2024年03月05日( 火 )

アダルNL(10)パーソナルブースにもインテリアとの調和を

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 家具製造・販売の(株)アダル(福岡市博多区)のニュースレターの一部を抜粋して掲載する。

アダル「LOHKO(ロフコ)」

 近年ワークプレイス空間で右肩上がりに需要が高まっているオンラインミーティング用のパーソナルブースですが、使用されたことがある方も多いのではないでしょうか?アダルのワークプレイス向けブランド【A.T.I.C(アティック)vol.8】では、“家具の持つ情緒的価値をデザイン”をテーマとして、「なぜかワクワクする」「前向きになれる」といった心に響くワークプレイスづくりに貢献できる家具を提供したいと思っております。

 今回は、そんなA.T.I.C vol.8から、「LOHKO(ロフコ)」というパーソナルブースをご紹介致します。一般的なパーソナルブースは密閉された完全個室で、少し窮屈で堅苦しい印象のものが多いですが、このLOHKOは少し違います。

ポイント1:高いインテリアコーディネート性

 本体部の張地はお好きなものをお選び頂け、色味や質感など、空間に合わせた多様なコーディネートが可能です。既存のインテリア空間に設置する場合も、空間テイストや色味との調和が図れます。

ポイント2:キュートなフォルム

 丸みを帯びたキュートなフォルムは、カジュアルでリラックスできる雰囲気のワークプレイスとの相性抜群です。

ポイント3:高い遮音性

 ブース内部には吸音性の高いウレタンフォームを使用し、騒音測定では、静かな図書館の中と同等の騒音量を記録しています。

アダル A.T.I.C Vol.8製品サイト
LOHKO(製品情報)

【茅野 雅弘】

関連記事