• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月12日 07:00

職場の合言葉は、仕事を通じて充実した人生を!遊び心も大切に 一樹百穫 

事業プロデュース業
(株)グランドビジョン

目指すのは真のパートナー

代表取締役 中尾 賢一郎 氏
代表取締役 中尾 賢一郎 氏

 代表取締役・中尾賢一郎氏は元電通の社員だ。今や伝説と化した長渕剛「桜島オールナイトコンサート」のスポンサードプロデュースなど、在籍時の経歴も華々しいが、会って話してみると世間一般の電通出身者のイメージとは少しばかり違う雰囲気をもつ人だ。たとえるなら雑草的とでもいうのだろうか。

 「やるならとことん自分が納得できるものをやりたいし、皆をワクワクさせたい」。そう語る中尾氏、この世界に飛び込んだキッカケは大学時代のアルバイトだったそうだ。以来、個性的なキャラクターで周囲の人たちを惹きつけ、面白い仕事を次々とやってきた。(株)グランドビジョンはその延長だという。

 同社はこれまでの広告代理店の枠を超えたクライアントの真のパートナーを目指しているという。「困ったことがあれば真っ先に相談が来る。信頼できる友のような存在でしょうか」。社長兼プロデューサーとして自らも日々奮闘する中尾氏だが、その気概を感じ取れるのが同社に置かれたエンゲージセンターだろう。ここでは消費者の生の声を集積し、広告戦略を練るためのデータを解析。事業成長へとつながる解答を導き出し、次なる「価値」を生み出すことでクライアントの絶大な信頼を集めている。

エンゲージセンターのネーミングには寄り添いつながるという想いがある
エンゲージセンターのネーミングには寄り添いつながるという想いがある

あらゆる場面で最高の結果を

 この取材が行われたちょうどその時に、武田真治氏を起用したコマーシャル映像が完成していた。袖無しスーツを着た彼が、両腕の筋肉から不動産ビジネスマンが現れ、最後に決めポーズで「足を使うな、アプリを使え」と叫ぶ。全国の不動産業の営業担当者をつなぎ合わせるマッチングアプリ「トラジ」のテレビコマーシャルだ。見たという人も多いだろう。これも同社がプロデュースした仕事だ。

 もちろん、手がけるのはこうしたテレビコマーシャルだけではない。事業プロデュース、ブランディング、採用プロデュース、通販コンサルティング、ウェブコンサルティング、メディアプランニング、イベントプロモーション、映像プロデュースと大変多岐にわたる。同社はあらゆる場面で関係者の期待に応え最高の結果を出す。

 福岡、東京、そして海外を忙しく飛び回る中尾氏は、その原動力である社員について「うちのメンバーは仕事を楽しむことに妥協しません。そして同じくらい遊びにも全力です。どれだけ仕事を楽しめるか、夢中になれるか。これを真面目に追求しています」と、評価する。「本気で、自由に、クレージーに。そして、遊び心は忘れずに」。同社の風土が生んだキャッチフレーズだ。

自社「ホームラン農園」?

空海劇場。空海の心理をアーティストたちが圧倒的表現で描く唯一無二の舞台
空海劇場。空海の心理をアーティストたちが圧倒的表現で描く唯一無二の舞台

 企画する自主運営のイベントもユニークだ。観客参加型トーク&ワークショップ「匠の羅針盤」、企業と学生のマッチングイベント「GROOVE」など枚挙にいとまがない。

 2011年より文化価値創造事業として続く「空海劇場」は、福岡にゆかりある空海の生き方にならい、あらゆる境界線にとらわれず、未来に向けて文化を創造・伝承していくプロジェクトだ。観客とともに楽しむことを通して、同社は自らのブランディング力を世間に知らしめる。従業員は100名ほどだというが、その彼らが忙しい合間を縫って自主イベントをつくり上げていく姿を想像すれば、どういう人材が集まっているかがわかるだろう。

 また、意外なところでは、誰もが当たり前に働くことができる社会を目指し、特別支援学校からの実習の受け入れや採用を積極的に行っていることだ。その延長で12年には糸島に自社で「ホームラン農園」を開園。ホームランチームと呼ばれるスタッフたちが、自然農法で野菜や果物をつくる。おそらくは中尾氏が大学で学んだ福祉がその活動の原点なのだろう。しかし、広告代理店がこうした取り組みを行っていることに、企業としての独特な理念や考え方がうかがえるようでとても興味深い。

社会の多様性追求をカタチにした自社農園『ホームラン農園』
社会の多様性追求をカタチにした自社農園『ホームラン農園』

学生なら一見に値する会社

石原和幸氏とのコラボで壁面緑化した本社が入るビル
石原和幸氏とのコラボで壁面緑化した本社が入るビル

 では、グランドビジョンはどんな人材を求めているのか。「人を愛し愛される人」。中尾氏が即座に示した回答だ。クライアントを成功に導く差別化のために、社員らはあらゆる知恵を絞る。同社にはプロデューサー、プランナー、コピーライター、デザイナーとさまざまな職域があるが、それぞれの専門性を極めたスタッフがチームとして動き、喧々諤々、丁々発止の末に斬新なアイデアを生み出す。その一員になるために必須の資質ということか。

 同社が入るビルは福岡市の中心、天神の一等地にあるが、それ自体はとくに珍しいことではない。興味深いのはその外観だ。世界一の庭師と称される石原和幸氏とともにつくり上げたという壁面緑化されたビルは、通る者の足を立ち止まらせる。オフィス入口には来客が社員を呼ぶために打ち鳴らす和太鼓が置かれ、室内のあちこちに置かれた幾多の観葉植物。皆をワクワクさせたいという心意気が伝わってくるが、面白いのはそれだけではない。就職活動はたくさんの会社を堂々と見ることができる貴重な機会だ。広告業界を考える学生諸君はもちろん、そうではないという人も一見に値する。ぜひ同社をうかがってみるといい。世の中をはかる目が少し変わるだろう。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:中尾 賢一郎
所在地:福岡市中央区天神2-4-5
設 立:2011年11月
資本金:2,000万円
TEL:092-718-3041
URL:http://gvn.co.jp/recruit/shinsotu

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop