• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月26日 15:27

ゆとり教育抜本見直しに命をかけた20年(5)

進学塾「英進館」館長/国際教育学会理事/福岡商工会議所議員
筒井 勝美 氏 78歳

 1998年(平成10年)7月、福岡市で開かれた日本工学教育協会年次大会にパネラーとして出席した筒井氏は、「ゆとり教育」にともなう理数教育30数年の変遷と問題点を、次のように指摘した。

【中学数学】
 授業時間数、教科書ページ数、練習問題数の3つの視点から削減内容を分析すると、総合学習内容では全体の削減率が30%強になる(2002年の学習指導要領改訂では、さらに平均30%近くの削減で、1970年代の内容に比べ学習内容が半減した)。点の軌跡、三角比、立体の表し方などは高校内容に先送りされた。筒井氏が注目したのは、30年前の教科書には数学の応用として国の予算、税金、株式、生命保険などの社会的な現象が言及されていて、生徒の学習意欲を向上させようという試みがなされていたが、その後はまったく姿を消している。さらに、実生活に必要で身近な、複利計算や統計も削除された。

【中学理科】
 授業時間数、教科書ページ数の視点から削減内容を分析すると、理科全体の学習内容は、この30数年間で40%近い削減となっている。表面張力や各種原理(アルキメデス、パスカル)、遺伝と変異、寄生と共生などの単元が減らされていた。とくに顕著なのが化学反応式。53→12と僅か5分の1に削減されていて、理数教育の凄まじい弱体化の実態が明らかになった(2002年の学習指導要領改訂で、炭酸ガスの発生、つまり炭素の燃焼の化学反応式の削減を含め10分の1にまで削減された)。

 日本工学教育協会福岡大会で筒井氏が発表した公教育の現状に、大学教授や実社会で活躍中の理数関係者から、どよめきが起こった。そのどよめきは、異口同音に、「科学技術は日進月歩で進んでおり、学校の授業が分からないという巷の声を聞いていたので、当然昔より教科書の内容が難しくなっていると思っていた。逆に易しくなって分からないとはショックだ」というものだった。

 ますます「ゆとり教育」の弊害を危惧した筒井氏は、4カ月後に「2002年の教育危機」のテーマで、シーホークホテルで教育講演会を開催した。通常、教育関係の講演会は面白くないといわれるが、当日は1,000人近い保護者、教育関係者が参加。アンケートでも95%が「大変よかった」「よかった」と回答するなど、大きな反響を呼んだ。

 そこで翌99年4月、収集した膨大なデータを基に著書『理数教育が危ない!』を出版した。本の帯には「方程式の解けない中学生が増えている」「日本人の科学知識はサミット7カ国中最下位」「驚くべき公教育の実態と改革提言」の文字が躍った。九州松下電器で新製品開発エンジニアとしての16年、私塾経営者として20年の彼の生の声は、教育界だけでなく世間に大きな警鐘を鳴らした。

 『科学技術立国ニッポン』と言いながら、「ゆとり教育」に名を借りて子どもたちの学力・思考力低下を招く、なんと酷い授業が行われてきたのだろうか? 振り返ると、ゆとり教育が始まる前の日本ではすばらしい教育が行われていた。

 昭和30年代(1955ー64年)の義務教育は、教科書内容が豊富で学力を重視した教育が実施され、理数の授業時間が世界トップレベルだった。事実、IEA(国際教育到達度評価学会)による数学・理科の国際比較調査では、39年に2位、58年には1位に輝いた。だが、ゆとり教育開始から約20年経った平成7年は3位となり、それ以降も低迷している。

 また30年代は学校で全国一斉学力テストが実施され、中学・高校では実力テストの成績が廊下に掲示されていた。家庭でもわが子が先生に叱られたことを知ると、親が子どもを叱っていたものだ。40年代も学力重視教育が継続され、教科内容もピークだったが、後半は落ちこぼれが多発。全国学力テストは中止され、校内暴力も発生するようになった。そして50年代中盤から「ゆとり教育」が導入され、学力軽視へ180度転換してしまった。

