• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月09日 13:14

「世界一の塾」を目指して事業に邁進(前) 福岡の未来を創る101社 

(株)SCホールディングス

「教育」に感動し個別指導塾を開始

 2001年に「スタンダードカンパニー」を創業して以来、「幸福感あふれる社会の実現・継続」を企業使命に掲げ、個別指導塾の運営や家庭教師の派遣を中心とした事業を展開する(株)SCホールディングス。

(株)SCホールディングス吉田 知明 代表取締役社長

(株)SCホールディングス
吉田 知明 代表取締役社長

 同社の代表取締役社長を務める吉田知明氏は、学生時代に経験した学習塾でのアルバイトが、教育事業に携わるきっかけだったと話す。生徒の成績が上がれば本人たちはもちろん、保護者の方も喜んでくれる。そういった経験から「教育を一生の仕事にしよう」と決意し、業界最大手の家庭教師派遣会社へ入社。その後、01年に福岡で独立・創業した。

 創業当初は、それまでは富裕層向けだった家庭教師派遣業界で、初めての「入会金0円」「高額な教材販売なし」といったサービスを打ち出すとともに、オリジナルのカリキュラムを開発し、生徒1人ひとりにあった質の高い学習指導を実現。04年には「個別指導塾」の展開を開始した。

 08年のリーマン・ショックを契機に、メイン事業を個別指導塾へと転換。当時からマンションの増加と戸建て住宅の減少といった住宅事情の変化に加え、家庭教師にも「家に来てほしくない」という層の増加もあり、個別指導塾の業績は大きく伸長した。「きめ細やかな指導で学習効果を上げ、加えてリーズナブルな価格設定が高く評価されたことが、大きく生徒数を伸ばした要因だと思います」と吉田社長は当時を振り返る。

株式上場を視野にグローバル企業を目指す

 個別指導塾事業を基盤に置き、他の事業を水平展開したことが同社の経営をさらに堅固なものにした。一般的に、学習塾業界における経費は、「教室の賃借料」、「集客のための広告宣伝費」、「講師の人件費」などが挙げられる。そのなかでも「教室の賃借料」において、同社は独自の取り組みを行った。塾の多店舗展開において、自社で手がければスピーディかつリーズナブルにできるという考えから、建設会社や内装会社、そしてリース会社の運営も手がけるようになった。それが奏功し、塾展開により、自社の収益を伸ばすといったビジネスモデルを構築することができた。

 現在では、国内で個別指導塾を運営する「(株)個別指導塾スタンダード」、家庭教師の派遣を手がける「(株)スタンダード家庭教師サービス」、建築・内装のコンサルティング業務を行う「(株)店舗開発マネジメント」、総合建設工事を手がける「大祥建設(株)」、リース業をメインとする金融子会社の「(株)SCインベストメンツ」を運営。そして香港で個別指導塾を運営する「思湯達香港有限公司」、業務システムなどの設計・開発を行う「大連思湯達信息技術有限公司」などを展開。これらのグループを(株)SCホールディングスが統括している。

 それぞれの事業で個々の強みを生かしながら、グループ内で相乗効果を発揮し、さらなる収益の向上を図っている。また、人財に重きを置き、多店鋪展開、海外進出を目指す同社からは、株式上場を展望する動きも見られる。M&Aや個別指導塾の出店の加速、第三者割当増資、ストックオプションなどを行うことで、経営基盤の強化とさらなる発展を目指している。

(つづく)
※記事内容は2016年5月31日発行時点のもの

<COMPANY INFORMATION>
代 表:吉田 知明
所在地:福岡市博多区店屋町8-17 MSTビル7F
設 立:2011年11月
資本金:1億円(資本準備金を含む)
T E L:092-283-1188
U R L:http://www.sc-holdings.co.jp/

<プロフィール>
20160824_026吉田 知明
1972年12月、鳥取県生まれ。岡山大学工学部卒。2001年、スタンダードカンパニー(現・(株)個別指導塾スタンダード)を創業し、家庭教師派遣事業を開始。11年に(株)SCホールディングスを設立し、代表取締役社長に就任。趣味はゴルフ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop