解体アタッチメントレンタル・修理 ニッチ事業で首都圏、アジアへ(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月14日 07:00

解体アタッチメントレンタル・修理 ニッチ事業で首都圏、アジアへ(後)

油機エンジニアリング(株) 代表取締役社長 牧田 尚起 氏

 1995年12月に創業し、福岡県太宰府市に本社を置き、建設機械アタッチメントのレンタルや修理・販売を行う油機エンジニアリング(株)。グループとして西日本・東日本エリアで10カ所の拠点をもつ。積極的な事業展開を進める同社の強みについて、代表取締役社長・牧田尚起氏に話を聞いた。

人材が奏功した首都圏・台湾進出

 ――5年前に油機サービス(株)を設立されています。

油機エンジニアリング(株)
代表取締役社長 牧田 尚起 氏

 牧田 東日本大震災の復興作業において、瓦礫の処分をする機械が足りないから貸してほしいと要望をいただきました。レンタルだけでなく、修理やメンテナンスも必要なので、当社でもトップクラスの経験と実績を備えた3名(営業、管理、整備)で11年10月に仙台営業所をスタートしました。レンタルを通して少しでも復興のお役に立てたのではないかと思います。

 また、仙台営業所開設は九州の市場しか知らなかった当社にとってもビジネスチャンスを広げるきっかけとなりました。15年には100%出資の子会社として油機サービス(株)を立ち上げ、東京に本社を置き関東市場の開拓にも取り組んでいます。関東はまだまだこれからですが、大きな市場なので期待をしています。

 ――18年には台湾にも進出されていますね。

 牧田 当社が運営する建機レンタルのウェブサイト「Platform」を通じて、建機の中古販売をしていた台湾の会社から問い合わせをいただいたのがきっかけです。台湾では建機は購入するケースが多いのですが、レンタルを手がけたいというものでした。そこで、この縁をきっかけにパートナーとして合弁会社を設立して、台湾に進出することとなったのです。

 これは、当社に中国人社員がいて、台湾とのやり取りすべてを社員が直接できたからこそスタートできたビジネスです。台湾でモデルケースができたことは、今後の海外展開の可能性を広げてくれました。

 すでに、ミャンマー出身の社員は入社した当初から、将来は自国で事業を起こしたいという目標を立てていましたから、それに合わせたプランで仕事を経験させています。そうした外国人社員の活躍は当社の特徴であり、今年1月からはグローバル人材の紹介事業などを行う「JOBMATE()」を立ち上げました。外国人採用といえば技能実習生というイメージが定着していますが、会社や仕事の種類によってさまざまな採用のやり方があることを、当社が培った経験を生かして広めていきたいと思っています。

※「JOBMATE」は外国人社員が中心となって立ち上げた事業で、グローバル人材マッチングや、特定技能者支援、コンサルティングを行う。^

解体の歴史はリサイクルの歴史

 ――人材育成については、どのような取り組みをされていますか。

 牧田 今年採用した3名は、新入社員研修のなかで解体業の歴史についての研究を行いました。各営業所で働く先輩社員から現在の解体現場のことや、当社が運営する「古材の森()」では、昔の建物は再利用を意識してつくられていることなどを学び、「日本の解体業はリサイクルの歴史であり、解体技法の進化はリサイクルの進化である」という発表を聞くことができました。

 解体は、ただ壊すだけでなく、過去のものを引き継いで未来へつないでいく――自分たちの仕事が世の中にどう役立っているのかを意識した報告に、私自身も改めて気付かされたものがあり、全社員に共有しました。当社はグループ全体で約80名の従業員がいます。意欲的な若手社員も多く、段階的に活躍していけるように年2回全社員と面談を行い、本人のやりたいことと仕事のマッチングを図っています。

古材の森

※「古材の森」では、油機エンジニアリングのメセナ活動の一環として、1901年に建築された建物を次世代へ引き継ぐこと「動態保存」を目的に、さまざまな文化活動を行っている。^

