2022年05月24日( 火 )
by データ・マックス

ビットコイン

イーサリアムが価格上昇、ビットコインを将来追い抜くのか(後)
イーサリアムが価格上昇、ビットコインを将来追い抜くのか(後)
イーサリアムは5日、大幅に機能をアップグレードする「London(ロンドン)」ハードフォークが進められた...
国際
イーサリアムが価格上昇、ビットコインを将来追い抜くのか(前)
イーサリアムが価格上昇、ビットコインを将来追い抜くのか(前)
仮想通貨(暗号資産)のなかで時価総額2位のイーサリアムは7月に入って価格上昇を続け、2018年に記録した史上最高値を更新した...
国際
バイデン大統領を手玉に取り世界制覇を狙うイーロン・マスクの戦略(前)
バイデン大統領を手玉に取り世界制覇を狙うイーロン・マスクの戦略(前)
電気自動車テスラの最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏は、バイデン大統領の誕生に向けて、水面下で支援を惜しまなかった甲斐があり、予算をバイデン新政権から勝ち取ることに成功した...
国際 未来トレンド分析シリーズ ファイザー
仮想通貨とクレジットカード、どちらが決済市場を取るのか(後)
仮想通貨とクレジットカード、どちらが決済市場を取るのか(後)
世界的な決済サービス企業であるペイパル(PayPal)は5月30日、「仮想通貨決済(Checkout with Crypto)」のサービスを開始した...
国際
仮想通貨とクレジットカード、どちらが決済市場を取るのか(前)
仮想通貨とクレジットカード、どちらが決済市場を取るのか(前)
仮想通貨も送金や支払いの手段として徐々に普及しつつあり、今後、仮想通貨とクレジットカードのどちらが決済市場を取るのかについて、注目が集まっている...
国際
【IR福岡誘致開発特別連載 37】“ギャンブル依存性”を掲げるIR反対派
【IR福岡誘致開発特別連載 37】“ギャンブル依存性”を掲げるIR反対派
「オンラインカジノ」とインターネットで検索すると、日本語・日本円に対応している多種多様な人気オンラインカジノゲームのサイトが表示されるPlay Amo、カジノシークレットなどは日本人にも利用しやすく、気軽にお金を賭けて稼ぐことができる...
企業・経済 一般 福岡IR誘致
最近ネット上を賑わしているNFTとは(後)
最近ネット上を賑わしているNFTとは(後)
これほどNFTが爆発的な人気を集めている理由は、まずパンデミックのせいで、展示会などを開催することもできず、コンピュータを使用する時間が否応なく増えたことと関係が深い...
国際
最近ネット上を賑わしているNFTとは(前)
最近ネット上を賑わしているNFTとは(前)
仮想通貨業界では、2017年に起こっていたICOのブームは過ぎ去り、昨年はDe-Fiが仮想通貨市場を主導していたが、今年に入ってからはNFTが話題を呼んでいる...
国際
バイデン政権下の米中関係と習国家主席の来日計画の行方(前)
バイデン政権下の米中関係と習国家主席の来日計画の行方(前)
欧米ではBCとACという造語がよく聞かれるようになった。何かといえば、「ビフォーコロナ」と「アフターコロナ」の意味である。たしかに政治・経済のあり方、はたまたスポーツを含む文化の楽しみ方まで、新型コロナウィルスが発生する前と後では大きく変わってしまった...
国際 未来トレンド分析シリーズ 新型コロナウイルス ニュース コロナ 国際
中国が狙うイランの原油と天然ガス~支払いはデジタル人民元で(後)
中国が狙うイランの原油と天然ガス~支払いはデジタル人民元で(後)
そうした背景もあり、ビットコインやその普及を支えているブロックチェーン技術で世界をリードする中国企業が、相次いでイランに拠点を構えることになった。「イラン中国共同商工会議所」が音頭を取り、中国のマイニング業者の呼び込みに熱心に取り組んできた...