 古今東西を問わず、国民の知的レベルや教育力が国の盛衰を左右する。戦後の日本は学力を重視した「詰め込み教育」によって、世界が驚くような経済成長を成し遂げてきた。学問の分野でも、最近では山中伸弥・京大IPS細胞研究所長に代表されるように、戦後のノーベル賞受賞者を見ても、詰め込み教育の成果といわれている。「教育軽視は国を滅ぼす」筒井氏はそう考え、闘ってきたのだ。

(つづく)
【本島 洋】

<プロフィール>
筒井 勝美(つつい・かつみ)

 1941年福岡市生まれ。63年、九州大学工学部卒業後、九州松下電器(株)に入社。1979年「九州英才学院」を設立。その後「英進館」と改称。英進館取締役会長のほか、現在公職として国際教育学会(ISE)理事、福岡商工会議所議員、(公社)全国学習塾協会相談役など。2018年に紺綬褒章受章。

ゆとり教育抜本見直しに命をかけた20年の記事一覧

ゆとり教育抜本見直しに命をかけた20年(4)(2019年08月23日)
ゆとり教育抜本見直しに命をかけた20年(3)(2019年08月08日)
ゆとり教育抜本見直しに命をかけた20年(2)(2019年08月01日)
ゆとり教育抜本見直しに命をかけた20年(1)(2019年07月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月25日 16:38

スーパーゼネコン決算好調も受注は減少傾向 コロナ影響も不透明

 清水建設は25日、延期していた2020年3月期の決算発表を行った。同期は売上高1兆6,982億円、経常利益1,379億円を計上...

2020年05月25日 16:31

「広報いとしま」、全国広報コンクールで初の入選2席

 糸島市の広報紙「広報いとしま(2019年5月15日号 / No.225)」が、「令和2年全国広報コンクール広報紙市部」(日本広報協会主催)で入選2席に選定された...

2020年05月25日 16:23

中国外相が全人代で記者会見~香港への統制強化を正当化、米国からの新型コロナ損害訴訟をはねつけ

 24日、全国人民代表大会(全人代)で王毅・国務委員兼外交部長(外相)による記者会見が行われた。外相の記者会見は全人代でとくに注目されるイベントの1つ。今年は新型コロ...

2020年05月25日 16:11

【政界インサイダー情報】安倍一強政権末期、またまた墓穴を掘る

 エリート中のエリートである黒川弘務・東京高検検事長の「賭けマージャン」発覚に加え、卓を囲んだメンツが検察担当の新聞記者という癒着の発覚。さらに、黒川氏の辞任騒動に伴...

2020年05月25日 15:33

コロナで明暗 サイバーが電通の時価総額を上回る

 5月20日、(株)サイバーエージェント(東証一部、藤田晋代表)の時価総額が、終値ベースで(株)電通グループ(東証一部、山本敏博代表)を初めて上回った。サイバー社の6...

2020年05月25日 15:11

ゼロから農福連携を目指す 福の浦ファーム

 新たな挑戦に年齢は関係なし――70歳を目前にして農業経営をはじめた、福の浦ファーム代表の高木教光氏。高木代表は家業のガソリンスタンド経営に携わったのち、病気のためや...

2020年05月25日 14:52

ロイヤル・ボックスの藤堂和子ママ~中洲の灯の「復活宣言」

 自粛解除により、いよいよ6月1日から中洲のクラブも一斉に営業を再開する。そこで5月22日、弊社取材ルームにて「ロイヤル・ボックス」の藤堂和子ママにインタビューを行っ...

2020年05月25日 14:44

経産省、新型コロナウイルスに有効な洗剤120商品を公表

 経済産業省と(独)製品評価技術基盤機構(NITE)は22日、新型コロナウイルスに有効と判断した界面活性剤を含む家庭用洗剤の商品リストを公表した...

2020年05月25日 14:06

カテキンや緑茶による新型コロナの効果についての根拠なし~標ぼうする広告宣伝に注意!

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は21日、お茶などに含まれるカテキンに、新型コロナウイルス感染症があるといった広告宣伝に対し、現時点でそのような効果は確認されてい...

2020年05月25日 13:24

コロナ禍で大量失業の“泥沼”にはまった世界経済(前)

 目に見えない小さな存在でありながら、ウイルスが人々を混乱に陥れ、既存の制度を崩壊させ、新しい制度にとってかわるような結果を招くこともある。歴史を振り返ってみると、伝...

pagetop