解体アタッチメントレンタル・修理 ニッチ事業で首都圏、アジアへ(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月14日 07:00

解体アタッチメントレンタル・修理 ニッチ事業で首都圏、アジアへ(後)

油機エンジニアリング(株) 代表取締役社長 牧田 尚起 氏

 1995年12月に創業し、福岡県太宰府市に本社を置き、建設機械アタッチメントのレンタルや修理・販売を行う油機エンジニアリング(株)。グループとして西日本・東日本エリアで10カ所の拠点をもつ。積極的な事業展開を進める同社の強みについて、代表取締役社長・牧田尚起氏に話を聞いた。

人材が奏功した首都圏・台湾進出

 ――5年前に油機サービス(株)を設立されています。

油機エンジニアリング(株)
代表取締役社長 牧田 尚起 氏

 牧田 東日本大震災の復興作業において、瓦礫の処分をする機械が足りないから貸してほしいと要望をいただきました。レンタルだけでなく、修理やメンテナンスも必要なので、当社でもトップクラスの経験と実績を備えた3名(営業、管理、整備)で11年10月に仙台営業所をスタートしました。レンタルを通して少しでも復興のお役に立てたのではないかと思います。

 また、仙台営業所開設は九州の市場しか知らなかった当社にとってもビジネスチャンスを広げるきっかけとなりました。15年には100%出資の子会社として油機サービス(株)を立ち上げ、東京に本社を置き関東市場の開拓にも取り組んでいます。関東はまだまだこれからですが、大きな市場なので期待をしています。

 ――18年には台湾にも進出されていますね。

 牧田 当社が運営する建機レンタルのウェブサイト「Platform」を通じて、建機の中古販売をしていた台湾の会社から問い合わせをいただいたのがきっかけです。台湾では建機は購入するケースが多いのですが、レンタルを手がけたいというものでした。そこで、この縁をきっかけにパートナーとして合弁会社を設立して、台湾に進出することとなったのです。

 これは、当社に中国人社員がいて、台湾とのやり取りすべてを社員が直接できたからこそスタートできたビジネスです。台湾でモデルケースができたことは、今後の海外展開の可能性を広げてくれました。

 すでに、ミャンマー出身の社員は入社した当初から、将来は自国で事業を起こしたいという目標を立てていましたから、それに合わせたプランで仕事を経験させています。そうした外国人社員の活躍は当社の特徴であり、今年1月からはグローバル人材の紹介事業などを行う「JOBMATE()」を立ち上げました。外国人採用といえば技能実習生というイメージが定着していますが、会社や仕事の種類によってさまざまな採用のやり方があることを、当社が培った経験を生かして広めていきたいと思っています。

※「JOBMATE」は外国人社員が中心となって立ち上げた事業で、グローバル人材マッチングや、特定技能者支援、コンサルティングを行う。^

解体の歴史はリサイクルの歴史

 ――人材育成については、どのような取り組みをされていますか。

 牧田 今年採用した3名は、新入社員研修のなかで解体業の歴史についての研究を行いました。各営業所で働く先輩社員から現在の解体現場のことや、当社が運営する「古材の森()」では、昔の建物は再利用を意識してつくられていることなどを学び、「日本の解体業はリサイクルの歴史であり、解体技法の進化はリサイクルの進化である」という発表を聞くことができました。

 解体は、ただ壊すだけでなく、過去のものを引き継いで未来へつないでいく――自分たちの仕事が世の中にどう役立っているのかを意識した報告に、私自身も改めて気付かされたものがあり、全社員に共有しました。当社はグループ全体で約80名の従業員がいます。意欲的な若手社員も多く、段階的に活躍していけるように年2回全社員と面談を行い、本人のやりたいことと仕事のマッチングを図っています。

古材の森

※「古材の森」では、油機エンジニアリングのメセナ活動の一環として、1901年に建築された建物を次世代へ引き継ぐこと「動態保存」を目的に、さまざまな文化活動を行っている。^

