わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月21日 15:01

福島原発事故、アルプス処理水を海洋放出して良いのか~報道では語られない諸問題と私の提案(4)

福島自然環境研究室 千葉 茂樹

放射性炭素14C問題

 グリーンピース「東電福島第一原発 汚染水の危機2020」の14ページでは、汚染水に含まれる放射性炭素14Cの問題を取り上げている。この件は、次の項目「放射性炭素14Cの生体内での挙動」で述べる。また、同15ページでは「東京電力は、2020年8月27日になって、ALPSで放射性炭素14Cが取り除かれていないことを認めた」と指摘している。東電もHPの3ページで認めている。この事実は、海洋放出されようとしているALPS処理水に「放射性炭素14Cが残存する」ことを意味しており、極めて重要なことだ。

 トリチウムと放射性炭素14Cの生体内での挙動については、産業医科大学の馬田敏幸氏の論文を参照してほしい。

放射性炭素14Cの生体内での挙動(内部被曝)

 放射性炭素14Cの挙動は深刻だ。人間の体は、骨以外は有機化合物(炭素Cを骨格とする化合物)からできている。炭素には結合する腕が4本あり、腕が立体的に伸びているが、この4本の腕に、腕が1本の水素や2本の酸素、3本の窒素がくっついている。この有機化合物の骨格にある炭素が放射性炭素14Cに置き換わった場合、生体に組み込まれているため、体外への排出が困難となり、内部被曝が長く続く。放射性炭素14Cの生物学的半減期(体内に取り込んだ量の半分が排出される日数)は約40日と言われているが、有機化合物に入り込んだ放射性炭素14Cが、尿から排出されてなくなるまで約400日かかる(詳細はこちら)。

 さらに問題なのは、人間が食物連鎖の頂点(最終段階)にいることだ。生物体を構成する物質は、骨を除くと、有機化合物(炭素の化合物、炭水化物・タンパク質・脂質など)だ。放射性炭素14Cは、微生物・植物から小動物・小魚、そして大型動物・大型魚と濃縮されながら、最終的にヒトの体内に入り、その間、どんどん高濃度になる。これは放射性炭素14Cだけの問題ではなく、農薬などでも同じことであり、海洋放出では、この点も問題となる。

 放射性炭素14Cは、半減期(個数が半数になる時間)が5730年のため、放射性炭素14Cが人の体内に入るとベータ線を出しながら窒素に代わる。このとき、体内では「内部被曝」が起きる。また、この時、放出されるベータ線のエネルギーはトリチウムより大きいため、体へのダメージが大きい。

福島自然環境研究室 千葉 茂樹 氏
福島自然環境研究室 千葉 茂樹 氏

 また、人体の設計図DNA(遺伝子)にもタンパク質(ヒストン)が存在し、このタンパク質の構成炭素が放射性炭素14Cに置き換わった場合、DNA(遺伝子)がベータ線で傷つく。傷ついたDNAが修復できなくなると、アポトーシス(細胞自死)が起きる。

 たとえば、体内でDNAのコピーミス(体の中では、いつでも細胞が入れ替わっている)で異常細胞が生じると、通常はアポトーシス(自死するプログラムが発動)が起きて異常細胞は死に、ガン化を防ぐ。しかし、被曝などでアポトーシスが大量に起きて細胞死が全身におよぶと、ヒト自体が死亡する。「トリチウム水の生体内の挙動」という項目で書いたヨーロッパの職人の死は、体のいたるところで起きたアポトーシスによるものだ。

 放射性炭素14Cは自然界にも存在し、体の中にも微量であるが存在する。また、大気中の放射性炭素14Cは、米ソ中などの大気中核実験により、1965年頃にはそれ以前の約1000倍に増加した(詳しくはこちら)。

(つづく)


<プロフィール>
千葉 茂樹
(ちば・しげき)
福島自然環境研究室代表。1958年生まれ。岩手県一関市出身。専門は火山地質学。2011年3月の福島第1原発事故の際、福島市渡利に居住していたことから、専門外の放射性物質による汚染の研究を始め、現在も継続している。

データ・マックスの記事
 「徒歩の調査」から見た福島第一原発事故 被曝地からの報告
 福島第一原発事故による放射性物質汚染の実態~2019年、福島県二本松市の汚染の現状と黒い土
 福島第一原発事故から10年~今も続く放射性物質の汚染
 【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題

著者の論文などは、京都大学名誉教授吉田英生氏のHPに掲載されている。
 原発事故関係の論文
 磐梯山関係の論文

この他に、「富士山、可視北端の福島県からの姿」などの多数の論文がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月09日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(4)

 近年拡大の一途をたどる「指定校推薦」制度は、若者らのそうした傾向を助長するのみならず、学生らのうちに要らぬ分断さえ生み出している。大学が特定の高校と協定を結び、その...

2021年05月09日 07:00

【コロナで明暗企業(6)】日本製鉄と日立製作所~企業城下町の栄枯盛衰(中)

 日本製鉄は茨城県鹿嶋市の東日本製鉄所鹿島地区にある高炉1基の休止を決めた。鹿島地区は旧住友金属工業の基幹拠点である。住友金属工業が製鉄所を開いた1960年代以降、鹿...

2021年05月08日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(3)

 このような調子でこれまでどうやって入試や定期試験をクリアしてきたのか、と学生に率直な質問をぶつけてみたことがある。そのとき、ある学生の一群(私立大)は、それは誇らし...

2021年05月08日 07:00

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(後)

 『具体的な要望としては、軽油引取税についてですね。軽油は一般的にディーゼルエンジンなどに利用されて軽油引取税がかかりますが、最終処分場で使う重機については減免されて...

2021年05月07日 18:56

【成り行き注目】(株)九設(大分)/電気設備工事ほか

 同社は、5月6日付の決済が不調に終わったことが判明した。

2021年05月07日 17:59

芝浦グループ 建築中の新本社ビルを公開

 芝浦グループホールディングス(株)は、45周年となる2022年に向けて、福岡市中央区に新本社ビルを建設している。これまで同グループが施工してきた物件のなかでも最大級...

2021年05月07日 17:52

掲載予告~山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が当社に届く

 当社児玉社長と浜崎裕治顧問宛てに、山口銀行の元行員から4月30日付で山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が送付されてきた。詳細については来週月曜日から掲載する...

2021年05月07日 17:45

【5/30まで】国際政治経済学者・浜田和幸氏の「創作漢字書展」が開催中

 メルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏の「創作漢字書展」が東京・銀座...

2021年05月07日 17:38

イーロン・マスク氏が先導役を務めるBMIビジネスの最先端事情

 世界を騒がすことに関しては天才的な能力を発揮するのがイーロン・マスク氏である。確かに、電気自動車の「テスラ」から宇宙ロケットの「スペースX」の開発などを通じて世間を...

2021年05月07日 17:24

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(前)

 産業廃棄物を適正処理することは生活環境の保全と国民経済の発展を図るために不可欠なうえ、近年は大規模災害の多発などで被災地における災害系廃棄物の処理も大きな社会問題と...

pagetop