑑賞できる4カ所から「風車の上の雑草」を思う

   唐津市で自然電力とThe Chain Museum(以下:TCM)による共同プロジェクト「雑草」が始まった。TCMは「アーティストとともに独自の小さくユニークな...

2019年04月24日 15:30

レギュラーガソリン、全国平均価格148.4円~10週連続の値上がり・福岡は148.5円

   資源エネルギー庁が4月24日に発表した石油製品小売市況調査によると、4月22日時点でのレギュラーガソリン1Lあたりの全国平均価格は148.4円で、...

2019年04月24日 15:16

「八海山」の八海醸造、麴甘酒摂取による大腸炎や関節痛への効果を確認

   日本酒「八海山」の製造元である八海醸造(株)(本社:新潟県南魚沼市 南雲二郎社長)は19日、麴甘酒と乳酸発酵させた麴甘酒に大腸炎を予防する効果が期待できることを...

2019年04月24日 11:55

【スクープ】福岡大学東京事務所に「文科省天下り斡旋」のアノ人が就任?~大学側は「個人情報につき回答できない」

   2019年4月、福岡大学東京事務所長に吉田大輔氏が就任した。  データ・マックスが入手した情報では、吉田氏は元文部科学省高等教育局長を務...

2019年04月24日 11:40

福岡市西区周船寺に「糸ノコ男」が出没

  現場周辺は小学校や駅もあり、通学・通勤で人の往来が盛ん  福岡市西区周船寺1丁目の飲食店に、糸ノコをもった男が現れた。そのため福岡県警察は...

2019年04月24日 10:31

ゼオライトが社内木鶏成功事例発表大会の九州代表に選出~総勢50名で上京

   全国有数の井水利用技術(井水処理プラント)や産業用排水処理技術などをもつゼオライト(福岡市博多区)が5月11日開催の第9回社内木鶏成功事例発表大会...

2019年04月24日 10:11

千早駅前に「マックスバリュエクスプレス」~5月23日オープン

   マックスバリュ九州(株)(本社:福岡市博多区、佐々木勉社長)は5月23日に「マックスバリュエクスプレス千早駅前店」をオープンさせる。周辺は2000...

2019年04月24日 09:50

【GWおでかけ情報】キャナルサーカス10日連続開催!

   キャナルシティ博多に今年も世界トップクラスのサーカスパフォーマーがやってくる。今回のキャナルサーカスは4月27日(土)〜5月6日(月)までと、キャ...

2019年04月24日 07:05

上場企業が集中する福岡市の魅力を検証する(3)

   【表1】を見ていただきたい。九州・沖縄8県の上場企業および順位表である。 ※クリックで拡大 〜この表から...

pagetop