わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月27日 10:45

中国経済新聞に学ぶ~中国の若者たち、なぜ結婚したくない

 「結婚したくない、結婚は面倒くさい。家事を片付けて正月には親戚回りをして、子どもが生まれたら世話をしなければならない。子どもを産めば体型は壊れるし体の調子も低下する。考えるだけで暗い気持ちになる」。

 2019年の真の曲がり角は、貿易摩擦でもなければ、さまざまな紛争でもなく、若い人が結婚したがらないことだ。上のような見方は新時代の結婚・恋愛観を代表するものだ。

 婚姻率が11年ぶりの最低を更新七、7,700万人が1人で暮らす。人々はいっそのこと独身を選び、誰かと一緒に毎日を過ごそうとは思わなくなった。

 最近、女性の結婚願望が確かに徐々に低下している。1990年には30~35歳の女性未婚者が占める割合は0・6%だったのが、今は7%だ。30~40歳の女性未婚者の割合も0・3%から4%前後に増え、10倍以上増加した。

 伝統的結婚制度は女性に「やさしくない」ので、女性たちはついに「反撃に転じた」。第一に、伝統的な家族内の分担の下では、女性は働かなければならないだけでなく、家事をより多く引き受け、子どもを産み育てる義務がある。第二に、こうした分担のため、女性は陰に陽に職場で性差別を受けやすい。結婚して子どもを産むとキャリアに影響し、仕事を失うこともある。第三に、新しい婚姻法の財産分与の規定は女性に不利で、結婚後はどちらかの両親が出資して家を買い、その子どもの名義で登記する。

 一方だけの個人資産となり、分割はできない。そこで「養う」などと言う場合は誰が誰を養うのか。自分で稼げれば、稼いだ分を自分の手の中に納めることができ、それでこそ主導権を握れるようになる。

 男女の役割分担、高い家賃、高い育児コストが解決できなければ、女性たちが伝統に従わないのも責められない。例えば高い結納金、不動産の登記などは予防措置であり、女性は拝金主義と一方的に非難するわけにはいかない。

 経済の発達した省や市では、不動産価格が高くなるほど、婚姻率は低下する。データによれば、2018年に全国で最も婚姻率が低かったのは上海市で、わずか4.4%だった。後ろから2位は浙江省で5.9%。広東省、北京市、天津市なども低かった。その背後にある本当の変化は、女性が大都市で権利意識に目覚めたということだ。

 しばらく前、中国の出産育児に関する専門家の喬傑氏が、「25~28歳が妊娠に備えるのにもっとも適した年齢」との見方を打ち出した。これに対して、「おお!そうなの、この年齢を過ぎたら生まなくていいのね!そうそう、2017年の江蘇省の平均初婚年齢は34・2歳で、女性は34・3歳。いっそのこと出産はやめた方がいいよね」といったコメントが上がった。

 2人っ子政策が打ち出された後の17年には、人口は新たに1,723万人増えたが、逆に16年より63万人少なかった。これを受けて専門家は、「法定婚姻年齢を男性満20歳、女性満18歳に引き下げるべき」と提起した。しかし若い人は専門家に同意するだろうか。

 上海の女性に2人っ子について意識調査を行ったところ、80後(1980年代生まれ)と90後(1900年代生まれ)の回答は実に厳しいものだった。回答者のうち、出産経験のある人は4.8%、出産したいという人は3・3%で、出産したくないが56.4%、わからないが35.4%だった。ここから大都市の女性の多くが2人の子どもを産もうと考えていないことが容易に見て取れる。婚姻率が低く、出産率が低いことは、「低欲望社会」現象の1つと考えられている。この「ダブル低率」が出現したのはなぜか。恒大研究院の任沢平氏のチームは「中国出産報告2019年」の中で、「住宅、教育、医療などに直接かかるコストが出産を思いとどまらせる3大難関だ」との見方を示した。

 1つ目の難関の住宅について。04~17年に、収入に対する家賃の割合が17%から44%に増加した。出産育児の中心となる80後と90後が、ひと月数千元も一万元以上もする家賃の重さにあえいでいる。

