2022年05月19日( 木 )
by データ・マックス

水際対策米軍は耳なし芳一の耳

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回はワクチンの販売促進活動の全面的見直しを訴えた12月23日付の記事を紹介する。

2021年も残すところわずかになった。

この1年もコロナに明けてコロナに暮れる展開になった。

コロナ感染の主役は

DELTAとOMICRON

アルファベットを入れ替えると

MEDIA CONTROL

になる。

コロナを仕組んだ勢力のメッセージと感じられる。

日本でコロナに感染した人は公表ベースで人口の約1%。

コロナで死亡した人は人口の約0.01%。

日本全体のコロナでの超過死亡は確認されていない。

超過死亡は2020年が少なく、2021年に激増した。

2021年と2020年の最大の相違はワクチン接種の有無。

ワクチン接種がなかった2020年の超過死亡は減少し、ワクチン接種を行った2021年は超過死亡が激増した。

ワクチン接種によって日本国民の死亡者が激増した疑いがある。

人口の1%しか感染していない新型コロナ。

人口の0.01%しか死亡していない新型コロナ。

しかも死者の大半は高齢者。

コロナがなくても亡くなっていた可能性がある。

この状況下でワクチン、ワクチンと騒ぎ立てる異常さに気付かなければならない。

新規陽性者数は依然として多いがコロナ死者数は減少に転じている。

これはワクチンの効果ではなくウイルス自体の変化による面が強いと思われる。

ウイルスは変異を繰り返すなかで感染力を高めるが毒性を低める特性があるとされる。

オミクロン株の感染が拡大しているが重症化する事例は減少しているのではないか。

オミクロン株に感染する者の大半がワクチン2回接種済者。

詳細に検証すれば2回目接種から6カ月以上経過していない人が多いのではないか。

ワクチンの有効性に強い疑義が生じる。

また、2021年の超過死亡者数が激増している背景にワクチン接種がある可能性を重視する必要がある。

副反応疑いの急死として報告されている事例だけで約1,400人存在する。

接種人数あたりの接種後急死者数は季節性インフルエンザワクチンの270倍。

「副反応疑い」として報告されていない接種後急死事例が多数存在すると考えられる。

ワクチンメーカーとワクチンマネーの恩恵に預かる人々・勢力が懸命にワクチン販促活動にいそしんでいるが、消費者はワクチンの過剰販促活動に警戒感を強めるべきだ。

厚労省は「接種後急死の原因がワクチン接種であるということはありません」と主張するが、これは言葉の綾をかいくぐる詐欺まがいの説明。

接種後急死の原因がワクチンにあるかどうかを評価できていないということに過ぎない。

「接種後急死の原因はワクチンにはない」

とも

「接種後急死の原因はワクチンである」

とも判定されていない。

「接種後急死の原因がワクチンであるかどうか、現時点では判定されていない」

というのが現状だ。

厚労省の「接種後急死の原因がワクチン接種であるということはありません」という説明は詐欺まがい説明だ。

ワクチンに対して正しく警戒する姿勢が必要。

とりわけ、「薬害根絶の誓い」を立てている厚労省は

「接種後急死の原因はワクチンにはない」ことが確認されるまでは、ワクチンに対する警戒を緩めず、広く国民にワクチンに対する警戒を呼びかけるべきだ。

ところが、厚労省の対応は真逆。

「接種後急死の原因はワクチンである」ことが確認されるまではワクチン販売を促進し続けるというもの。

いずれ厚労省の行動が断罪されることになるのではないか。

コロナに明けてコロナに暮れる2021年だが、これまでの実情を踏まえてコロナに対する過剰な反応を是正すべきときがきている。

日本は海に囲まれた国だから水際対策を実行しやすい。

海外から人が入国する際に厳正な対策を講じることによって海外発の変異株流入を阻止しやすい。

オミクロン株が確認された当初の岸田内閣の対応は甘かったが、比較的迅速に軌道修正が行われた。

それでも、入国後の隔離について、日本人に対しては「自宅での待機」を行ったことは適正でなかった。

隔離行動が守られずに発症、他者への感染という事例が確認された。

その後、濃厚接触者についても施設での隔離の方針が示されたが、この方法はすぐに限界に到達する。

濃厚接触者の数は急激に拡大し、施設での療養が不可能になることは明白だ。

政策対応にブレが観察されるが、それでも安倍・菅内閣の「後手後手・小出し・右往左往」と比べれば、はるかに適正な対応が取られている。

しかしながら、オミクロン株に対して岸田内閣が水際対策を強化したけれども大きな抜け穴があった。

米軍関係者が水際対策の網から完全に漏れていた。

沖縄でオミクロン株の感染が急拡大している。

原因は米軍にある。

米軍関係者は日本の水際対策の網にかからずに自由に出入国している。

この米軍関係者が日本国内を自由に往来する。

マスクすらつけずに行動してウイルスをまき散らす。

日本人が沖縄を訪問すれば感染する。

この日本人が帰郷すればその地で感染が広がる。

大阪府で市中感染が確認されたが米軍由来の感染である可能性は高い。

すでに市中感染が確認されてしまったから、国内で感染が拡大するのは時間の問題だ。

すでに東京都でも新規陽性者数が前週値を上回り始めた。


▼関連リンク
植草一秀の『知られざる真実』

関連記事