2024年07月19日( 金 )

元岡の新設中学校建設、35.1億円で西鉄・博栄・岩堀JVが落札

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡市発注の「元岡地区中学校校舎等新築工事」を、西鉄建設(株)を筆頭とする西鉄・博栄・岩堀JVが35億1,300万円(税別)で落札した。

 福岡市西区の元岡中学校は生徒数の増加により分離新設が決定し、建設地には周船寺の花火大会(丸隈山古墳観世音大祭奉納花火大会)の花火の打ち上げ場所でもある湯溜池が選定されていた(湯溜池の西側半分を埋めたて建設される)。

 校舎は地上4階建てで、工期は6月15日~2026年1月16日までを予定している。

埋め立て前の湯溜池
埋め立て前の湯溜池

【代源太朗】

関連記事