HOME > 政治・社会

政治・社会

2016年11月17日 14:17

公費投入50億円 鹿児島・松陽台県営住宅への疑問(2)

   近隣住民の反対を押し切り伊藤祐一郎前知事が建設を強行した県営第二団地。50億円の公費を投入し、低所得世帯の“子育て支援”を目的に作られた県営住宅だが、その実態は県の発表とは程遠...

2016年11月16日 16:04

土人発言擁護の鶴保氏を厳しく批判

   福岡のニュースサイトHUNTERが14日から3日間にわたって、機動隊員による「土人発言」を擁護する鶴保庸介沖縄担当相を厳しく批判している。 ▼関連リンク ・顕在化した...

2016年11月16日 15:51

公費投入50億円 鹿児島・松陽台県営住宅への疑問(1)

  「所得制限21万4,000円」のカラクリ  鹿児島県が、地元住民の反対を無視して鹿児島市松陽台町で増設を強行してきた県営第二団地。未就学児がいる低所得世帯の“子育て支援”を目...

2016年11月16日 07:02

理想的なポスト・グローバル化によって、国家と個人を幸せな時代へ向かわせる(後)

  「言葉」を取り戻し日本の良さを再認識すべし  ――かつて個人が国家と向き合おうとすれば、左右いずれかの思想を持っていたと思いますが、今の時代はそれが合わなくなってきている...

2016年11月15日 18:31

博多駅前陥没事故、市が電話相談窓口開設

   博多駅前陥没事故の道路仮復旧工事を終え、福岡市は地下鉄工事を請け負ったJVと共同で、事故により被害を受けた個人や法人の損害に関する電話相談窓口を、15日午後1時に開設した。 ...

2016年11月15日 10:28

博多駅前陥没事故 埋戻し作業進捗リポート(11月15日)

   博多駅前陥没事故から1週間。道路の仮復旧が完了し、15日午前5時に交通規制が解除された事故現場からのリポートをお届けする。 通行規制は解除されたが、警備員や報...

2016年11月15日 09:20

理想的なポスト・グローバル化によって、国家と個人を幸せな時代へ向かわせる(中)

  ケインズ主義から新自由主義へ転落の始まり  ――ポスト・グローバル化とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。モンロー主義のように、世界が一国主義に向かうということでし...

2016年11月15日 07:02

バングラデシュで40年支援活動「取り残された人々」を見つめて(後)

  NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会 経済成長の闇を抱える  人口は約1億6,000万人と日本よりも多いバングラデシュは、経済成長が軌道に乗り成長率は毎年約6...

博多駅前陥没事故、仮復旧工事完了へ最終段階、高島福岡市長会見

   8日に発生した博多駅前陥没事故を受けて、福岡市は14日、仮復旧道路の安全性を確認するための「専門技術者による会議」を開いた。会議終了後に高島市長と福岡大・佐藤教授による記者会...

2016年11月14日 13:28

理想的なポスト・グローバル化によって、国家と個人を幸せな時代へ向かわせる(前)

   第二次世界大戦の敗戦を経て、軍国主義への反省から、現代国家としての日本はかたちづくられてきた。しかし冷戦構造の崩壊により、資本主義と社会主義という二項対立が立ち行かなくなり...

2016年11月14日 11:20

バングラデシュで40年支援活動「取り残された人々」を見つめて(前)

  NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会  「貧困がなく、すべての人々が潜在能力を自由に発揮できる社会」の実現を目指し、バングラデシュを中心に支援活動を続けている...

2016年11月14日 11:08

博多駅前陥没事故 埋戻し作業進捗リポート(11月12~14日)

   博多駅前陥没事故から6日、この週末に陥没事故現場が復旧されていく模様を追った。 12日午前8時30分ごろの作業風景。この日は各種ケーブルや配管の工事が進められ...

トランプ新大統領がワシントン政治をひっくり返す!(後)

  副島国家戦略研究所・中田安彦(2016年11月9日)  今回の大統領選挙は、「選挙というのはいかに選挙CMに高い金を使うかが大統領選挙の勝敗を握る」という従来の考えも...

トランプ大統領選出した米国民のメディアリテラシー

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、米大統領選でのトランプ候補勝利の陰にあるアメリカ国民のメディア不信とその実...

2016年11月11日 13:13

博多駅前陥没事故 埋戻し作業進捗リポート(11月11日)

   博多駅前陥没事故現場から、11日午前8時過ぎの模様をリポートする。 博多駅側の立ち入り禁止区域が縮小されており、道を挟んだ位置から復旧作業の様子を確認すること...

pagetop