国際 未来トレンド分析シリーズ
中国が狙うイランの原油と天然ガス~支払いはデジタル人民元で(中)
中国が狙うイランの原油と天然ガス~支払いはデジタル人民元で(中)
中国にとっては、アメリカに取って代わるまさに千載一遇のチャンス到来というわけだ。中国の習近平国家主席はイランの最高指導者ハメネイ師と直談判を繰り返し、「中国イラン総合戦略パートナーシップ」協定を結んだ...
未来トレンド分析シリーズ 国際
米金利上昇ショックの株急落、日本株投資に稀有の好条件が揃った
米金利上昇ショックの株急落、日本株投資に稀有の好条件が揃った
世界的に株価調整が起きている。日本株価はコロナ後の底値から年末までに68%の急伸を遂げ、今年に入ってからも年初比11%上昇と快進撃を続けてきたが、2月16日の高値から1週間で1,600円、6%の急落となった...
国際 武者リサーチ「ストラテジーブレティン」
「東久邇宮国際文化褒賞記念会」新総裁に明川文保氏が就任!
「東久邇宮国際文化褒賞記念会」新総裁に明川文保氏が就任!
18日に東京・六本木の国際文化会館において、第44回「東久邇宮国際文化褒賞」(主催:(一財)東久邇宮国際文化褒賞記念会)の授賞式が執り行われた。今回は昨年12月14日に逝去された、吉村靖弘同記念会名誉会長に代わって新総裁に就任した明川文保氏が主宰する第1回目の授賞式となった...
国際
常識としてのステーブルコインの動向(後)
常識としてのステーブルコインの動向(後)
もっとも一般的なステーブルコインは、1対1で法定通貨に直接紐づけされており、発行者が保有する法定通貨の量に応じて発行される。ところが、この方法では、発行者が本当に発行した価格の法定通貨をもっているのかわからない点が課題となる...
国際
常識としてのステーブルコインの動向(前)
常識としてのステーブルコインの動向(前)
仮想通貨「ビットコイン」の価格上昇が毎日、新聞上を賑わせている。各国の中央銀行はデジタル通貨の導入の準備に余念がない一方、既存の金融システムを根本から揺るがす可能性をもつ分散型金融やステーブルコインにも注目が集まっている...
国際
高騰を続けるビットコイン(後)
高騰を続けるビットコイン(後)
3つ目の要因は、機関投資家の参入である。17年の相場では、個人投資家が価格上昇の中心的な役割をはたした。しかし、今回の価格上昇を主導しているは米国を中心とした機関投資家で、機関投資家は暗号資産を新たな投資対象の1つとして認識し始めている...
国際
高騰を続けるビットコイン(前)
高騰を続けるビットコイン(前)
ビットコインは12年ほど前にジェネシスブロックが作成され、今に至っているが、これほどの成長を誰が予想できただろうか。ビットコインは、従来の中央集権的な金融システムでは実現できなかった、第三者の介入なしに安全で迅速に送金や決済ができることを証明した...
国際
話題を呼んだDeFi(分散型金融)市場(前)
話題を呼んだDeFi(分散型金融)市場(前)
今年は、DeFi(分散型金融)が注目を集めた年である。しかし、暗号資産(仮想通貨)をよく知らない人にとっては、この言葉自体をほとんど聞いたことがないだろう...
国際
世界初のデジタル通貨実用化を急ぐ中国(前)
世界初のデジタル通貨実用化を急ぐ中国(前)
新型コロナウイルスの感染拡大は、社会のデジタル化を加速させている。通貨のデジタル化もその1つである...
国際
コロナ禍でキャッシュレス化は加速(前)
コロナ禍でキャッシュレス化は加速(前)
コロナ禍で引き起こされた経済低迷を防ぐためという名目で、数兆ドル規模のドル紙幣が発行され、それらが株式や暗号資産などに流れ込んでいる。今回はデジタル経済の台頭により進んでいるキャッシュレス化を取り上げてみよう...
国際
  • 1
  • 2