• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月18日 07:00

雅楽を生で聴いた人、いますか?(後)

大さんのシニアリポート 第81回

 実質的な主(ぬし)でなくなるということは、カネが使えなくなるということだ。オーケストラ(雅楽)やバレエ団(久米舞などの舞手、舞人)を維持するには、いまだって大金を要する。昔もそうだったにちがいない。権力をもたなくなってからの宮廷の貧乏ぶりは、傍目にも気の毒だったらしい。とても雅楽どころではなかった。

 ちなみに近代の天皇家の財産はというと、「明治十三年から二十二年までのあいだに、政府の手で、なんとそれまでの六千倍にふやしてもらった」結果であり、「伊勢神宮の式年遷宮(本殿の建てかえ)も、二十年ごとというきまりが、百数十年にわたって中断されていることは誰でも知っているが、順調にくりかえされている時でさえ、天皇自身が全然参列しなかったりした時代がある」。その理由を、「時の権力者に足止めをくらっていたか、それともよっぽど台所が苦しかったか、どちらかだろう」と林は指摘する。

 その雅楽が、1200年以上生き延び、輸入された当時の装束や楽器そのままに演奏されている不可思議さ。発祥の地とされている中国や東南アジアの国々では、とうに絶え、その名残さえない。「古代宮廷音楽がこの列島にのこっている」という不可思議さ。

 さらに、雅楽は日本の音楽に、まったく重要な影響を与えることがなかった。つまり、雅楽は発祥の地でとうの昔に滅びたにもかかわらず、日本にのみほぼ原型のまま残されている。「雅楽はまさに輸入洋楽の典型だ。『文化国家』の華々しい出発点をかざった大オーケストラは、空しく保存されただけだった」と林はいう。

 日本音楽や芸能の源泉となった「輸入洋楽」は、「声明」であり、「散楽(さんがく)」だった。あえて影響を与えた音楽といえば、国歌「君が代」(ドイツ人エッケルト監修、作曲?)の調性が雅楽の「壱越調旋律」くらいのものだった。わかりやすくいうと、「君が代」は「レ」ではじまり「レ」で終わる。西洋音楽の調性にはない。

 宮内庁楽部の伶人(れいじん)(雅楽演奏者・楽師)だった芝祐靖さんが昭和59年、突然宮内庁楽部を退職。笛の主奏者という重職を棄てての決断になにがあったのか。翌年、「伶楽舎」を立ちあげ音楽監督に就任。民間人に雅楽を学ぶ場を提供した。「ポン太と神鳴りさま」という子ども向けの作品も手がけ、文化庁の事業で全国約140校の小中学生たちに雅楽を紹介して回った。文化勲章受章者。伶人という立場を蹴って敢然と下野したのは、時の権力(者)に反抗したのか、日本の伝統音楽になにも影響を与えなかった雅楽への謀反なのか…。

 林光は自著のなかで、名残さえない古代宮廷音楽(雅楽)がこの島(日本列島)に残っているのは、「日本列島は行きどまりだから、輸入したものがそこから先へ抜けないで、たまってしまうのだ、と言ったひともいる」という。

 日本列島を「辺境の地」というのなら、この人物と著作を忘れてはならない。内田樹(日本哲学研究家、武道家、思想家…)の『日本辺境論』(新潮新書)である。内田は著書で、「日本人は後発者の立場から効率よく先行の成功例を模倣するときには卓越した能力を発揮するけれども、先行者の立場から他国を領導することが問題になると思考停止に陥る」と指摘する。

 政治的にも文化的にも先行する中国や東南アジアの音楽(雅楽を含む)を取り込み、一部は日本流に改良を加えて自分のものにするが、雅楽のように改良に不向きなものは、他国に領導することなく(棄てればいいのに)保存したまま今に至る。「行き止まりの国」(林)だから、「領導することもなく(知らずに)」(内田)いるのが日本人なのである。(カラオケで演歌しか歌わない)「ぐるり」のメンバーが、雅楽(名前だけでも)を知っているというのは、それだけ長い間塩漬けにされてきたからに他ならない。特筆すべきなのだろう。

(了)

<プロフィール>
大山眞人(おおやま まひと)

 1944年山形市生まれ。早大卒。出版社勤務ののち、ノンフィクション作家。主な著作に、『S病院老人病棟の仲間たち』『取締役宝くじ部長』(文藝春秋)『老いてこそ二人で生きたい』『夢のある「終の棲家」を作りたい』(大和書房)『退学者ゼロ高校 須郷昌徳の「これが教育たい!」』(河出書房新社)『克って勝つー田村亮子を育てた男』(自由現代社)『取締役総務部長 奈良坂龍平』(讀賣新聞社)『悪徳商法』(文春新書)『団地が死んでいく』(平凡社新書)『騙されたがる人たち』(近著・講談社)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月20日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(1)NEW!

 2015年4月1日に誕生した機能性表示食品制度は、それまでの「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」の行政主導の動きから、官邸主導の決定となり、食品の機能性表...

2019年10月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(4)NEW!

 関電の取締役会は機能不全となってしまった。かかる場合、虞犯取締役は辞任する他なく、また、関電は直ちに仮役員の選任を裁判所に申請し、適法な取締役で構成された取締役会に...

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

pagetop