• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月10日 10:38

リクルートキャリアのリクナビ問題は~人材データの利活用のあり方が問われる事態に飛び火(中)

高いカネを支払っても、企業が辞退率データを購入したわけ

 問題の背景には、人手不足により学生優位の「売り手市場」が続いていることにある。学生側が企業を選別しようとする動きが強まるなか、採用する企業側はより優秀な人材を確保し、つなぎとめようと必死になっている。

 将来の幹部候補生の文系や、ITなどの理系の優秀な層は外資とメガベンチャーに取られ、日系企業は滑り止め。内定辞退者が最も多いのが、この優秀層だ。優秀な層の学生が応募してきたとき、内定辞退の可能性が高い人間かどうかを見極めることは、人事が最も苦心するところだ。

 人事部の悩みに応えたのが、リクルートキャリアの「内定辞退率」の提供だ。ビッグデータをITで解析しても、それだけでは個人を特定することはできない。そのため2019年3月から採用企業に応募者の氏名、メールアドレス、大学名を提供してもらい、リクナビ会員の個人情報と直結させ、AIが計算した内定辞退率を弾き出していた。

 報道によると、〈トヨタの場合、採用試験を受けた大学新卒学生の名簿をリクルートキャリアに提出、同社が「リクナビ」のプラットフォームで得られた個人情報(トヨタ志願者が何社にエントリーしたか、どんな就職活動をしたのか)からトヨタの「志望度の高さ」を数値化し、内定辞退率予測データと称して販売していたというものだ)(ダイヤモンドオンライン2019年9月20日付)

売り手も買い手も学生のことがまったく頭になかった

 問題は、保護委から指摘されるまで、リクルートキャリアの上層部は、データの分析対象になる学生が、自身の行動を監視されていることを知った場合に、どんな気持ちになるか、といったところまで考えがおよばなかったことにある。

 リクルートキャリアにとって、顧客は企業だけでなく、学生でもあるはずだ。顧客である学生の個人情報を、学生に同意をえないまま販売することが許されるわけがない。AIという最新技術を応用することに熱心なあまり、やっていいこととやってはいけないことが頭になかった。

 さらに、驚くべきは、企業側が採用に応募してきた学生の個人情報を提供していたことだ。内定者が次から次に辞退し、「お前ら何やっている」と上から叱責される人事には、たしかに、のどから手が出るほど欲しいデータだ。内定辞退者の多発を防ぐことができるからだ。

 両社にいえることは、フーテンの寅さんではないが「それやっちゃ、おしめえよ」である。

 リクルートキャリアは、問題視されているサービス「リクナビDMPフォロー」を8月4日付で廃止した。AIを活用したニュービジネスは短命で終わった。

「クッキー」-ネット閲覧履歴データの規制はあるか

 リクナビ問題は、政府が2020年に予定する個人情報保護法の改正論議におよぼす。焦点は「クッキー」と呼ばれるネット閲覧履歴データをめぐる規制だ。クッキーというブラウザ(ウェブサイトを閲覧するためのソフト)の識別暗号は、氏名や住所を含まず、現行法では「個人情報」にはあたらない。だが、保護委が強硬姿勢だ。

 〈保護委は8月にはクッキーの扱いについて明言していなかったが、今回は明確に問題視。クッキーで特定の個人を知りながら、リクナビ側は辞退率を提供したとして「同意取得を回避しており、法の趣旨を潜脱した極めて不適切なサービス」と批判した〉(朝日新聞12月5日付朝刊)

 次世代通信規格(5G)や自動運転車の普及で、企業が扱うデータ量は各段に増える。過剰規制は百害あって一利なしだが、企業自らが人材データの利活用のあり方を問われることになる。AI活用はバラ色だけでは決してない。リクナビ問題は、AI活用にはリスクが高いことを突き付けた。

(つづく)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop