わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
2019年度までに2兆500億円を投資、ビジネスモデル革新には1,000億円の投資枠(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月03日 09:00

2019年度までに2兆500億円を投資、ビジネスモデル革新には1,000億円の投資枠(後)

三菱地所(株)

生活産業不動産事業でも強気に

 三菱地所(株)は、アメリカの街並みを再現した「プレミアム・アウトレット」を全国9カ所で展開しているが、10カ所目となる「花園プレミアム・アウトレット(仮称)」(埼玉県深谷市)を、18年の開業を目指して計画中。さらに物流施設事業の強化も打ち出しており、5月16日に「(仮称)彩都もえぎ物流施設計画」(大阪府茨木市)を阪急電鉄と共同で推進することを発表した。

 同計画では、延床面積約12万5,000m2の「マルチテナント型物流施設」と同3万2,000m2の「Build-to-Suit型物流施設」が開発される予定で、19年度に着工。前者は21年度、後者は20年度の竣工を目指す。「今後も年間2~4件の用地取得を目指すとともに、積極的に高機能な物流施設の開発に取り組みます」(同)としている。

福岡空港運営権の入札にも意欲

ホークスタウンモール跡地複合再開計画のイメージ

 「福岡は、住宅、ホテルなど、投資できるすべてのテーブルがそろっています。そのなかでも目玉なのは、ホークスタウンモール跡地複合再開発計画でしょう」(同)。

 同社は福岡市中央区のホークスタウンモール跡地で、大規模商業施設および分譲タワーマンション2棟を建設する複合再開発を推進中だ。商業施設の名称は「MARK IS(マークイズ)福岡ももち」に決定。「MARK IS」は同社の旗艦商業施設ブランドだ。約5万4,000m2の敷地に、延床面積約12万5,000m2の天神以西で最大規模となる商業施設が生まれる。
 吉田淳一社長は中期経営計画発表の際に、19年4月から民営化される福岡空港の運営権の入札にも意欲を示し、「チャレンジする可能性はある」と語ったが、今後の動向については、「まだ検討している段階」(同)とした。

● ● ●

 「丸の内の大家」といわれる同社だが、新たな事業を創出する投資のために1,000億円を別枠計上したことは注目に値すべきことである。中期経営計画をどのように推進するか、4月に就任したばかりの吉田淳一社長の舵取りに注目が集まる。

(了)
【長井 雄一朗】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月16日 07:00

【交通取締情報】12月16日、豊前市で実施NEW!

 福岡県警は12月16日(月)、豊前市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年12月16日 07:00

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(4)NEW!

 ――番外になったが、1月リテールパートナーズ、アークス、バローHDが相互に株式を持ち合い、「新日本スーパーマーケット同盟」を旗揚げした。イオン、セブン&アイHDに代...

2019年12月15日 07:00

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(3)

 祐徳自動車の食品スーパー(SM)事業からの撤退。5店舗のうち1店を閉鎖し残る4店をアスタラビスタに譲渡した。祐徳は本業のバス・タクシーなどの運輸事業以外にホームセン...

2019年12月14日 15:34

福岡市東区和白で火災

 福岡市東区和白5丁目付近で火災が発生している。現地は立花高等学校から600メートル程の住宅地で出火元は民家とみられる。林に隣接しており、延焼が心配される状況。

2019年12月14日 07:00

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(2)

 人口の少ない地方都市では百貨店が成り立たなくなったことを象徴する。閉鎖・縮小は経営判断としては当然と思う。政令指定都市の北九州でも3店は多すぎた。黒崎店は家賃の引き...

2019年12月14日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~ローソンの中国デリバリー売上7%に(後)

 外資系コンビニブランドは商品の供給チェーンなどでしっかりした基礎を打ち立てたが、中国人の味覚に合った飲食の現地化イノベーション(革新)では、地元コンビニの挑戦に直面...

2019年12月13日 16:51

ゲイツ1階で厳選和牛の焼肉を

 福岡市博多区中洲のランドマークの1つでもある大型商業施設「Gate’s(ゲイツ)」1階に、12月18日(水)、『和牛焼肉食べ放題 焼肉 巻次郎(以下、巻次郎)』がオ...

2019年12月13日 16:34

今年の漢字は「令」に決定~3万427票を獲得

 日本漢字能力検定協会は12日、世相を漢字一字で表す「今年の漢字」を京都市の清水寺で発表。21万6,325票の応募のなかから選ばれたのは新元号の「令和」にも使われた「...

(株)熊本清掃社(熊本)/産業廃棄物処理

 熊本清掃社は、12月10日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同13日、同地裁より破産手続開始決定を受けた。

2019年12月13日 15:50

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(1)

 2019年は消費増税対策で始まり、増税後の反動減対策で終わろうとしている。企業買収や統合・合併などの再編の動きは少なかった。担当記者に九州流通業界の5大ニュースを中...

pagetop