2024年05月24日( 金 )

「孤独」の処方箋(前)、国民病を分析する(3)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
孤独の対症療法 PAKUTASO
孤独の対症療法 PAKUTASO

 日本のサラリーマンは忙しすぎる。たとえば50代以上の「モーレツサラリーマン」であれば、仕事最優先、出世や昇進を目指してがむしゃらに働くなかで、社外のコミュニティ活動などになかなか時間が取れない。ここのところの「働き方改革」で突如暇ができても、いったい自分が何をやりたいのかわからないと戸惑う人も多い。「イクメン世代」の30代・40代の男性たちは、仕事も家事も頑張れとハッパをかけられ、自分の時間もままならない。本人は頑張っているつもりでも、妻にはダメ出しをされ、毎日家庭と仕事との板挟み…。男たちは結局、友人との時間、趣味の時間、自分の時間をあきらめざるを得なくなってしまう。自分の人生なのに借りもののように生きた結果、周囲との関係性を深めることができない。孤独に陥りやすい男性、その原因を推考し、全方位から対症方法を考えてみたい。

“活動”を最上位に

 楽しそうに、おしゃべりしながら、物を売る。近所の仲間というコミュニティや家族といった緊密なネットワークのなかで長く働き続ける「定年なく働く人たち」は、かつて日本にも大勢いた。しかし今では10人に9人が会社員、つまり「定年」という人為的なシステムによって、働き続ける権利を自動的に失う社会となってしまった。

 人間の営みを「労働、仕事、活動」の3つに分類した、20世紀の哲学者ハンナ・アーレントは、「活動」→「仕事」→「労働」の順番で重要性を説いた。「労働」は奴隷のもので、「仕事」は職人がし、「活動」こそ市民がすべきことだと。しかし産業革命が起こり近代社会に入ると、人間の生活における優先順位は逆転し、労働が価値の最上位にきてしまったことを問題視した。

 「活動」とは、生涯を豊かにしてくれる思想。たとえば潤いをもたらしてくれる香水のようなもの。なくても生きていけるが、あると人生を楽しくしてくれる。香水は自分の匂いを消し、好きな匂いを新たに纏うことができる。自分のアイデンティティーを黙って他者へ伝えられる便利なアイテムだ。孤独に陥る人は、この「活動」に当たる部分が抜け落ちているのかもしれない。人生の多くの時間を仕事、もしくは労働に割いてしまい、期間終了後は何も残らない。自分のなかに「活動」たる精神が残っていれば、孤独との向き合い方も変わる。人生を捧げることのできるテーマを追求し、探求し続けることは、仕事と同等以上の充実感を得られるはずだ。SNSが普及した今なら、その活動や意志や履歴を発信することは、容易にできるだろう。

 ちなみに、私の今の人生をアーレントの分類に当てはめてみると、“DESINESSCATION”()が「活動」、“空間設計”が「仕事」、“情報発信”が「労働」といったところ。しかし、自分の営みをどれかに分類することが重要なのではなく、すべてが「お金を稼ぐための労働」に飲み込まれていないことが大事だという。仕事や労働の上に「活動」という軸を据えてみてはどうだろう。何もない日常もそのフィルターを通して見ると、違った刺激をもたらしてくれるかもしれない。

(※)「DESINESSCATION」は、筆者が考える“デザイン、ビジネス、教育”を組み込んだ提唱のこと ^

活動を最上位に据えてみる PAKUTASO
活動を最上位に据えてみる PAKUTASO

暇でもいいじゃないか

 病気になる人々を観察し続けてわかったのが、その共通した病理は心臓病でも、糖尿病でもなく、それは孤独であるということ。孤独は深刻化する伝染病であり、その対処は喫緊の課題だ。日本人の「孤独の深刻度」は、世界のなかでも群を抜いているという。多くの健康・社会問題の根底にある男性の「孤立」「ひきこもり」は、これからもっと肥大化し、深刻化していくだろう。「定年を迎えたら、プライドと驕り、そして肩書を徹底的に捨てなさい」といわれる。なぜなら孤立の原因となる硬い“鎧”が、まさにそれに当たるからだ。

 他者から孤立していると勘付かれないよう、わざと忙しくしてみる。自分で孤独だと落ち込まないよう、暇ではない風に装って過ごす。そんな行動も気になるところだ。現代人はブランド品を見せびらかす代わりに、「忙しくしている自分を見せびらかしている」という。

 かつては、「暇」こそ権力と富の象徴で、「働かなくてもいいこと」は金持ちの特権だった。しかし、現代ではそれが逆転し、「忙しさ」こそ見せびらかしの対象になる。忙しいということは、その人に対する需要が高いということを示す。有能で野心があり、人から望まれる資質をもっているということであり、ダイヤモンドや車や不動産といったものより、忙しいということのほうが希少価値をもっているのだ。男たちはこの“忙しくしている自分”という呪縛も脱ぐことができない。要は、仕事量を結果的に減らすことができずにいる。

 暇だと思われてもいいじゃないか。仕事はそこそこにして、自分の好きな活動に半分軸足をずらす。1つの仕事だけにフルコミットする時代でもない。労働して得られる対価のないボランティアだって、コミュニティを拡げていく価値があるではないか。そう考えていくことは、わかっていてもそう簡単にはできないのだ。

(つづく)


松岡 秀樹 氏<プロフィール>
松岡 秀樹
(まつおか・ひでき)
インテリアデザイナー/ディレクター
1978年、山口県生まれ。大学の建築学科を卒業後、店舗設計・商品開発・ブランディングを通して商業デザインを学ぶ。大手内装設計施工会社で全国の商業施設の店舗デザインを手がけ、現在は住空間デザインを中心に福岡市で活動中。メインテーマは「教育」「デザイン」「ビジネス」。21年12月には丹青社が主催する「次世代アイデアコンテスト2021」で最優秀賞を受賞した。

(2)
(後)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事