• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月30日 17:06

【みやき町】B&G財団の助成を受けプールをリニューアル 医療施設と一体化して予防医療を推進

 佐賀県みやき町役場中原庁舎において30日、B&G財団((公財)ブルーシー・アンド・グリーンランド財団、前田康吉代表、東京都港区)からみやき町への2020年「地域海洋センター修繕助成」決定の授与式が行われた。

 これは、「みやき町北茂安B&G海洋センター(室内温水プール)」の改修工事を行うにあたり、B&G財団が改修費用の一部の3,000万円を助成するもの。総工費は2億7,000万円。
 授与式では、B&G財団・理事長・菅原悟志氏からみやき町長・末安伸之氏へ助成決定通知書が手渡された。

B&G財団・菅原悟志理事長とみやき町・末安伸之町長

 「みやき町北茂安B&G海洋センター」(室内温水プール)は1987年にB&G財団が建設し、3年後の90年にみやき町に無償譲渡された。現在、園児の水泳や小中学生の水泳教室、大人のダイエット水泳などにおいて活用されている。

 今回のみやき町への助成金についてB&G財団の菅原理事長は「プールの出入口や観覧席の新設、内外装の塗替え、および2021年4月完成予定の統合医療施設『メディカルコミュニティみやき(仮称)』と一体となった改修を行うことで、より多くの利用者が見込まれることと、この施設を核とした予防医療事業を実施するなど、従来にない使い方を計画されていることから、特別施設整備として助成金交付を決定いたしました」と述べた。
 加えて今後の構想について「この改修により全国の海洋センターで初となる、予防医療複合施設と一体となる海洋センターが完成することになります。メディカルコミュニティみやきに入る(医)天神会とみやき町、B&Gの3者が連携し、地域の医療予防を実施してまいります」と話した。

 末安町長は「B&G財団には、多額のご支援をいただき感謝します。地域住民の皆さんがプールをより利用することにより、予防医療というみやき町の取り組みが、全国のモデルケースになることを願います」と感謝を述べた。

 B&G財団は「青少年の健全育成」を基本理念として、全国480カ所にB&G海洋センターを展開している。20年度は27都道府県38市町の40施設に対して総額6億980万円の修繕助成金交付を決定している。

 みやき町北茂安B&G海洋センターは床面積1,126.6m2(平屋)。11月に改修工事に着工し、21年3月末に竣工、4月にリニューアルオープン予定。6月には同センターが入るメディカルコミュニティみやき(仮称)がオープンする。

▼関連リンク
みやき町北茂安B&G海洋センター
B&G財団

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop