• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月18日 11:30

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第2章・肉親を「看取る」ということ(5)

父と向き合う充実した日々

 石田弘次郎(仮名)の姉は、母の葬儀後、すぐ東京に戻った。前回記したように、姉は母の遺品整理で「金目」のモノは自分が引き取った。つまり「カネ」のためのみに遺品整理を行った。そして姉は、自分の用事が済むと、弘次郎と今後のことなどについて話し合うこともなく、自身の所帯がある東京に帰ったのである。

 弘次郎は「別に驚きもしませんし、引き留めることもしませんでした。姉は、実家のことなどまったく関心がなく、今回の母の葬儀も仕方なく帰福したまでですよ」と語る。しかし、姉が唯一、執着したのは、「財産分与」の件だった。石田家には、父・弘名義で不動産などの財産があった。すでに父・弘は“遺書”を書いており、その「遺書」のなかの財産については「弘次郎が相続すること」と明記されていた。しかし、その遺書の内容を姉は認めず、自身にも相続する権利があると主張している。弘次郎は「またカネか…」と思い、相手にしなかったという。

 父・弘の状態は、母の逝去後、良くなることはなく、さらに厳しい状態になっていた。弘次郎には金銭的なプレッシャーが残っていたものの、「3人の看護と介護をしていた時期と比べると、心身の疲れは半減しました。お金のことは、何とかなりましたので…」と語る。さらに、父・弘とともに過ごす時間が増え、生まれて初めてじっくり話ができたという。

 弘は、国内メジャーの海運会社を勤め上げた。1年の3分の2以上海外に渡航し、船上で暮らす日々だった。業務を終えて帰国したときは、「完全休養」で家族と向き合うことは、ほとんどなかったという。

 弘次郎は、弘のことを「父」として見ることができなかった。家のことは母にすべて任せ、弘は一心不乱に働き続けた。しかし、弘次郎には、その父の姿が理解しがたかった。「家のために稼いでくれている」ということは理解していたのだが…。

 ある時、そんな長年の鬱積したおもいを、弘次郎は父に直接ぶつけた。父・弘は「弘次郎…長年悲しいおもいをさせてすまなかったな。しかし、俺は不器用だから、働くことでしか家族を支えるすべがなかった。もっと話をしておけば良かったな」と切々と語ったという。そのとき弘次郎は、初めて父・弘を“父親”として認めることができた。

 「父が亡くなる2カ月前に、“お前は良い息子だった。弘美(姉:仮名)にばかり期待していたが、お前がしっかりと生計を立て、懸命に生きていることをお母さんから聞いて、誇らしかったぞ」と弘次郎の手をしっかり握りながら話したという。弘次郎は、心の底から父・弘の息子で良かったと思ったそうだ。

 2018年(平成30年)9月23日、父・弘は83歳の生涯に幕を閉じた。享年83。家族のために、ただひたすら働き続けた人生で、晩年は、病魔との闘いの日々だった。

 父・弘が老健に入るまで、弘次郎と父との間で、お互いの“おもい”が行き違っていたが、週3回、介護のために施設を訪れるうちに、お互い本音で語り合えるようになり、少し遅かったかもしれないが、真の親子になれた。

 「父は病気に苦しめられ、辛かったと思います。それでも、父と向き合い、まさに“男同士”の話ができ、亡くなる日まで充実した日々でした」と弘次郎は当時を振り返る。

(つづく)
【河原 清明】

※介護経験のある方は、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
hensyu@data-max.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月26日 15:30

(株)ニューオータニ九州の社長~新しい価値観のもと「できないことができた」NEW!

 新型コロナウイルスの衝撃で観光業全体が苦境に喘ぐなか、ホテルは新たな取り組みを始めている。ホテルニューオータニ博多は当地のシティホテルとして初めて弁当、オードブルの...

2020年05月26日 14:32

コロナ対策 福岡市独自の事業者向け支援策総まとめ(5/22版)NEW!

 福岡市の新型コロナウイルスに関する事業者向け支援策について、市独自の支援策と問い合わせ窓口を総まとめ...

ここからツイッターデモの威力が問われるNEW!

 毎日新聞世論調査で安倍内閣の支持率が3割を切った。黒川検事長の常習賭博罪が発覚したにもかかわらず、安倍内閣は黒川検事長に対する懲戒処分を行わず、6,000万円を超え...

2020年05月26日 11:46

台湾が観光業の規制を3段階で緩和~外国人観光客の入国緩和は10月以降かNEW!

 EU各国は、6月からの海外観光客受け入れ再開(各国で条件は異なる)を目指して動いているが、アジアでは台湾が観光業支援のため、防疫に関する規制を徐々に緩和していく計画...

2020年05月26日 11:19

「徒歩の調査」から見た福島第一原発事故 被曝地からの報告(前)NEW!

 原発推進派の方も、原発事故が起きたらどのようになるか、この報告を読んで考えていただきたい。本報告では、私が体験した「福島第一原発事故の現実」を書かせていただく。なお...

2020年05月26日 10:51

【コロナ禍のなかで】業績と記憶を残して去る人、忘れ去られる人と企業(後)NEW!

 2008年のリーマン・ショックでも数多くのデベロッパーの倒産が発生した。その過程で話題を提供した丸美のことを記憶しているのは関係者のみ。わずか12年の歳月で「疎くな...

2020年05月26日 09:58

投資法人みらい、WBFホテルをオフィスに転換へ

 投資法人みらいは、運用資産のホテルWBF淀屋橋南(大阪市中央区)について、テナントとの賃貸借契約を解除し、オフィスへコンバージョンする計画があることを発表した。

2020年05月26日 07:00

コロナ禍で大量失業の“泥沼”にはまった世界経済(後)

 失業保険の新規申請件数の増加が本格的に始まったのは、3月の3週目からである。3月の3週目の申請件数は、330万件で、3月の4週目には、686万7,000名でピークを...

2020年05月26日 07:00

コロナ対策とタクシー・デマンド交通(後)

 乗り合いタクシーは、路線バスとタクシーの中間的な輸送手段であり、ワゴン車などを用いて、運行される。乗り合いタクシーの定員は、9名程度であるため、普通免許で対応が可能...

2020年05月25日 16:38

スーパーゼネコン決算好調も受注は減少傾向 コロナ影響も不透明

 清水建設は25日、延期していた2020年3月期の決算発表を行った。同期は売上高1兆6,982億円、経常利益1,379億円を計上...

pagetop