国際

2020年06月26日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~新エネ車に政策の追い風再び、免税対象の車種が発表

  中国工業情報化部(工信部)と国家税務総局はこのほど、第32回「自動車購入税免除の新エネルギー自動車車種目録」を発表した。同「目録」には免除対象となる新工ネ車283車種が掲載...

2020年06月26日 07:00

前駐ベトナム大使・梅田邦夫氏特別講演レポート「日本にとってのベトナムの重要性」(7)

  ベトナムと韓国は1992年に国交を樹立しましたが、とくに、過去10年ぐらいの間に、経済関係を中心に2国間関係は急速に緊密化しています...

2020年06月25日 16:30

この世界、どうなる?(5)日本は「台湾化」すべし

  前回、中国は「日本化」すべきだと書いた。では、日本はどうすべきなのか?日本は「台湾化」すべき、というのが私の答えである...

2020年06月25日 15:20

【BIS論壇No. 324】コロナ後の世界経済

  米ジョンズ・ホプキンズ大によると、日本時間23日午前3時時点での世界の感染者は188カ国・地域で900万人を突破。死者数は46万9,000人に達し、世界で増加ペースが早まっている...

緊張高まる朝鮮半島~金与正の目論む北朝鮮ビジネスの可能性(中)

  金与正が狙っている新たな攻撃分野は自然災害をビジネスチャンスに転換させようとする新機軸である。なぜなら、アジア太平洋全域で大きな地殻変動という危機が迫っているからだ...

2020年06月25日 09:00

コロナの先の世界(15)イスラエルの経験と教訓(1)

  Covid-19の世界的な感染爆発が続くなか、人口規模では9百万人強という小国イスラエルにおいても、6月半ば現在で感染者は1万8,000人を超えている...

2020年06月25日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~街の魂「屋台」が復活 「露店経済」に火をつけた(後)

  地方政府は屋台経済を再開すると同時に、起こる可能性のある各種のリスクや問題についても対応する政策を打ち出し、屋台エリアの安全・予防、衛生管理まで、さまざまな手を打ち出した...

2020年06月25日 07:00

前駐ベトナム大使・梅田邦夫氏特別講演レポート「日本にとってのベトナムの重要性」(6)

  ベトナムの対米関係もこの数年で大きく進展しています。2017年秋、オシウス前米大使は離任直前「任期中に、ホワイトハウスのベトナムへの注目度が段違いに大きくなった」と語りました...

2020年06月24日 16:00

この世界、どうなる?(4)中国は「日本化」すべし

  中国の過ちは「アメリカをやつけてやろう」と焦ったところにある。コロナウィルスに足元をすくわれても、なお世界における自国の存在を誇示しようとし、大失敗...

緊張高まる朝鮮半島~金与正の目論む北朝鮮ビジネスの可能性(前)

  北朝鮮がこれほどまで強硬な対応を見せたのには理由があろう。実は、ビラの中身がかつてないほど金一族を誹謗中傷するものであったからだ...

2020年06月24日 11:10

中国経済新聞に学ぶ~街の魂「屋台」が復活 「露店経済」に火をつけた(前)

  李克強総理は5月28日、全国人民代表大会閉会後の記者会見で「今年は雇用問題が最重要課題」との考えを示し、対応策として露店経済を推し進めようとしている...

2020年06月24日 07:00

コロナの先の世界(14)新型コロナ後の北東アジアの姿(4)

  日本の針路は大別して3つだ。1つは同盟国である米国の戦略に身をゆだね、「新冷戦」の最前線として中国と全面的に戦う道だ。2つ目は米国と離反し、大国となった中国の勢力圏に入って生きる道...

2020年06月24日 07:00

前駐ベトナム大使・梅田邦夫氏特別講演レポート「日本にとってのベトナムの重要性」(5)

  次に、アセアンのなかにおけるベトナムを見てみたいと思います。ベトナムの対外政策は、アセアンに軸足を置きつつ、「全方位外交」が基本です...

2020年06月23日 09:00

中国経済新聞に学ぶ~海南自由貿易港(後)どんな影響があるか?

  中国が各地の経済発展と自由貿易の推進のために設置している自由貿易区。今回は自由貿易港区の制度設計について紹介する...

2020年06月23日 07:00

コロナの先の世界(14)新型コロナ後の北東アジアの姿(3)

  中国の大国化が進む過程で、安全保障上の対立や技術覇権競争が激化。米中の「新冷戦」の足音はこの地域にも押し寄せ、各国の戦略面の調整を迫られる場面が増えてきた...

pagetop