 ――今後の展望を聞かせてください。

 牧田 私は昨年8月に代表取締役に就任しました。今年に入って世界規模での感染症拡大といった予期せぬ事態に直面し、こういう時期にどういう動きがとれるか、外部環境からも試されていると身の引き締まる思いです。解体機械のレンタル・修理の仕事を通して、解体業界の認知度向上に貢献するとともに、地元・太宰府のまちを盛り上げていけるよう、全国・世界の舞台で活躍できる企業を目指します。

(了)

【松本 悠子】


<COMPANY INFORMATION>
油機エンジニアリング(株)

代 表:牧田 尚起
所在地:福岡県太宰府市大字北谷1096-8
設 立:1995年12月
資本金: 3,500万円
TEL:092-920-5501
URL:http://www.yukieng.co.jp


<PROFILE>
牧田 尚起
(まきた・なおき)
1980年9月、福岡県春日市出身。鹿児島大学農学部卒。2003年4月、油機エンジニアリング(株)入社。福岡営業所で現場経験を積み、09年鹿児島営業所所長、11年本社経理課長、13年常務取締役を経て、14年取締役社長に就任、5年間の社長業務を経験し、19年8月代表取締役に就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年08月05日 16:54

西日本シティ銀行広報文化部・中村氏に告ぐ(5)一挙に預金量が逆転されたのは、第一地銀、第二地銀の格差があったからNEW!

 「おーい、中村さん!福岡銀行に一挙に預金量トップを奪回された件について、その原因を究明する努力をされたかな」。

2021年08月05日 16:34

【視点】新型コロナ感染者数過去最多~強いリーダーシップをNEW!

 4日の新型コロナウイルスの新規感染者数は全国で1万4,000人超と過去最多を更新。福岡県の新規感染者数は752人とこちらも過去最多となった。

2021年08月05日 16:30

中国経済新聞に学ぶ~急速に発展する中国のペット産業(前)NEW!

 四合院の木陰の下でブランコが揺れ、アフタヌーンティーを「楽しむ」…6日に尚寵ペット荘園を取材すると、預けられていた数匹の犬が心地よさそうに夏のひとときを過ごしていた...

2021年08月05日 16:00

中国の再エネ巨大市場 脱炭素化を追い風に「技術覇権」狙う(後)NEW!

 世界がカーボンニュートラルになることで中国のこれらの製造業が強化され、市場が発展して輸出が拡大する。中国政府が産業構造の再エネへの転換に向けて関連企業に巨額投資...

2021年08月05日 15:49

九州地銀トップの経歴から見えるものとは?~問われる先見性と器の大きさNEW!

 【表】を見ていただきたい。九州地銀(17行)トップの経歴表である。九州地銀17行のうち、トップ交代は西日本フィナンシャルホールディングス(FH)だけだった...

2021年08月05日 15:31

読者ご意見の紹介と当社の見解NEW!

 まずは読者のご意見を紹介する。相変わらず名を名乗らず、存在しないメールアドレスを名乗っている。意見があれば大いに論議するものであるが、「相手不詳」であればやりようがない。

2021年08月05日 15:30

『脊振の自然に魅せられて』沢登りは夏の「清涼剤」(後)NEW!

 40分も進むと、二股にわかれた滝に出た。楽しみにしていたポイントである。落差15mの滝は二股にわかれて釜に流れ落ちている。釜の広さは10m四方で、深さ1mほどの静か...

2021年08月05日 15:15

7月30日リニューアルオープン「石村萬盛堂 本店」動画レポート、石村社長インタビューNEW!

 建替えのため2019年1月から休業し、以降仮店舗で営業していた石村萬盛堂新本店がリニューアルオープン...

日本国民が不幸になる本当の理由NEW!

 重要なことは、「人類の調和のとれた発展にスポーツを役立てること」がオリンピズムの目的であって逆ではないこと...

2021年08月05日 14:28

「焼き肉」戦国時代の幕開けか ヌルボンをJR九州が買収NEW!

 JR九州は10月1日付で、(株)綱屋が展開する「焼肉ヌルボン」など飲食店15店を買収する...

pagetop