わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月26日 15:46

閉鎖された福岡市の産廃処分場、地権者との和解交渉難航か 耳より情報 

 昨年10月28日をもって、産業廃棄物の最終処分場運営許可を失効した(株)和幸商会(福岡市博多区)。同社が運営していた同市博多区の金隈産廃処分場は今も閉鎖されたままだ。昨年末ごろまでは、場内で重機が動く様子が確認されていたが、今は門扉が固く閉ざされたまま。「24時間監視中」という看板だけがポツンと残されたままだ。

 許可更新のネックとなったのは、場内土地の所有権を和幸商会関連会社(株)クリーン金隈と個人が争っているため。福岡市は「所有権がグレーな状況で許可更新はできない」という判断をしていた。

 処分場閉鎖前から、水面下では和解交渉が続いているようだが、4カ月経過した今も話はまとまらない。和幸商会側の交渉窓口が二転三転。「和解交渉ブローカー」とも思える人物も登場し、和解条件をめぐって、無駄な駆け引きと時間だけが過ぎていっている。双方が代理人弁護士を抱えているにも関わらず、それを飛び越えて自分の「手柄」にしようという思惑も見え隠れする。

 双方が譲らないのは、先に処分場の拡張という目的があるためだ。残余量の少ない現在の処分場を拡張すれば、将来にわたって、十数億円分の処理費を稼ぐ器が出来上がる。しかも、福岡市内で利便性の良い立地。業界関係者も適正な運営さえ行われれば、ここを利用しない手はないはずだ。

 今までのような交渉はやめにして、双方が弁護士に一任し、法的な見地のもと妥協点を見出すほかに再開の道はない。

【東城 洋平】

▼関連リンク
福岡市の産廃業者、許可更新できず 一時閉鎖へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月20日 17:25

創業から約60年 天神のロシア料理店「ツンドラ」が閉店

 1960年創業の老舗ロシア料理店である「ツンドラが」惜しまれつつも5月7日をもって閉店することとなった...

2021年04月20日 17:11

「Made in ピエール・エルメ 福岡空港」4/19、堂々オープン!

 21世紀を代表するパティシエの1人、ピエール・エルメによる絶品のスイーツを販売する「Made in ピエール・エルメ 福岡空港」が19日に福岡空港国内線ターミナルビ...

2021年04月20日 16:52

シャンプー選びの悩み、DtoCパーソナライズが解消(前)

 現在販売されているシャンプーは1万種類以上といわれる。これまでは評判が売れ行きを左右し、販売戦略ではクチコミや商品レビューが重視されてきた。しかし、買う側からすると...

2021年04月20日 16:22

【訃報】西日本新聞社前社長・川崎隆生氏が死去

 (株)西日本新聞社の前社長で日本新聞協会副会長などを務めた川崎隆生氏が19日に死去した...

2021年04月20日 16:17

コロナ後の航空業界の在り方(前)

 コロナ禍により、航空業界は青息吐息の状態になっている。航空業界は、旅行業などと同様に「平和産業」と言われ、戦争やテロ、政情不安などが発生すると、需要が落ち込んでしま...

2021年04月20日 15:55

福島原発事故、アルプス処理水を海洋放出して良いのか~報道では語られない諸問題と私の提案(3)

 水は「水素原子2個と酸素原子1個が結合した分子」であり、そのうちの水素原子は「原子核に陽子が1個あり、その周りを電子1個が回っている」ことは、よく知られていることだ...

2021年04月20日 15:45

九州卸の雄・ヤマエ久野(1)

 ヤマエ久野(株)の祖業は、宮崎県の内陸部で始めたでんぷん製造。その後、飼料・酢類・食品雑貨を取り扱うようになり、現在に至っている...

2021年04月20日 15:23

福岡市内の飲食店に22日から時短要請、感染拡大防止協力金も給付

 福岡県は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県民に対して不要不急の外出自粛など、福岡市内の飲食店などに対して営業時間の短縮を要請すると発表した...

2021年04月20日 14:50

「全国ノーマスクピクニック」 主催者不明ながら太宰府、北九州でも企画か

 「全国ノーマスクピクニックデー」と呼ばれるイベントのゴールデンウィーク期間中の5月1日、2日への参加がTwitterなどのSNS上で呼びかけられている...

2021年04月20日 13:53

所有のコスト背負わず所有する無敵の「方程式」~星野リゾート(4)

 バブル崩壊の後遺症を脱せぬまま10年が経過した2001年、発足した小泉純一郎政権が「我が国の力強い経済を取り戻すための極めて重要な成長分野」の1つに観光を挙げ、世界...

pagetop