わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
西鉄高架化、駅前再開発も控える 住宅都市・春日&大野城の今昔(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月03日 07:00

西鉄高架化、駅前再開発も控える 住宅都市・春日&大野城の今昔(4)

急激な人口増に合わせて両市内の施設・機能が充実

 戦後の福岡市の復興・発展にともなう近郊のベッドタウン化は、春日・大野の両村にも押し寄せ、国道や鉄道に沿って住宅団地が開発されて人口が急増。50年10月に大野村が大野町に、53年1月に春日村が春日町になったほか、72年4月には市制施行により、現在の春日市と大野城市が誕生した。なおこのとき、当初は大野町から「大野市」となることが申請されたが、すでに同一市名が福井県にあったことで自治省の指導によって新市名を決定する運びとなり、新市名審査会での圧倒的多数での推薦で「大野城市」となったという。

大野城心のふるさと館
大野城心のふるさと館

 70年代に入ると、両市では福岡市に隣接している地の利と、鉄道路線や幹線道路が整った交通利便性に恵まれて、団地造成や住宅地開発が行われ、急激に人口が流入。エリア内の産業も多様化し、各地で新たな施設などが誕生していった。たとえば、米軍に接収されていた大野城市の中央兵器工場の跡地では、終戦直後には空襲で焼失・移転を余儀なくされた博多織工場が進出して操業していたが、衣服需要の変化によって業界が縮小し、やがて撤退。その跡地に77年9月に開業したのが、福岡市郊外における初の大型総合小売店となる「ニチイ大野城ショッピングデパート」だった。それまでのスーパーに比べて品数が豊富なのに加え、西鉄春日原駅に近くて駐車場も備えていることで、近隣各地からの集客で大いに賑わい、後に拡張・増築が行われ、98年11月にはシネマコンプレックスも併設する「大野城サティ」としてリニューアルオープン。その後、2011年3月には「イオン大野城ショッピングセンター」となった。

 87年4月には大型商業施設「ダイエー下大利店」が開業。九州地方初のミニ映画館が併設されるなど話題を集めたが、ダイエーの経営不振によって一時は閉店が検討される事態に陥った。その後、15年9月にイオン九州への営業権の承継により「イオン下大利店」となったが、建物の老朽化を理由に19年3月に閉店。現在、跡地で再開発が進んでいる。

 96年11月には福岡県の男女共同参画センターや人権啓発情報センター、総合福祉センターなどで構成される県の複合施設「クローバープラザ」が開館したほか、97年3月には西友が運営するショッピングセンター「ザ・モール春日」(現・アクロスモール春日)が開業。2011年10月には商業施設ゾーンと住宅ゾーンからなる新市街地「春日フォレストシティ」が誕生し、18年7月には市民ミュージアム「大野城心のふるさと館」が開館するなど、両市ではさまざまな施設・機能の充実が続いている。

左:クローバープラザ/右:春日フォレストシティ

 こうした施設が次々と誕生する一方で、75年3月に九州自動車道・太宰府IC、89年3月にJR春日駅、90年4月に新幹線・博多南線のJR博多南駅、99年3月には福岡都市高速・2号太宰府線の開通にともない水城出入口ができるなど、交通インフラが充実して利便性はさらに向上。両市は住機能と商業施設の充実による住みよさに加え、交通利便性の高さでベッドタウンとしての魅力をさらに増しながら、現在に至っている。

春日市商工会 会長  吉岡  統三

 当商工会では、会員の皆さまの経営支援に特化したサービスを展開しています。2010年度から5年連続で、経営支援の柱を毎年1本ずつ掲げて会員ニーズの多様化に対応していく“多柱運営”の取り組みを進めており、これまでに「管理会計」や「事業承継」「創業支援」「伴走支援」などの柱を立ててきました。その柱の1つである「経営革新」では3年間で100件の承認を目指して達成したことで、14年に開催された全国商工会連合会の「21世紀商工会グランプリ」においてグランプリを受賞するなど、会員企業の経営支援を本分とする我々の取り組みが評価されたのだと考えています。また、19年には当商工会主催で「第1回 春日まちゼミ」というイベントを開催し、市民の皆さまに地元のお店を知ってもらうことで、地元の商店街支援につなげる事業なども行っています。

 春日市は住みよいまちとして評価されていますが、やはり市の元気さを示すバロメーターとは、子どもが元気で、商売人が元気ということだと考えています。さらに元気で住みよいまち・春日にしていくべく、当商工会でも行政と密接に連携し、地域経済の活性化を図りながら地域振興に寄与していきたいと思います。

(つづく)

【坂田 憲治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月21日 17:09

アスコットの会長にラオックス・羅会長NEW!

 取締役選任のため、6月9日に臨時株主総会を開催するアスコットは、すでに発表されていた三菱商事出身の久米本憲一氏に加え、中国平安グループの蒉凯频氏を取締役候補とするこ...

2021年04月21日 17:04

インドネシア・パーム油生産農園視察(ボルネオ直行ルポ)(6)繰り広げられる情報戦NEW!

 現地で出会った閣下(以下、登場人物は仮名)に、パーム油市場の動向について分析してもらった。インドネシアでは昔から料理に食料油としてパーム油を利用してきた。インドネシ...

2021年04月21日 15:01

福島原発事故、アルプス処理水を海洋放出して良いのか~報道では語られない諸問題と私の提案(4)NEW!

 グリーンピース「東電福島第一原発 汚染水の危機2020」の14ページでは、汚染水に含まれる放射性炭素14Cの問題を取り上げています。この件は、次の項目「放射性炭素1...

2021年04月21日 14:38

全国ノーマスクピクニックデー、全面中止にNEW!

 全国各地で連休中の5月1日(土)・2日(日)の連日開催が予定されていたイベント「全国ノーマスクピクニックデー」は、全面中止となった...

2021年04月21日 14:33

【飲食事業者の独立心、自尊心を育てよ!(4)】福岡の老舗ロシア料理店「ツンドラ」~閉店惜しみ午前中から長蛇の列NEW!

 20日、老舗ロシア料理店「ツンドラ」が5月7日に閉店すると報道された。同店は1960年創業と福岡におけるロシア料理店の草分け的な存在で、看板メニューのボルシチなどが...

2021年04月21日 13:44

【佐賀】原材料が100%佐賀産ビールの『佐賀アームストロング醸造所』NEW!

 佐賀市諸富町に立地する千葉県のプラントメーカーが、100%佐賀県産ビール大麦を使う製麦工程併設のクラフトビール工場『佐賀アームストロング醸造所』の建設を進めている...

2021年04月21日 13:26

【福岡市】「感染症対応シティ促進事業」~空気清浄機『Aura Air』も補助金対象製品にNEW!

 福岡市は、感染症対策に取り組む市内の店舗などを支援する「感染症対応シティ促進事業」を行っている...

エコモ・インターナショナル(株)(福岡)/水素水生成器卸NEW!

 同社は、4月9日、福岡地裁飯塚支部より破産手続開始決定を受けた...

2021年04月21日 11:35

アレルギー表示制度の役割、「卵」は妥当と評価~食品安全委員会NEW!

 内閣府の食品安全委員会は20日、加工食品のアレルギー表示制度で「卵」の表示を義務づけていることよって、鶏卵アレルギーの患者がアレルギー症状の誘発を防止できているとす...

pagetop