 ――今後の展望を聞かせてください。

 牧田 私は昨年8月に代表取締役に就任しました。今年に入って世界規模での感染症拡大といった予期せぬ事態に直面し、こういう時期にどういう動きがとれるか、外部環境からも試されていると身の引き締まる思いです。解体機械のレンタル・修理の仕事を通して、解体業界の認知度向上に貢献するとともに、地元・太宰府のまちを盛り上げていけるよう、全国・世界の舞台で活躍できる企業を目指します。

(了)

【松本 悠子】


<COMPANY INFORMATION>
油機エンジニアリング(株)

代 表:牧田 尚起
所在地:福岡県太宰府市大字北谷1096-8
設 立:1995年12月
資本金: 3,500万円
TEL:092-920-5501
URL:http://www.yukieng.co.jp


<PROFILE>
牧田 尚起
(まきた・なおき)
1980年9月、福岡県春日市出身。鹿児島大学農学部卒。2003年4月、油機エンジニアリング(株)入社。福岡営業所で現場経験を積み、09年鹿児島営業所所長、11年本社経理課長、13年常務取締役を経て、14年取締役社長に就任、5年間の社長業務を経験し、19年8月代表取締役に就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月20日 14:23

音楽に見る日本人の正体(3)総集編(前)NEW!

 拙著「『陸軍分列行進曲』とふたつの『君が代』―出陣学徒は敵性音楽で戦場に送られた」の発売から2カ月以上が経った。読者からの反応は実に良い。 しかし、寄せられた感想は...

2020年10月20日 13:12

【~11/15】ふくおかジビエフェアが県内18店舗で開催NEW!

 福岡県は県内の飲食店や販売店でジビエ料理や加工品を提供する「ふくおかジビエフェア」を開催中...

2020年10月20日 11:07

福岡の建設工事出来高、8月は持ち直すNEW!

 国土交通省は19日、『建設総合統計(2020年8月分)』を公表した。これによると、福岡における8月の建設工事出来高は1,167億円...

2020年10月20日 10:02

糸島野菜の生産者になりませんか?農業研修生募集NEW!

 糸島市では、福岡普及指導センターやJA糸島と連携し、糸島野菜の担い手となる新規就農者の確保や育成を支援している...

2020年10月20日 07:00

「デジタル庁が目指すべき“人間中心”のAI戦略とサイバーテロ対策」(2)

 サイバー攻撃といえば、海外からの侵入や見知らぬハッカーによる攻撃をイメージしやすいが、実際には内部犯の可能性も多く、システムを熟知している人間であれば簡単にセキュリ...

2020年10月20日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議委員任命拒否事件(6)番外編(後)

 橋下氏は、前回記事で取り上げた宇都宮氏の見解の変更について、「かなり恥ずかしい議論をしていたが、流石に見解を変えたね」と投稿した...

2020年10月19日 16:15

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議委員任命拒否事件(6)番外編(前)

 国民は弁護士の知力・論理力がいかに拙いものであるかという実演劇を、橋下・宇都宮両有名弁護士の論争に見ることができる。橋下氏の議論の注目すべき点は...

2020年10月19日 15:43

話題を呼んだDeFi(分散型金融)市場(前)

 今年は、DeFi(分散型金融)が注目を集めた年である。しかし、暗号資産(仮想通貨)をよく知らない人にとっては、この言葉自体をほとんど聞いたことがないだろう...

2020年10月19日 15:13

アビスパ、12連勝でついに首位! 群馬0-1福岡

 サッカーJ2リーグ・アビスパ福岡は18日、第27節ザスパクサツ群馬戦をアウェー・正田醤油スタジアムで行った...

2020年10月19日 14:56

朝鮮戦争―日本の民主主義の変節、自由主義の崩壊の原点!(6)

 1945年9月に、朝鮮半島は、朝鮮民族の意思よりはるかに強い勢力により分断されました。そして、冷戦が終わった後も、何か強い力が南北の動きを妨げています...

pagetop