• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月10日 07:01

スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(14)~精肉の条件

 生鮮のなかで唯一、加工食品に近いのが精肉である。精肉は鮮魚と違い、その加工工程の大きな部分をベンダーが担っていて、店舗は最終加工とパッケージング作業をすれば商品として店頭に並べることができる。
 しかも畜種も牛、豚、鶏と限られている。お客から見た価格比較は簡単だ。だから、低粗利にすれば販売量の拡大は比較的容易となる。

 粗利率30%の通常型スーパーマーケットの売上と粗利益率20%以下のディスカウンターとの販売量の差は業態格差と同じ単価と客数がそれぞれ2倍程度になる。合わせると4倍の売上が可能ということだ。

 生鮮は高経費だから、高粗利を・・という発想から離れなければ生鮮の安売りは怖くてできない。野菜が高い時、野菜を目玉にすれば思うよりはるかに高い集客ができる。
 しかし、普通のスーパーマーケットは野菜高騰時にはしっかりした粗利をとり、単価アップによる売り上げ増を目論むのがせいぜいだ。

【筑前 太郎】

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

【スーパーマーケット 表の事情と裏の事情】の記事一覧

スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(13)~水産の大型チェーンは難しい
スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(12)~生鮮の消化仕入れ
スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(11)~時間の経過=商品価値の低下?
スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(10)~異なる業態を、同質化させずに取り込むには
スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(9)~同業態M&Aか異業態進出か
スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(8)~ディスカウントの結果は?
スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(7)~ディスカウントは顧客のデマンドを小さくする
スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(6)~ディスカウントには勇気がいる
スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(5)~見切り値下げの功罪
スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(4)~24時間スーパーの実情
スーパーマーケットスーパーマーケット 表の事情と裏の事情(3)~24時間、売り場を切り替え続けられるか
スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(2)~お客が求めるもの
スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(1)~人口減、高齢化、少子化 縮小する市場規模

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop