• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月26日 15:27

ゆとり教育抜本見直しに命をかけた20年(5)

進学塾「英進館」館長/国際教育学会理事/福岡商工会議所議員
筒井 勝美 氏 78歳

 1998年(平成10年)7月、福岡市で開かれた日本工学教育協会年次大会にパネラーとして出席した筒井氏は、「ゆとり教育」にともなう理数教育30数年の変遷と問題点を、次のように指摘した。

【中学数学】
 授業時間数、教科書ページ数、練習問題数の3つの視点から削減内容を分析すると、総合学習内容では全体の削減率が30%強になる(2002年の学習指導要領改訂では、さらに平均30%近くの削減で、1970年代の内容に比べ学習内容が半減した)。点の軌跡、三角比、立体の表し方などは高校内容に先送りされた。筒井氏が注目したのは、30年前の教科書には数学の応用として国の予算、税金、株式、生命保険などの社会的な現象が言及されていて、生徒の学習意欲を向上させようという試みがなされていたが、その後はまったく姿を消している。さらに、実生活に必要で身近な、複利計算や統計も削除された。

【中学理科】
 授業時間数、教科書ページ数の視点から削減内容を分析すると、理科全体の学習内容は、この30数年間で40%近い削減となっている。表面張力や各種原理(アルキメデス、パスカル)、遺伝と変異、寄生と共生などの単元が減らされていた。とくに顕著なのが化学反応式。53→12と僅か5分の1に削減されていて、理数教育の凄まじい弱体化の実態が明らかになった(2002年の学習指導要領改訂で、炭酸ガスの発生、つまり炭素の燃焼の化学反応式の削減を含め10分の1にまで削減された)。

 日本工学教育協会福岡大会で筒井氏が発表した公教育の現状に、大学教授や実社会で活躍中の理数関係者から、どよめきが起こった。そのどよめきは、異口同音に、「科学技術は日進月歩で進んでおり、学校の授業が分からないという巷の声を聞いていたので、当然昔より教科書の内容が難しくなっていると思っていた。逆に易しくなって分からないとはショックだ」というものだった。

 ますます「ゆとり教育」の弊害を危惧した筒井氏は、4カ月後に「2002年の教育危機」のテーマで、シーホークホテルで教育講演会を開催した。通常、教育関係の講演会は面白くないといわれるが、当日は1,000人近い保護者、教育関係者が参加。アンケートでも95%が「大変よかった」「よかった」と回答するなど、大きな反響を呼んだ。

 そこで翌99年4月、収集した膨大なデータを基に著書『理数教育が危ない!』を出版した。本の帯には「方程式の解けない中学生が増えている」「日本人の科学知識はサミット7カ国中最下位」「驚くべき公教育の実態と改革提言」の文字が躍った。九州松下電器で新製品開発エンジニアとしての16年、私塾経営者として20年の彼の生の声は、教育界だけでなく世間に大きな警鐘を鳴らした。

 『科学技術立国ニッポン』と言いながら、「ゆとり教育」に名を借りて子どもたちの学力・思考力低下を招く、なんと酷い授業が行われてきたのだろうか? 振り返ると、ゆとり教育が始まる前の日本ではすばらしい教育が行われていた。

 昭和30年代(1955ー64年)の義務教育は、教科書内容が豊富で学力を重視した教育が実施され、理数の授業時間が世界トップレベルだった。事実、IEA(国際教育到達度評価学会)による数学・理科の国際比較調査では、39年に2位、58年には1位に輝いた。だが、ゆとり教育開始から約20年経った平成7年は3位となり、それ以降も低迷している。

 また30年代は学校で全国一斉学力テストが実施され、中学・高校では実力テストの成績が廊下に掲示されていた。家庭でもわが子が先生に叱られたことを知ると、親が子どもを叱っていたものだ。40年代も学力重視教育が継続され、教科内容もピークだったが、後半は落ちこぼれが多発。全国学力テストは中止され、校内暴力も発生するようになった。そして50年代中盤から「ゆとり教育」が導入され、学力軽視へ180度転換してしまった。

 古今東西を問わず、国民の知的レベルや教育力が国の盛衰を左右する。戦後の日本は学力を重視した「詰め込み教育」によって、世界が驚くような経済成長を成し遂げてきた。学問の分野でも、最近では山中伸弥・京大IPS細胞研究所長に代表されるように、戦後のノーベル賞受賞者を見ても、詰め込み教育の成果といわれている。「教育軽視は国を滅ぼす」筒井氏はそう考え、闘ってきたのだ。

(つづく)
【本島 洋】

<プロフィール>
筒井 勝美(つつい・かつみ)

 1941年福岡市生まれ。63年、九州大学工学部卒業後、九州松下電器(株)に入社。1979年「九州英才学院」を設立。その後「英進館」と改称。英進館取締役会長のほか、現在公職として国際教育学会(ISE)理事、福岡商工会議所議員、(公社)全国学習塾協会相談役など。2018年に紺綬褒章受章。

ゆとり教育抜本見直しに命をかけた20年の記事一覧

ゆとり教育抜本見直しに命をかけた20年(4)(2019年08月23日)
ゆとり教育抜本見直しに命をかけた20年(3)(2019年08月08日)
ゆとり教育抜本見直しに命をかけた20年(2)(2019年08月01日)
ゆとり教育抜本見直しに命をかけた20年(1)(2019年07月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)NEW!

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)NEW!

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

2019年10月18日 15:32

(株)海商、山本一隆氏が代表取締役社長に就任

  (株)海商(福岡市東区)は、代表取締役社長に山本一隆氏が就任したことを発表した。9月20日に山本峰雄会長が死去したことを受けてのもの。

2019年10月18日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」10月11日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop