これまでの渋谷、これからの渋谷。 「100年に一度の再開発」を期に「世界のSHIBUYA」へ(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月10日 07:02

これまでの渋谷、これからの渋谷。 「100年に一度の再開発」を期に「世界のSHIBUYA」へ(後)

東京急行電鉄(株)
都市創造本部渋谷戦略事業部 副事業部長
太田 雅文 氏

 ――そういえばリオ五輪の際には、閉会式で渋谷が登場しましたね。

 太田 16年のリオ五輪閉会式で、マリオがリオまで土管を通って現れたと思ったら安倍晋三首相だったという演出ですが、この最初の舞台は、渋谷スクランブル交差点です。ハロウィン、カウントダウンイベント、ワールドカップなどでも必ず渋谷が舞台になり、「世界的な都市SHIBUYA」として世界中に発信されています。

 ――渋谷のこれからは、単なる若者の街だけにとどまらないですね。

 太田 これまでは「若者の街」としてのイメージが強かったですが、実は、渋谷はIT企業の設立数が日本一多く、クリエイティブコンテンツ産業が集積している街でもあります。Google(同)が「渋谷ストリーム」に、19年秋に開業予定の「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」には、サイバーエージェントの広告事業を中心とした部門およびグループ会社とmixi本社が入居予定で、今後、さらにその側面が強まります。

渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)2階アーバンコア
(ヒカリエ連絡通路出入口より見上げ) 提供:渋谷駅街区共同ビル事業者
2019年秋竣工予定「渋谷フクラス」
南西側外観イメージ

 そして、新たなイノベーションの創出・クリエイティブ人材の育成の場として、「渋谷スクランブルスクエア」の運営者「渋谷スクランブルスクエア(株)」(東急電鉄、JR東日本、東京メトロが共同で設立)は、東棟15階に誕生する産業交流施設「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」において、東京大学、東京工業大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京都市大学の5大学と連携します。大学に集積された“知”や、渋谷ならではの多種多様な人たちや民間企業が交流し、社会課題解決に向けた取り組みや情報モビリティなどの分野においての社会実装を行います。

 イノベーションを囲い込むのではなく、オープンイノベーションフィールドとして渋谷は成長していきます。沿線も含めて、さまざまな実験を行っていきたいと考えています。

「渋谷駅桜丘口地区」は23年度に竣工予定

 ――これからの工事の案件は。

 太田 東急不動産が主体となるプロジェクトで、19年秋に竣工予定の旧東急プラザ跡地を含む開発の「道玄坂一丁目駅前地区」、23年度竣工予定の「渋谷駅桜丘口地区」。そして27年度開業予定の「渋谷スクランブルスクエア 第Ⅱ期(中央棟・西棟)」と続いていきます。

 ――スタートアップとの協業も進んでいますね。

 太田 東急線沿線エリアを中心とした外国人観光客誘客強化のため、日本人ガイドと外国人観光客をつなぐガイドマッチングサイト「TOMODACHI GUIDE」を運営しているHuber.と資本業務提携契約を締結しました。今は、沿線の居酒屋でも外国人のお客さまが増えました。インバウンド戦略においては、東急線沿線にも大きな観光資源があり、観光振興を推進しています。

 ――開業したばかりの「渋谷ストリーム」について、お聞かせください。

2023年度竣工予定「渋谷駅桜丘口地区」外観イメージ
(提供:東急不動産)

 太田 「渋谷ストリーム」は商業ゾーン、177室のシティホテル「渋谷ストリームエクセルホテル東急」、オフィス、ホールで構成されています。Googleの本社機能もここに移転予定です。商業ゾーンには飲食店舗約30店舗が出店し、街とのつながりにも凝っています。渋谷川が隣にありますので、水の音を聞きながら食事ができる店舗もあります。4階には、サイクルカフェおよびアクティビティーコート「 TORQUE(トルク) SPICE & HERB, TABLE & COURT 」が12月にオープンします。アクティビティーコートでは、自転車関連のイベントはもちろん、映像やスポーツなどさまざまなイベントの実施を予定しており、フットサルを始めとした各種イベントのスペースレンタルにも対応いたします。

