2024年05月20日( 月 )

歴史が息づく商都のオリジン「博多部」(前)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

2つの再開発PJの陰で、息を潜める「博多旧市街PJ」

博多旧市街プロジェクト    福岡の都心部である天神や博多で、「天神ビッグバン」および「博多コネクティッド」という2つの再開発プロジェクトによって、大規模な再開発事例が相次いでいる。

 8月5日には、博多コネクティッドの規制緩和第1号として、博多エリア最大級のオフィスビル「博多イーストテラス」が竣工した。同ビルは「博多スターレーン」跡地において、NTT都市開発(株)と大成建設(株)の2社による共同事業として開発が進められていた、RC造地上10階・塔屋1階のオフィスビル。エリア最大級のオフィスフロアや、多様化する働き方に対応するサポート機能を備えたワークスペースのほか、緑があふれ、賑わいや日常的な憩いの場として機能する広場空間を有し、博多駅筑紫口エリアの新たなビジネス・賑わいの拠点になることが期待されている。

 また8月末には、三菱地所(株)が「イムズ」跡地の複合ビル開発プロジェクトの概要を発表。高さ約91m、地上20階・地下4階建ての同ビルは、建物外装に九州産材のCLTパネルと植栽を有機的に配置し、都市と自然の調和を目指すというシンボリックかつランドマーク性の高いデザインにより、一躍注目を集めた。2023年7月着工、26年3月竣工を予定している。

 これらのほかにも、旧大名小学校跡地で九州初進出のラグジュアリーホテル「ザ・リッツ・カールトン福岡」を擁する複合施設「福岡大名ガーデンシティ」の開発が12月開業予定で進むほか、「福ビル街区建替プロジェクト」や「(仮称)住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター建替計画」「(仮称)天神一丁目北14番街区ビル」「福岡東総合庁舎敷地有効活用事業」「博多駅空中都市プロジェクト」など、天神と博多の両エリアでは旺盛な再開発プロジェクトが進んでいる。

 その一方で、それほど目立った動きが見られず、陰に隠れて息を潜めるかのように細々と進んでいる市のプロジェクトがある。それが、17年12月にスタートした「博多旧市街プロジェクト」だ。

(左)「博多町家」ふるさと館、(中)御供所通り、(右)来春開業予定の新駅「櫛田神社前駅」付近
(左)「博多町家」ふるさと館、(中)御供所通り、
(右)来春開業予定の新駅「櫛田神社前駅」付近

【坂田 憲治】

  • 1
  • 2

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事