2022年06月29日( 水 )
by データ・マックス

地域に根差した活動を通じて誰もが戻ってきたいと思えるまちづくりを

九大学研都市駅地区商業連盟 会長 瓜生 和夫 氏

 九州大学(以下、九大)の伊都キャンパスへの移転・統合作業が進むとともに、目覚ましい成長を遂げている九大学研都市駅周辺エリア。住居や商業施設の新設が相次ぐなか、地域の商工業者たちが1つとなり、九大学研都市駅地区商業連盟(以下、九都連)を発足。さらなる地域振興・発展に取り組んでいる。

若い力が集結、九大との連携も視野に

 ――九都連の概要を教えてください。

九大学研都市駅地区商業連盟
瓜生 和夫 会長

 瓜生 2017年11月に、「九大学研都市駅周辺エリアにも総会をつくろう」という構想が立ち上がりました。その後、準備委員会を通じて具体的に話をまとめていき、今年5月、正式に「九都連」が結成されました。地元の不動産業者や飲食・商業施設運営業者など、40社近い企業がメンバーとして、地域振興・発展のために日々活動しています。

 ――活動内容についてお聞かせください。

 瓜生 九都連は、結成されてからまだ1年も経っていないため、まずは地域の皆さまに認知してもらうことが重要だと考えています。そのために、何をすべきなのか、何ができるのか。定期的に開催している会議の場では、参加メンバーから矢継ぎ早に意見が上がります。私は、会長としてそれらの意見をまとめ、実現可能なのかを検討し、次につながるように何らかのかたちにしていかなければなりません。
 私たちの活動拠点である九大学研都市駅周辺は、エリアとして成長過程にあり、そこに拠点を置いて活動を行っている九都連のメンバー企業・経営者も若い方が多いです。若い力を生かし、失敗を恐れずに積極的にまちづくりに関わっていければと考えています。

 ――試行錯誤のなか、すでに始まっている取り組みとして、「クリーンアップ活動」があります。

 瓜生 今年8月から始まった取り組みで、毎回40人ほどで清掃活動を行っています。一見すると、九大学研都市駅周辺はきれいな印象が強いのですが、実は、実際に注意しながら見回ってみると、意外とゴミは落ちています。日々を気持ち良く過ごすためにも、自分が暮らすまちが美しい状態に保たれていることは大切です。

 ――今年9月末には、ついに九大の伊都キャンパスへの移転・統合作業が完了しました。

 瓜生 “学術研究都市”であるというエリア特性は強みです。九大の方からも「一緒に何かできないか」とお話をいただき、すでに複数回、学生も交えて食事会を開いています。協力関係のなかで、新しいブランドやサービス・商品をつくり上げていき、一緒になってこのエリアを盛り上げていきたいと考えています。

また戻ってきたいと思えるまちに

 ――九都連では、11月にお祭りを企画されているとお聞きしました。

瓜生氏は、『うりゅう動物病院』の院長としても活動している

 瓜生 近隣エリアの今宿や周船寺では、花火大会が夏のお祭りとして定番化していますので、秋のお祭りとして「九都連祭(18年11月17日開催)」を企画しました。九都連を対外的にアピールする場としては、結成後で最も大がかりなものになります。初めての試みですので、いろいろと勉強させてもらいながらになるかと思いますが、ぜひ地域の皆さまに楽しんでいただきたいですね。

 ――地域住民と九大生の交流の場にもなりますね。

 瓜生 学生が参加することで、賑わいも増すと思いますし、新しいイベント企画が生まれるきっかけになるかもしれません。また、外国人留学生との交流の場としても活用していきたいですね。異国の文化を知る機会の提供につながりますし、大学のこと、日本での生活のことなどで感じている不安を、少しでも和らげることができるかもしれません。私たちの活動が、地域やそこに暮らす人にとって、何らかの貢献になることが大切です。

 ――最後に、九都連の活動を通じて、このエリアをどのようなまちにしていきたいですか。

 瓜生 いずれ巣立っていく九大生や子どもたちが、将来「ここに戻ってきたい」と思えるまちにしたいですね。そして、それぞれがこのまちで店をもつなど、起業することで、生活基盤を築いていく。こうした良い循環を生み出していくお手伝いができれば、と考えています。私たち九都連は、このまちで事業をさせてもらっている経営者として、まちの美化・活性化に寄与することを念頭に、今後も活動を行っていきます。

【代 源太朗】

■うりゅう動物病院
所在地:福岡市西区北原1-6-18 
TEL:092-805-5533
診療時間:午前9時~12時/午後2時~7時半

<プロフィール>
瓜生 和夫(うりゅう・かずお)

1977年6月生まれ。96年3月、福岡市内高等学校を卒業後、北里大学獣医学部へ進学。2002年、同学部を卒業し、市内動物病院に勤務。07年、「うりゅう動物病院」を開院すると、14年には「志免ペットクリニック」も開院。18年現在、九大学研都市駅地区商業連盟会長も務め、地域振興・発展にも取り組んでいる。

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、建設・不動産業界に関すること、再開発に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

記事の企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は別途ご相談。

現在、業界に身を置いている方や趣味で建築、土木、設計、再開発に興味がある方なども大歓迎です。

また、業界経験のある方や研究者の方であれば、例えば下記のような記事企画も募集しております。
・よりよい建物をつくるために不要な法令
・まちの景観を美しくするために必要な規制
・芸術と都市開発の歴史
・日本の土木工事の歴史(連載企画)

ご応募はこちら(nagaue@data-max.co.jp)まで。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事