2024年06月23日( 日 )

明和不動産の菊陽エリア戦略

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

(株)明和不動産
代表取締役COO社長執行役員
川口 英之介 氏

(株)明和不動産 代表取締役COO社長執行役員 川口英之介 氏

菊陽エリアで15棟計画

 ──昨年完成した「La-chic(ラ・シック)菊陽」をはじめ、菊陽町および近隣エリアでの賃貸マンション開発に力を入れています。

 川口 菊陽町やその近隣エリアにおける自社物件開発に関しては、本社および菊陽支店(2023年9月開設)の2チーム体制で臨んでおり、本年度は9棟221世帯分が着工済です。菊陽・菊池・大津・合志エリアでは今後13棟266世帯分を建築予定で、光の森にも近い熊本市北区弓削(ゆげ)エリアまで含めると、計画棟数は15棟335世帯分を数えます。企画段階のものまで含めれば、高まり続ける住宅需要に十分対応できると考えています。

 ──これほど旺盛な物件開発というのは、過去に例があるのでしょうか。

 川口 特定のエリアでこれだけ集中的に開発を進めるのは、初めてのことです。RC造の物件を求めるJASM(TSMC子会社)の声に応えると同時に、熊本市内への交通アクセスを含め、居住者の生活利便性を追求して開発地を選定した結果でもあります。

 TSMC進出以降、「住まいが足りない」という声を耳にするようになりましたが、熊本県内をある程度広域で見ると、住まいは足りています。足りないのは、菊陽町を中心に住まいを探されている人向けの物件です。TSMC進出以前から、菊陽町における当社管理物件の入居率は99%に迫っていました。セミコンテクノパークの存在もあり、以前から一定の法人需要があったのです。そこにTSMC進出が拍車をかけ、菊陽町を中心に高まる住宅需要に対して、供給が追い付かないエリアが増えたというのが現状です。(一社)熊本県賃貸住宅経営者協会の加盟企業では、TSMC工場の工事関係者だけでも、昨年7~12月までの半年間で、約1,300名の賃貸借契約を締結しています。

 ──菊陽町内の開発可能な土地も限られるなか、近隣エリアの存在感がますます高まりますね。

 川口 当社も開発を進めていますが、近隣の大津町は非常に人気で、地価も高騰しています。物流の活性化も予想されますので、国道325号線沿線で菊陽町にも近い泗水(しすい)なども人気を集めるかもしれません。

高まる賃貸需要

 ──菊陽町や近隣エリアにおける契約状況にも変化があったのではないでしょうか。

 川口 昨年菊陽支店を開設したこともあり、光の森店のみだった20年当時との比較で契約数は1.4倍に、個人と法人の契約比率は4:6から昨年時点で3:7と、法人契約が増加しています。JASMも雇用倍増を掲げており、サプライヤも続々と進出してきていますので、法人契約は増加傾向で推移していくものと考えています。家賃設定も上昇傾向にあり、私たちの感覚では2,000円/m2を超えると高いと感じるのですが、菊陽町でも光の森駅に近いエリアでは2,200円台/m2の物件も出始めています。熊本エリアにおける高価格帯が2,300円台/m2だったことを考えると、改めて驚かされます。

 ──台湾からの移住者も少なくないと思いますが、菊陽町を中心に、住まいに求められる条件はどう変わっていくでしょうか。

 川口 TSMCの台湾本社から移住される方は、機密保持の観点からもセキュリティを重要視されていると思います。また、単身向けであっても余裕を感じられる間取りが求められるでしょう。重要なのは、それらを踏まえたうえで差別化を図ることです。将来、供給過多となる可能性を考えれば、こだわりをもつことが結果としてオーナーさまにとってもリスクヘッジとなり、将来の空き家対策にもつながると考えています。

 ──最後に、住まいの供給・管理などを通じて、はたしていきたい役割についてお聞かせください。

 川口 おかげさまで、『2024年賃貸仲介件数ランキング』において賃貸仲介件数1万1,393件を達成し、3年連続九州トップになることができました()。私たちは賃貸住宅市場におけるシェアを拡大することで、依然紙媒体での契約が多い業界の商慣習を変える、その先導役を担えればと考えています。DXが叫ばれるなか、当社では15年から電子署名を導入し、現在管理物件の賃貸借契約においては電子契約がスタンダードとなっています。DXを推進することは、お客さまにとっても移動コスト・時間コストの低減というメリットが生まれます。これからも快適な住まいと暮らしを支えるサービスの提供を通じて、熊本、そして九州のまちづくりに貢献していきます。

【代 源太朗】

※全国賃貸住宅新聞の市場調査に基づく。22年10月から23年9月までの仲介件数が対象。 ^


<COMPANY INFORMATION>
代表取締役CEO:川口 圭介
代表取締役COO社長執行役員:川口 英之介
所在地:熊本市中央区辛島町4-35
設 立:1986年4月
資本金:7,160万円
URL:https://www.meiwa.jp

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事