わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月21日 17:04

インドネシア・パーム油生産農園視察(ボルネオ直行ルポ)(6)繰り広げられる情報戦

2000年前後からインドネシアが生産量トップに

 現地で出会った閣下(以下、登場人物は仮名)に、パーム油市場の動向について分析してもらった。

 インドネシアでは昔から料理に食料油としてパーム油を利用してきた。インドネシア料理の特色は揚げ物の多さだ。そこにパーム油は欠かせない存在だった。30年ほど前から食用油や化粧品などの原料に使われ始めたことで、パーム油の需要が一挙に拡大。これに追い討ちをかけたのが、10年ほど前からパーム油が燃料用として注目されるようになったことだ。バイオマス発電燃料として、世界中から求められるようになった。

 インドネシアとマレーシアのパーム油生産量の推移は、1998年から拡大基調になっている。ゴムの木とパームの木の育成方法や気象条件は同じ。このため、世界最大のゴム原料生産地のマレーシアがパーム油生産でも当初世界一であった。両国ともに生産量は毎年伸びていたが、インドネシアの伸びが顕著となり、2006~10年を境にトップが入れ替わった。閣下は次のように説明する。

パーム油国別生産量(熱帯林行動ネットワーク「パーム油調達ガイド」サイトより)
パーム油国別生産量(熱帯林行動ネットワーク「パーム油調達ガイド」サイトより)

 「インドネシア政府はパーム油を戦略商品に指定し、この産業で外貨稼ぎに注力しようと決定したのは2000年前後。だから政府はこの分野への投資をサポートしてきた。インドネシアはマレーシアよりも国土が広く、作付面積も上回るようになった。トップに躍り出たのは自然な成り行きであったといえる。パーム油ブームとなり、インド、アメリカ、中国といった消費大国へ物が流れていくことは明らかだ。日本の商社は、日本への出荷量が減ることを見越せないのだろうか。情けない話である」。

パーム油確保に躍起の商社

ジャカルタ市内の結婚式場
ジャカルタ市内の結婚式場

 ジャカルタ滞在中の今月10日から12日にかけて、三重氏は電話で何度もやり取りをしていた。大半はパーム油を取り扱っている商社。あらゆる策を弄しても、パーム油を確保したいと躍起になっているようだ。

 三重氏はこれまでの経緯について、次のように説明する。

ジャカルタ市内の市場にて 画像は高級食材「燕の巣」
ジャカルタ市内の市場にて 画像は高級食材「燕の巣」

 「我々がパーム農園を取得したと報告しても、彼らはまったく信用せず、相手にしてもらえなかった。時間が経過し、情報が出回るにつれて、彼らはそれが事実と認識し始め、今回、私がインドネシアに飛び立つと聞いて、目の色を変えて、パーム油をくれと騒ぎ出した。彼らは破廉恥という言葉を知らないのだろうか」。

 「まず中堅商社が躍起になった。最初は市場の半値でしか買わないという高飛車な態度だった。『馬鹿にするな』と拒絶すると、次は年間300億円で買いたいと泣きを入れてきた。そして、『保証金を数十億円積めばよいか』と低姿勢に変身した。さらに呆れたことに『出資させてほしい』との要請を受けた」。

 筆者は、三重氏が出資を受ける必要がないことを理解している。話を聞いて、商社が破廉恥であることはともかく、高飛車な姿勢で交渉が成立すると錯覚していることに言葉も出なかった。

 なぜ、彼らはパーム油の確保に必死になるのか?パーム油事業が軌道に乗り、拡大できれば大きな利益を会社にもたらし、事業部のトップは役員や社長に出世できる。その結果、所属のメンバーたちも同時に昇格できるという欲に駆られてのことだろう。中堅商社の格も地に落ちたものである。

 三重氏の横にいて4回の電話案件の話を聞いた。相手は東京の商社およびパーム油発電事業を検討している事業主。問い合わせは同じような内容である。

 「本当に市場の半値で売るのか?」というものだ。三重氏は「そんな価格で売れるわけがない。それに、あなたに回答する筋合いはない」と厳しい口調で電話を切っていた。筆者も、中堅商社を相手にしても仕方がないという三重氏の立場を支持する。

 三重氏の周囲でパーム油をめぐる情報戦が繰り広げられていることは、業界全体が大きく動いている証である。

ジャカルタ市内の高級レストラン
ジャカルタ市内の高級レストラン

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月09日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(4)

 近年拡大の一途をたどる「指定校推薦」制度は、若者らのそうした傾向を助長するのみならず、学生らのうちに要らぬ分断さえ生み出している。大学が特定の高校と協定を結び、その...

2021年05月09日 07:00

【コロナで明暗企業(6)】日本製鉄と日立製作所~企業城下町の栄枯盛衰(中)

 日本製鉄は茨城県鹿嶋市の東日本製鉄所鹿島地区にある高炉1基の休止を決めた。鹿島地区は旧住友金属工業の基幹拠点である。住友金属工業が製鉄所を開いた1960年代以降、鹿...

2021年05月08日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(3)

 このような調子でこれまでどうやって入試や定期試験をクリアしてきたのか、と学生に率直な質問をぶつけてみたことがある。そのとき、ある学生の一群(私立大)は、それは誇らし...

2021年05月08日 07:00

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(後)

 『具体的な要望としては、軽油引取税についてですね。軽油は一般的にディーゼルエンジンなどに利用されて軽油引取税がかかりますが、最終処分場で使う重機については減免されて...

2021年05月07日 18:56

【成り行き注目】(株)九設(大分)/電気設備工事ほか

 同社は、5月6日付の決済が不調に終わったことが判明した。

2021年05月07日 17:59

芝浦グループ 建築中の新本社ビルを公開

 芝浦グループホールディングス(株)は、45周年となる2022年に向けて、福岡市中央区に新本社ビルを建設している。これまで同グループが施工してきた物件のなかでも最大級...

2021年05月07日 17:52

掲載予告~山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が当社に届く

 当社児玉社長と浜崎裕治顧問宛てに、山口銀行の元行員から4月30日付で山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が送付されてきた。詳細については来週月曜日から掲載する...

2021年05月07日 17:45

【5/30まで】国際政治経済学者・浜田和幸氏の「創作漢字書展」が開催中

 メルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏の「創作漢字書展」が東京・銀座...

2021年05月07日 17:38

イーロン・マスク氏が先導役を務めるBMIビジネスの最先端事情

 世界を騒がすことに関しては天才的な能力を発揮するのがイーロン・マスク氏である。確かに、電気自動車の「テスラ」から宇宙ロケットの「スペースX」の開発などを通じて世間を...

2021年05月07日 17:24

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(前)

 産業廃棄物を適正処理することは生活環境の保全と国民経済の発展を図るために不可欠なうえ、近年は大規模災害の多発などで被災地における災害系廃棄物の処理も大きな社会問題と...

pagetop