• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年03月08日 13:29

ライザップ、今度は住宅市場で「結果にコミット」

 パーソナルトレーニングジム「RIZAP(ライザップ)」をグループ会社に持つ健康コーポレーション(株)(本社:東京都新宿区、瀬戸健社長)はこのほど、住宅建設やリフォーム業の(株)タツミプランニング(神奈川県横浜市)の株式を取得。子会社化したと発表した。

 取得価格は25億4,300万円。タツミプランニングは神奈川県を中心に、年間約500棟の注文住宅やリフォームを手掛け、直近の2015年5月期の売上高は95億6,100万円で当期利益は1億6,200万円。同社独自の高気密・高断熱工法「魔法びんハウス」が好評で、2015年に、2015年には(公財)日本デザイン振興会が運営するデザインの奨励制度「グッドデザイン賞」を受賞するなど、設計・デザインに定評がある。

 健康コーポレーションでは子会社化にともない、住みやすさやデザインにこだわった注文住宅やリフォームサービスをRIZAPブランドで立ち上げる予定。自己投資を目的に、独自の広告ノウハウでマーケティングを拡大させたRIZAPの強みに加え、同社グループ企業で、デザイン家電・雑貨販売の(株)イデアインターナショナルとも連携し、付加価値の高い住生活サービスの提案で住宅市場でも「RIZAP」ブランドを通じたシェア拡大を図る考え。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop