2022年05月28日( 土 )
by データ・マックス

上場5社前期決算、営業キャッシュフロー、軒並み悪化

 上場5社の2022年2月期の営業キャッシュフロー(CF)は井筒屋を除き、軒並み大幅に悪化した。イオン九州は大幅増益にもかかわらず7.8億円のマイナスに陥った。

 営業CFは営業活動における現金の出入りを示し、帳簿上の利益である営業利益や経常利益よりも営業活動の実態を正確に映すとされる。マイナスなのは、営業で入ってくる現金より代金支払いや人件費などで出ていくカネが多かったことを意味する。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事