「Greater SHIBUYA」広域渋谷圏構想が本格化へ

渋谷ストリーム

 ――最後に、東急グループで取り組む「Greater SHIBUYA(広域渋谷圏)」構想の方向性と具体的なプロジェクトについて、お聞かせください。

 太田 「Greater SHIBUYA」構想には、これから力を入れてまいります。渋谷という街自体は、それほど大きくはありません。しかし、渋谷駅から半径2.5km圏内には、青山、表参道、原宿、松濤、池尻、中目黒、代官山、恵比寿、広尾など、個性豊かな街が徒歩圏で結ばれています。これらの街と渋谷がつながることによって、広域渋谷圏全体の価値を向上させることができないかと検討しています。また、新国立競技場、NHKのほか、学術機関では東京大学、青山学院大学なども存在しています。この恵まれた環境を生かし、渋谷を中心とした持続的な成長をつくり出していく取り組みとして「Greater SHIBUYA」構想を本格化していきます。

 18年9月に渋谷駅南側で「渋谷ストリーム」と「渋谷ブリッジ」が開業し、官民連携で渋谷川沿いの遊歩道が整備されたことで、渋谷~代官山方面への人の流れが生まれました。それまでは、渋谷から原宿、表参道、青山が中心でしたが、渋谷を中心とした人の流れをさらに拡大していきたいと考えています。

渋谷川沿いの遊歩道

 

 東急グループは、“ハコモノ”をつくるだけではなく、街や企業と連携して、さまざまなイベントを誘致、開催をして、いつ何度来ても楽しい「エンタテイメントシティSHIBUYA」を目指していきます。

(了)

【長井 雄一朗】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月19日 17:44

ザ・ビッグ久留米すわの店オープン ドミナント強化へNEW!

 マックスバリュ九州(株)(本社:福岡市博多区、佐々木勉社長)は19日、福岡県久留米市に「ザ・ビッグ久留米すわの店」をオープンした。

2019年07月19日 16:59

M&Aブームに陰り?世界的にM&Aによる減損が拡大

 世界的に活況を呈しているM&Aだが、中国においても例外ではない。2015年前後、中国当局は金融緩和、規制緩和を実施。その結果、M&Aブームが起こることとなった。

2019年07月19日 16:54

モデルハウスで民泊収入~モデルハウス民泊運用プロジェクト説明会&セミナー開催

 建築業界専門のホームページ制作などを手がける(株)D-gripシステム(東京都新宿区)を中心とした9社による「モデルハウス民泊運用プロジェクト」の説明会とセミナーが...

2019年07月19日 15:23

ドラッグイレブンPRALIVA(プラリバ)店、26日(金)にオープン

 JR九州ドラッグイレブンは26日(金)に「ドラッグイレブンPRALIVA(プラリバ)店」を福岡市営地下鉄西新駅直結の商業施設「PRALIVA(プラリバ)」の地下2階...

2019年07月19日 15:00

令和で最初(福岡労働局管内)のユースエール認定

 (社福)信愛会(糟屋郡篠栗町)が6月20日にユースエール認定を受けた。福岡労働局管内では2019年(令和元年)度で初の認定となる。

2019年07月19日 14:38

宗像市の塗装業者を排除通報 代表者が暴力団と密接交際

 福岡県警は7月18日、福岡県宗像市田熊の塗装業者「森下悟塗装店」(森下悟代表)が指定暴力団神戸山口組系組員と密接に交際していたとして通報した。

2019年07月19日 14:09

「アルゾひびきの店」9月オープン 万惣が九州4号店

 万惣の「アルゾひびきの店」は9月オープンの見通しとなった。九州では飯塚、甘木、吉野ヶ里店に続く4号店。大和ハウス工業子会社の建設した2階建ての建物の1階に出店する。

2019年07月19日 13:35

ドンキ福重店、開店から1カ月 「遊び心」で客つかむ

 MEGAドン・キホーテ福重店(福岡市西区)がオープンして1カ月余りの17日午後、同店を訪れてみた。業績不振のユニーを繁盛店に蘇らせたというだけあり、ダイエー・イオン...

2019年07月19日 11:46

アンチ・エイジングからリバース・エイジングへの発想転換(後編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から...

悪魔の消費税増税に警鐘鳴らす株式市場

 反ジャーナリストの高橋清隆氏が指摘するように、マスメディアが日本をダメにしている元凶である。2001年の小泉純一郎内閣誕生のころから、この傾向がとりわけ顕著になって...

pagetop