不動産とテクノロジーの融合目指し、既存の業界とテック企業を結ぶ(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月28日 07:00

不動産とテクノロジーの融合目指し、既存の業界とテック企業を結ぶ(前)

(一社)不動産テック協会 代表理事 赤木  正幸
(リマールエステート(株) 代表取締役)

 2018年9月、(一社)不動産テック協会は不動産とテクノロジーの融合を促進し、不動産に係る事業ならびに不動産業の健全な発展を図るため設立された。これまで協会では、不動産テックのカオスマップ作成や会員向けセミナー、イベントの開催を手がけてきた。さまざまなテック企業が生まれてはいるものの、依然として既存の業界から完全に受け入れられているとはいえないのが現状だろう。そのような現状の課題や、テック企業の採るべき戦略について、不動産テック協会代表理事・赤木正幸氏に話をうかがった。

不動産業界の窓口

赤木  正幸 氏
赤木 正幸 氏

 ――不動産テック協会の役割についてお聞かせください。

 赤木 会員企業はテック企業がほとんどで、100社以上に加入していただいています。不動産会社とテック企業をつなげるのが協会の役割であり、セミナーなどを通じてそのための情報提供を行っています。また、不動産テックのカオスマップ作成を通じて、業界動向や成功事例、失敗事例の共有を行っています。ルール整備も、協会に求められていることです。情報プラットフォームや契約書の電子化など、官公庁との意見交換は続けています。協会がきちんと機能することで、不動産情報のデータ化など社会インフラとして活用できるようになる可能性があると思っています。

 協会はしがらみのない団体なので、テックとも不動産業界とも連携しやすい存在です。業界は少子高齢化という共通の課題を抱えていますので、テクノロジー導入で解決できる分野は業界の各団体と垣根なく協力して、課題解決に向けて進められればと考えています。

※クリックで拡大

売れないサービスとは

 ――会員のテック企業からは多くの相談を受けていると思いますが、売れないサービスはどこに原因があるのでしょうか。

 赤木 テック側は、「お金を払う人」をしっかり意識することが重要だと思います。たとえば、スマートロックの導入に際してお金を払うのは物件オーナーです。物件オーナーからすれば、スマートロック導入は投資なわけで、導入によって儲かるかどうかが重要なのです。入居者の利便性がどれだけ高くても、オーナーが儲からないのであれば“便利なだけ”のものにはお金を払いません。

 業務支援系についても、「業務効率が向上します」といえば、現場からの感触は悪くないのですが、導入の意思決定をするのは社長なり幹部です。彼らからすると、単に現場の負担を軽減するだけのものにはお金を払いたくないのです。人を減らせるくらいのインパクトがあれば別ですが、現場の負担を軽くするというだけで売れるほど甘くないですね。これは、私が経営している会社(リマールエステート)も同様でした。弊社は不動産売買業務支援システムの「キマール」というサービスを開発し、販売しておりますが、当初は同じジレンマを抱えていました。

 キマールの開発で気付かされたのは、現場の負担軽減だけでなく、「従業員が何をしているのかを知りたい」というニーズでした。「誰が」「どの物件を」「どこに紹介しているか」をわかるようにすることで、機会損失を減らせますし、それを見やすく一覧にすることで、業務効率も大きく改善されます。メールで共有するという手もありますが、情報は共有できても管理するのが非常に面倒なので、その点を解決していくというのがキマールのメリットです。

 ――キマールを導入している会社は、どのようなところですか。

 赤木 大手が多いですね。ただ、最近は業界も人手不足で採用も簡単ではないので、大手だけでなく、多くの会社にご利用いただいています。

 売買も賃貸も同じですが、“スター選手”は独立したり良い条件のところに転職していくケースが多い。そこで、彼らのノウハウをいかに引き継ぎ、共有していくかということが課題となっています。勢いのある会社ほど、優秀な人材を留め、組織を強くすることに対する危機感は非常に高いです。優秀な人材のノウハウを組織に落とし込むことは、業界のみならず大きなテーマですね。

 ――導入の決定から運用までに、課題はありませんか。

 赤木 既存の業務フローというのはなかなか変えにくいですね。システムを導入しても、そのシステムに合わせようとしないところが多いように感じます。システム導入=カスタマイズという印象が日本では強いですし、100%の業務をカバーできないシステムは取り入れないというところも少なくありませんが、もったいないですね。1から10まで既存のフローに合った完璧なシステムというのは、サービスの乗り換えも困難ですし、そこを求めるのはもったいない。今は、いろいろなシステムを使ってそれぞれの機能を補完すれば、1つのシステムで完結する必要はないと思っています。

 システム導入には、既存の業務の洗い出しが必要です。副産物として、「この部門はこんな業務をしていたんだ」という気づきを上長は得ることができます。これにより、システムとは別に、効率化できることもありますので、柔軟に検討してみることで、いろいろな発見があります。

(つづく)
【永上 隼人】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月09日 17:38

あと2時間豪雨が続いていたら・・・7月8日の大牟田市内の状況

 大きな被害を受けた地域の1つ、大牟田市の8日の様子を伝える...

2020年07月09日 16:10

パチンコホール、5月の売上高が激減

 経済産業省は9日、「特定サービス産業動態統計調査」の5月分速報を公表した。これによると、調査対象となったパチンコホール1,213店舗の5月の売上高は合計665億8,...

2020年07月09日 15:30

【縄文道通信第34号】縄文道検定―天職ガイド 縄文道―武士道―未来道(後)

 この大変革の波のなかで、この数カ月で発生した世界的なCORONA蔓延―パンデミックで、リモートワークが一挙に進み、仕事の仕方も大きく変わってきている...

2020年07月09日 15:00

九州の主要流通企業20年2、3月期の経常利益ランキング

 2, 3月期決算の九州の主要流通企業18社の経常利益率を調べたところ、前年度から上昇したのは6社と3分の1を占めた...

2020年07月09日 14:28

九大に爆破予告「10日10時に建物25カ所を爆破」

 九州大学は9日、インターネットの掲示板に「九州大学の主要建造物25カ所を7月10日10時に爆破する」といった内容の書き込みがあったと発表した...

2020年07月09日 14:13

アップ・クルセーダーズ(株)(東京)/ゲーム開発ほか

 同社は5月8日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、6月29日、同地裁から開始決定を受けた...

2020年07月09日 13:12

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(後)

 コロワイドは多数派工作に乗り出す。大戸屋の株主の最大の特徴は、個人株主が65%と圧倒的に多いことだ。個人株主の支持が、勝敗を左右する...

2020年07月09日 12:04

技能実習生の公正な取り扱いを~厚生労働省などが監理団体の許可と技能実習計画の認定を取消し

 6月23日、法務省と厚生労働省は、技能実習生制度に関し、以下の通知を行った...

2020年07月09日 11:55

長崎自動車道のり面復旧工事、10.6億円で安藤ハザマが落札

 NEXCO西日本九州支社発注の「長崎自動車道袴野地区のり面応急復旧(武雄市)」工事を、(株)安藤・間が落札した...

pagetop