2024年07月13日( 土 )

岸田文雄

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

半導体関連企業進出に沸く大牟田・荒尾 再生は古賀氏が進めた道路整備にあり(後)
半導体関連企業進出に沸く大牟田・荒尾 再生は古賀氏が進めた道路整備にあり(後)
 大牟田・荒尾に注目が集まる理由として、道路インフラの整備が進められてきた点が挙げられる。
第一電材株式会社 PICK UP 2940号 特集 近藤記者の愚直に政治レポート 古賀誠 政治・社会
半導体関連企業進出に沸く大牟田・荒尾 再生は古賀氏が進めた道路整備にあり(前)
半導体関連企業進出に沸く大牟田・荒尾 再生は古賀氏が進めた道路整備にあり(前)
 「炭鉱城下町」として全国に知られた福岡県大牟田市と、熊本県荒尾市。両市は、炭鉱閉山後、人口減少など深刻な状況に陥った。
第一電材株式会社 PICK UP 2940号 特集 近藤記者の愚直に政治レポート 古賀誠 政治・社会
マイナ保険証をめぐるお粗末ぶりと決断できない岸田首相
マイナ保険証をめぐるお粗末ぶりと決断できない岸田首相
現行の健康保険証の廃止およびマイナンバーカードへの統合が進められているが、さまざまなトラブル、問題が続々と発覚している。
政治・社会
【鮫島タイムス別館(15)】選挙より人事が大好きな岸田首相 夏の内閣改造・党役員人事は「茂木切り」が焦点に
【鮫島タイムス別館(15)】選挙より人事が大好きな岸田首相 夏の内閣改造・党役員人事は「茂木切り」が焦点に
 政治家にはざっくりわけて「選挙好き」と「人事好き」がいる。選挙派は数字で白黒をはっきりつけることを好み、人事派は権力を行使して人を支配することを好む。
鮫島浩 政治・社会 鮫島タイムス別館
【鮫島タイムス別館(13)】広島サミットは平和のため?それとも首相の利益誘導?
【鮫島タイムス別館(13)】広島サミットは平和のため?それとも首相の利益誘導?
 広島市内では5月19日〜21日に開催されるG7サミットに向け、景観や警備上の都合から道路を舗装し直したり、視界を遮る樹木を伐採したりする工事があちこちで行われている。そうしたなか、シダレヤナギが県発注の工事で誤って伐採されるという悲劇が起きた。
G7サミット 鮫島浩 政治・社会 鮫島タイムス別館
【鮫島タイムス別館(12)】岸田首相夫人は公人?私人? 広島サミットは公私混同?
【鮫島タイムス別館(12)】岸田首相夫人は公人?私人? 広島サミットは公私混同?
 岸田文雄首相の裕子夫人が訪米し、バイデン大統領のジル夫人とホワイトハイスで会談した。首相夫人の単独訪米は初めてだという。
G7サミット 鮫島浩 政治・社会 鮫島タイムス別館
5月サミットの岸田政権の狙いと課題 国際政治から読み解く
5月サミットの岸田政権の狙いと課題 国際政治から読み解く
 来月、広島で先進国首脳会議G7サミットが開催される。岸田首相は会議の成功に並々ならぬ意気込みを見せているが、その狙いは法の支配や人権、民主主義といった価値観を共有する自由主義陣営の存在感を強く示すことにある。
和田大樹 国際
ウクライナへの電撃訪問の前に岸田総理がインドを訪問したワケ
ウクライナへの電撃訪問の前に岸田総理がインドを訪問したワケ
 ウクライナ戦争は出口が見えません。そんな中、5月に広島でG7サミットを主催する岸田首相は、ウクライナを電撃訪問し、ゼレンスキー大統領と面談し、日本からの一層の支援を約束しました。
浜田和幸 国際 浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス
日本再生への3つの施策のために 官僚隷従の岸田内閣を打倒せよ(後)
日本再生への3つの施策のために 官僚隷従の岸田内閣を打倒せよ(後)
 人口減少の最大の要因は出産に対するインセンティブの低下にある。日本の出生率は低下の一途をたどり、人口減少に歯止めがかかっていない。
植草一秀 企業・経済 一般
日本再生への3つの施策のために 官僚隷従の岸田内閣を打倒せよ(中)
日本再生への3つの施策のために 官僚隷従の岸田内閣を打倒せよ(中)
 12年12月の第2次安倍内閣発足から10年が経過した。安倍首相はアベノミクスを掲げ、日本経済を成長させると豪語した。また、金融政策も転換してインフレ率を2年以内に2%以上に引き上げると公約した。
植草一秀 企業・経済 一般
日本再生への3つの施策のために 官僚隷従の岸田内閣を打倒せよ(前)
日本再生への3つの施策のために 官僚隷従の岸田内閣を打倒せよ(前)
 岸田内閣の支持率は政権発足から1年を待たずして、自爆的な急降下を遂げた。それにもかかわらず野党には政権を追い込む勢いも面子もまるで見えない。
植草一秀 企業・経済 一般
【鮫島タイムス別館(11)】ウクライナ戦争を機に日本に求められる外交感覚のリセット
【鮫島タイムス別館(11)】ウクライナ戦争を機に日本に求められる外交感覚のリセット
ウクライナのゼレンスキー大統領から直々に要請された岸田文雄首相のキーウ訪問がいまだに実現しない。そもそも岸田首相のメンツのためにキーウに行く必要があるのかという声もSNSでは出始めた。
ウクライナ情勢 国際 鮫島タイムス別館
【鮫島タイムス別館(10)】揺らぐ岸田政権の下、不穏な船出となる植田日銀
【鮫島タイムス別館(10)】揺らぐ岸田政権の下、不穏な船出となる植田日銀
岸田内閣は日銀の新総裁に経済学者の植田和男氏(71)を起用する人事案を国会に提示した。
政治・社会 鮫島タイムス別館
【鮫島タイムス別館(9)】支持率低迷に開き直りか、安保政策転換で名声を得ようとする岸田首相
【鮫島タイムス別館(9)】支持率低迷に開き直りか、安保政策転換で名声を得ようとする岸田首相
 国民からの人気が落ちるほど「強い宰相」に憧れる。凡庸な政治家はそういうものなのかもしれない
政治・社会 鮫島タイムス別館
【旧統一教会問題】“検討使”総理と“見守り”大臣の汚名返上なるか
【旧統一教会問題】“検討使”総理と“見守り”大臣の汚名返上なるか
 「河野太郎大臣の記者排除予告~カルト規制新規立法は実現するか」と銘打った10月14日の本サイト記事が出た4日後の18日、旧統一教会問題に対する政府方針の変更が明らかになった。
政治・社会 横田一 河野太郎 旧統一教会