• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月19日 10:36

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(1) 未来トレンド分析シリーズ 

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏

 世界最大の種子メーカーであるアメリカのモンサントは、20年以上前から「水道ビジネスほど将来の高い成長を秘めた産業はない」との認識を明らかにしてきた。そのため、日本企業がもつ海水の淡水化技術、汚水の浄化技術、飲料水や工業用水を人工的につくり出す造水技術に熱い眼差しを寄せており、この間、そうした技術をもつ日本企業に対する買収攻勢を展開してきた。

ウォーター・バロンズにとっての「おいしい話」とは

汚れた水を飲むことで子どもたちの命が失われていく

 世界を見渡すと温暖化の影響もあり水不足が急速に進行し、水利権をめぐる紛争が絶えない。また、上下水道設備の老朽化も顕在化するなかで、先進国、途上国を問わず、水源の確保や水道インフラの整備にこれまで以上に資本投下を行う必要性が高まっている。とくに途上国における水環境の劣悪さは深刻である。

 21億人が安全な水を飲むことができず、45億人がトイレのない生活を余儀なくされているからだ。言い換えれば、世界人口の40%にあたる人々が衛生的な水の利用ができていないのである(出典:JMP報告書『衛生施設と飲料水の前進:2017年最新データと持続可能な開発目標(SDGs)基準』)。

 ユニセフによれば、汚れた水を飲むことで命を失う5歳以下の子どもの数が毎日3,800人に達している。これは連日、ほぼ満席のジャンボジェットが8機も墜落しているに等しい状況だ。

 しかし、このような状況は、世界の大手水企業(ウォーター・バロンズ)や新たに水道事業への参入を目論んでいる巨大企業にとっては、千載一遇のチャンスと受け止められているから看過できない。実際、水関連のビジネスには今後10年で1兆ドルを超える投資が見込まれている。それほど、水をめぐる危機的状況は「ウォーター・バロンズ」にとっては「おいしい話」なのである。

 国連は途上国の上下水道整備のためだけで、年間1,480億ドルの資金が必要だと訴えている。現実にはそこまで各国政府の資金的余裕はないものの、世界の水企業は必死でマーケットの拡大に余念がない。また、こうした水ビジネス企業の株式を組み込んだ投資信託は好調な売れ行きを示している。

 「モンサントに遅れるな!」と、アメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)や、ドイツのシーメンスを始め、1兆円企業であるヴェオリア、スエズ、テムズウォーターといった欧米企業は、「今後、水関連ビジネスは少なく見積もっても4,000億ドル(約40兆円)の規模に膨れ上がる」との予測の下、売上増強に向け国際機関の予算獲得に走っている。

(つづく)

<プロフィール>
浜田 和幸 (はまだ・かずゆき)

 国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鐵、米戦略国際問題研究所、米議会調査局などを経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選をはたした。11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。16年7月にネット出版した原田翔太氏との共著『未来予見~「未来が見える人」は何をやっているのか?21世紀版知的未来学入門~』(ユナイテッドリンクスジャパン)がアマゾンでベストセラーに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月06日 07:00

年間700万人が日台間を往来 教育、歴史など広がりを見せる文化交流(前)NEW!

 台北駐福岡経済文化弁事処(以下、福岡弁事処)は中華民國駐長崎領事館を前身とし、1970年の福岡移転を経て、台湾の代表機関として日台間の交流促進などの役割をはたしてい...

2020年06月06日 07:00

主要11社の経常利益率ランキング タイヨーなど5社が上昇NEW!

 これまでに判明した主要流通企業11社の2020年2~3月期決算によると、期間のもうけ具合を表す経常利益率(経常利益÷営業収益)は前年度から5社が上昇、6社が低下した...

2020年06月05日 17:05

【みやき町】「元なでしこ」海堀ディレクター委嘱式・女子サッカーチーム・ユニフォーム発表

 佐賀県みやき町こすもす館において、5日、海堀あゆみ氏のみやき町スポーツ政策ディレクター委嘱式および「みやきなでしこクラブU-15」のユニフォーム発表会が行われた...

2020年06月05日 16:58

コロナ危機の裏で深刻化する食糧問題と加熱する種子争奪戦争(中編)

 あまり知られていないが、アフガニスタンは40年前には豊かな農業の輸出国であった。アメリカ軍はアフガニスタン侵攻に際し、「2007年までには同国が再び食糧に関して自給...

2020年06月05日 16:00

伊都きんぐの感謝の0円販売、あっという間に終了

 「どらきんぐエース」、「どらきんぐ生(期間限定商品)」などを販売する伊都きんぐ。同店は公式Twitterを通じてあまおう苺入りチョコレート「いちごの卵」の「訳アリ大...

2020年06月05日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」6月1日発表 福岡労働局分

 6月1日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

2020年06月05日 14:51

国家インフラに「負担金」不可解(前)

 遅々として進まない整備新幹線を尻目に、JR東海が手がけるリニア中央新幹線は着実に整備が進んでいるように見える...

2020年06月05日 14:40

今できることに堅実に挑む~(有)金谷洋瓦工事店

 屋根工事一筋53年の社歴を有し、福岡県内だけでなく、県外でも多くの受注実績を有する(有)金谷洋瓦工事店。金谷宏之代表を始めとした熟練した技術者および同社専属職人の高...

2020年06月05日 13:30

「博多廊」「星期菜」などが1日より営業再開~IMD Allianceの取り組み

 営業再開にあたってのあいさつと同社の感染予防対策についてのメールが寄せられたので、以下に紹介する...

2020年06月05日 13:00

【政界インサイダー情報】いよいよ、アベノミクスの目玉IR誘致開発も危険水域

 誰も予想もしなかった、今回の世界的なコロナ感染拡散問題で、この危機管理に対応できず、傷だらけになっている今の政府、強かった筈の安倍一強政権...

pagetop