解体アタッチメントレンタル・修理 ニッチ事業で首都圏、アジアへ(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月14日 07:00

解体アタッチメントレンタル・修理 ニッチ事業で首都圏、アジアへ(後)

油機エンジニアリング(株) 代表取締役社長 牧田 尚起 氏

 1995年12月に創業し、福岡県太宰府市に本社を置き、建設機械アタッチメントのレンタルや修理・販売を行う油機エンジニアリング(株)。グループとして西日本・東日本エリアで10カ所の拠点をもつ。積極的な事業展開を進める同社の強みについて、代表取締役社長・牧田尚起氏に話を聞いた。

人材が奏功した首都圏・台湾進出

 ――5年前に油機サービス(株)を設立されています。

油機エンジニアリング(株)
代表取締役社長 牧田 尚起 氏

 牧田 東日本大震災の復興作業において、瓦礫の処分をする機械が足りないから貸してほしいと要望をいただきました。レンタルだけでなく、修理やメンテナンスも必要なので、当社でもトップクラスの経験と実績を備えた3名(営業、管理、整備)で11年10月に仙台営業所をスタートしました。レンタルを通して少しでも復興のお役に立てたのではないかと思います。

 また、仙台営業所開設は九州の市場しか知らなかった当社にとってもビジネスチャンスを広げるきっかけとなりました。15年には100%出資の子会社として油機サービス(株)を立ち上げ、東京に本社を置き関東市場の開拓にも取り組んでいます。関東はまだまだこれからですが、大きな市場なので期待をしています。

 ――18年には台湾にも進出されていますね。

 牧田 当社が運営する建機レンタルのウェブサイト「Platform」を通じて、建機の中古販売をしていた台湾の会社から問い合わせをいただいたのがきっかけです。台湾では建機は購入するケースが多いのですが、レンタルを手がけたいというものでした。そこで、この縁をきっかけにパートナーとして合弁会社を設立して、台湾に進出することとなったのです。

 これは、当社に中国人社員がいて、台湾とのやり取りすべてを社員が直接できたからこそスタートできたビジネスです。台湾でモデルケースができたことは、今後の海外展開の可能性を広げてくれました。

 すでに、ミャンマー出身の社員は入社した当初から、将来は自国で事業を起こしたいという目標を立てていましたから、それに合わせたプランで仕事を経験させています。そうした外国人社員の活躍は当社の特徴であり、今年1月からはグローバル人材の紹介事業などを行う「JOBMATE()」を立ち上げました。外国人採用といえば技能実習生というイメージが定着していますが、会社や仕事の種類によってさまざまな採用のやり方があることを、当社が培った経験を生かして広めていきたいと思っています。

※「JOBMATE」は外国人社員が中心となって立ち上げた事業で、グローバル人材マッチングや、特定技能者支援、コンサルティングを行う。^

解体の歴史はリサイクルの歴史

 ――人材育成については、どのような取り組みをされていますか。

 牧田 今年採用した3名は、新入社員研修のなかで解体業の歴史についての研究を行いました。各営業所で働く先輩社員から現在の解体現場のことや、当社が運営する「古材の森()」では、昔の建物は再利用を意識してつくられていることなどを学び、「日本の解体業はリサイクルの歴史であり、解体技法の進化はリサイクルの進化である」という発表を聞くことができました。

 解体は、ただ壊すだけでなく、過去のものを引き継いで未来へつないでいく――自分たちの仕事が世の中にどう役立っているのかを意識した報告に、私自身も改めて気付かされたものがあり、全社員に共有しました。当社はグループ全体で約80名の従業員がいます。意欲的な若手社員も多く、段階的に活躍していけるように年2回全社員と面談を行い、本人のやりたいことと仕事のマッチングを図っています。

古材の森

※「古材の森」では、油機エンジニアリングのメセナ活動の一環として、1901年に建築された建物を次世代へ引き継ぐこと「動態保存」を目的に、さまざまな文化活動を行っている。^

 ――今後の展望を聞かせてください。

 牧田 私は昨年8月に代表取締役に就任しました。今年に入って世界規模での感染症拡大といった予期せぬ事態に直面し、こういう時期にどういう動きがとれるか、外部環境からも試されていると身の引き締まる思いです。解体機械のレンタル・修理の仕事を通して、解体業界の認知度向上に貢献するとともに、地元・太宰府のまちを盛り上げていけるよう、全国・世界の舞台で活躍できる企業を目指します。

(了)

【松本 悠子】


<COMPANY INFORMATION>
油機エンジニアリング(株)

代 表:牧田 尚起
所在地:福岡県太宰府市大字北谷1096-8
設 立:1995年12月
資本金: 3,500万円
TEL:092-920-5501
URL:http://www.yukieng.co.jp


<PROFILE>
牧田 尚起
(まきた・なおき)
1980年9月、福岡県春日市出身。鹿児島大学農学部卒。2003年4月、油機エンジニアリング(株)入社。福岡営業所で現場経験を積み、09年鹿児島営業所所長、11年本社経理課長、13年常務取締役を経て、14年取締役社長に就任、5年間の社長業務を経験し、19年8月代表取締役に就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月04日 16:12

九大 教員および学生の新型コロナ感染を発表

 九州大学は8月3日、7月30日に所属する研究者1名が、8月 1 日および2日に学生4名の計5名がPCR検査で陽性と判定されたことを発表した...

2020年08月04日 16:01

韓国ウォンの暴落と通貨危機は再び起こるのか(後)

 韓国政府は、急激なウォン安が起こらないように、どのような対策をしているのだろうか。それは、為替介入である...

2020年08月04日 15:30

「新型コロナ」後の世界~大学の本来あるべき姿を考察する!(2)

 「重要なのは、新型コロナウイルスのような感染症のパンデミックは、歴史上、今回が初めてではないということです。過去に起こった感染症のパンデミックを、ここで振り返ってみ...

2020年08月04日 15:13

【縄文道通信第41号】縄文道―天職ガイド 縄文陶工と現代の陶工との関係性 縄文道―武士道―未来道(後)

 1人の証券会社のエリートサラリーマンだった知人が、備前焼の陶工に変身した。松井宏之氏である...

2020年08月04日 15:03

(株)東洋食品(広島)/豆腐・豆腐関連品製造

 同社は、7月31日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。破産手続き申請の準備に入った...

2020年08月04日 13:37

液晶技術でコロナ対策アイテム次々に!シャープマスクに続き「適温クーリングフェイスガード」デサントブランドで販売開始!

 シャープは、液晶パネルを生産する三重工場のクリーンルームを使い、3月24日からマスクの生産を開始した。ドラッグストアなどでの店頭販売は行わず、「COCORO STO...

2020年08月04日 12:00

ポストコロナ時代の新世界秩序と東アジアの安全保障(2)

 米国はオバマ政権時代の2011年に、当時のヒラリー・クリントン国務長官が発表した「米国の太平洋世紀」と題する論文を基にした「リバランス(再均衡)政策」を掲げ、米軍の...

2020年08月04日 11:46

【コロナ禍】「誰が感染してもおかしくない」福岡市議

 7月27日、自民党福岡市議団所属の鬼塚議員の新型コロナウイルス感染を受け、同会派の所属議員は7月20日の会食から2週間となる昨日8月3日まで自宅待機を行っていたが、...

2020年08月04日 11:15

(株)ウエスト(東京)/結婚式場運営

 同社は、7月28日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同29日に保全管理命令を受けた...

pagetop