 2つ目の難関の教育について。1997~2017年に、公立幼稚園に通う子どもの割合が95%から44%に低下した。また習い事ブーム、さまざまな教室通いが激しさを増し、多くの家庭はこの面で巨額の出費をしている。

3つ目の難関の医療について。95~17年に、個人の医療保険料は22.4倍に増加し、可処分所得の9.2倍増加を大きく上回った。一人っ子のカップルは上に4人の高齢者を抱え、下に1人の子どもを育てており、どれだけプレッシャーがかかるかは言うまでもない。

 さらに言えば、最終的に老後は子どもをあてに出来ないことが重要だ。

 社会学の見方では、1つの観念を理解するには、その観念を決定づける「社会的事実」の中で原因を探らなければならない。しかし否定できないのは、女性の意識が覚醒したことが、現在の恋愛結婚出産市場の最大の曲がり角を招いたということだ。


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
■(株)アジア通信社
所在地:107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月27日 11:49

【医療と地域活性化】量子医療を地域経済浮揚の柱へ~佐賀県鳥栖市NEW!

 「量子医療」という次世代放射線医療の支援を通じて地域振興を目指す『量子医療推進機構』が昨年10月、佐賀県鳥栖市に設立された。2月2日にはJR鳥栖駅近くで、量子医療の...

2020年01月27日 11:33

期限までに産業廃棄物の処理を完了できず~千葉県佐倉市の産廃業者に行政処分NEW!

 千葉県は1月22日、(株)林建材(千葉県佐倉市、林孝至代表)に対し、廃棄物処理法に基づき許可の取消処分を下した。取消処分が下されたのは、同社が許認可を受けている事業...

2020年01月27日 11:20

中国当局、徐々に人の移動を制限~27日から海外団体旅行などの販売が停止にNEW!

 中国当局は23日から武漢市住民の他地域への移動を制限しており、次に団体、集団での旅行を制限する措置に乗り出している。

2020年01月27日 11:11

HONDAのFFスポーツカー「シビックタイプR」東京オートサロン2020で初公開!NEW!

 ホンダは「東京オートサロン2020」でマイナーチェンジした「シビック」のハッチバックとセダンを発表。同時に改良した「シビック タイプR」を公開した。ハッチバックとセ...

2020年01月27日 11:01

【~2/9】長崎ランタンフェスティバル開催中NEW!

 中国の旧正月「春節祭」を起源とする、長崎の冬の一大風物詩「長崎ランタンフェスティバル」が開催中だ。1月24日(金)の前夜祭から、2月9日(日)の後夜祭まで、長崎のま...

2020年01月27日 11:00

MCTやオメガ3を適量摂取 健康素材として急浮上!(後)NEW!

 身体は、60%を占める水分を除くと、残りのほとんどは脂肪とたんぱく質で構成される。とくに脂肪は細胞膜や脳、神経の一部を構成し、ビタミンの運搬や正常なホルモンの働きを...

2020年01月27日 10:50

『山本太郎がほえる〜野良犬の闘いが始まった』を山本氏に贈呈NEW!

 私、高橋清隆はれいわ新選組代表の山本太郎・前参院議員の活躍を追った『山本太郎がほえる〜野良犬の闘いが始まった』を自費出版した(1月20日発売)。1月24日、同書を山...

2020年01月27日 10:32

【政界インサイダー情報】官邸優遇の選挙資金1.5億円が安倍一強政権の崩壊を加速NEW!

 昨年7月の選挙戦で、自民党本部から提供された河井案里参議院議員への巨額な選挙資金が、自民党内で大きな問題となっている。河井氏と同じ広島選挙区に立候補し、落選した自民...

2020年01月27日 10:00

ソフトパワー戦争に突入したアメリカとイラン 日本は仲介役をはたせるのか?(3)NEW!

 トランプ大統領を「精神鑑定にかけるべき」との声がアメリカの医師たちから緊急提言として出されている。アメリカ議会に対して、「早急な精神鑑定を行う必要がある」という声明...

2020年01月27日 09:54

豊洲市場における設計偽装 政商・日建設計(1)NEW!

 NetIBNewsでは、1月8日に「福岡市東区の分譲マンションが傾斜 販売業者の対応に憤る住人」という記事を発信。同問題について関心をもたれた方も多いと思われる。こ...

pagetop