• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月23日 07:01

福岡を活性化させた傑物伝 アパマングループ代表大村浩次氏(18)

新しいビジネスの場所をつくるfabbit

 APAMANグループのコワーキングスペース・fabbit(ファビット)は、国内23拠点、海外19拠点に広がり、会員数は3,000を超える。スタートアップ企業や個人むけのオフィスの提供にとどまらず、まわりからスタートアップ企業や個人のビジネスをサポートする仕組みをつくりあげている。

これから起業したい人をサポート

大村 浩次 氏

 fabbitではスタートアップ企業を支援するだけでなく、これから起業することを考えている人をサポートしたいと考えている。たとえば、fabbitのセミナーや交流会などのイベントは、これから起業を考えている人も参加することができる。起業を考えながら今の仕事をしている人も、起業している人とイベントで会って話をすることで、情報を交換するだけでなく、新しく事業を始める一歩を踏み出すきっかけになる。起業するまえの人にとって、起業した後はわからない世界だ。多くの人にとってわからないことは慎重になりがちだが、起業している人とふれあうことで起業が身近なものになり、起業に対するハードルが下がるのではないかと感じる。日本の起業率は約5%と低く、平成24年度の起業家精神に関する意識調査(GEM)によると、「身近に起業した人を知っている人」は全体の約14%と、若い世代の周りには起業した人が少ないことが多い。起業を考えている人が起業している人と出会うことで、起業という生き方にふれることができて、前向きな視点をもてるようになるのではないだろうか。

 起業をして間もない若い世代にとって事業をすることは、初めてのことばかりでわからないことも多い。fabbitでは、事業やビジネスの経験のある人が起業家のビジネスの段階に合わせてアドバイスする「メンター」「コミュニティアクセラレーター」「インキュベーションマネージャー」のシステムを整えている。そして、fabbitではセミナーなどのイベントを開き、起業家が講演者や講師としてビジネスを紹介することでチャンスを広げる数多くの機会をつくっている。また、ワンコインセミナーなどの多くの人が参加しやすいイベントをつくり、起業家がビジネスを立ち上げやすいようにサポートをしている。

働き方改革で副業や兼業がすすむ

 働き方改革で進むと予想されている副業や兼業。副業や兼業をするときにニーズが増えると予想されるのが、コワーキングスペースだ。事業を始めることはハードルが高いと思われがちだが、たとえば事務所を借りるなどの大きな初期投資がかかることもネックになっている。fabbitはコワーキングスペースのため、大きな都市の便利な一等地に個人がオフィスを借りることができる。コワーキングスペースを使いfabbitと提携するCAMPFIRE(キャンプファイヤー)のクラウドファウンディングなどを使うことで、良いビジネスのアイデアが資金面の課題から埋もれてしまうことなく、商品やサービスとして世の中に広がるサポートをしたいと考えている。

 fabbitは、これからの人の働き方も変えようとしている。仕事をするうえで避けて通れないことは、毎日の通勤だ。インターネットを通してパソコンやスマートフォンで仕事のやりとりができるようになり、離れた場所にいても仕事をしやすくなった。また、政府は働き方改革で場所や時間にとらわれない働き方に前向きに取りくんでおり、仕事をする場所を自分で決める時代になると考えられる。全国にfabbitの拠点を広げることで、遠くまで電車や車で通勤することなく、住んでいる街で仕事ができる社会をつくりたいと考えているという。

外国人ユーザーのニーズ

 大手町などのfabbit Global Gateway(ファビット グローバル ゲートウェイ)と呼ばれる拠点は、スタートアップ企業が海外にビジネスを広げる場所になり、海外のスタートアップ企業や日本に住む外国人の起業家の玄関口になる場所。英語や中国語などの外国語が飛び交い、世界各国の人々が集まって仕事をしていると実感できるところだ。fabbitのオープンスペースには仕切りがなく、日本人と外国人が隔たりなくすごせる環境だ。fabbitのイベントや企業同士のマッチングを通して、日本で仕事をしたい外国人の起業家と国内企業が交流できる場をつくり、バックグラウンドがちがう人同士が出会うことで今までになかったアイデアからの新しいビジネスが生まれることを目指している。

 近年、日本で仕事をする外国人は増えているが、日本で外国人がオフィスを借りるのは、言葉のちがいや手続きの難しさなどからハードルが高いことも多いといわれている。fabbitは英語などの外国語で入居の手続きをすることができて、コワーキングスペースのため従来型のオフィスを借りるより入居の手続きがしやすい。そのため、fabbitの外国人ユーザーは多く、外国人が日本でビジネスを始めるときに借りやすいコワーキングスペースとして、今後も拠点を広げたいと考えている。

 将来は、日本で仕事をする外国人が増えて、長く住んでいる外国人は日本で起業してビジネスをしたいと考える人も増えるだろう。また、日本人と外国人が同じ業界で働いて、隣同士で仕事をする機会も多くなると予想される。日本人と外国人が国籍に関係なく仕事をするコワーキングスペースは、日本のオフィスの未来図かもしれない。

(つづく)
【取材・文・構成:石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月12日 16:24

【未公開音声】WIN社・川﨑大資容疑者に手玉にとられた佐賀銀行~「担当者はオレ派」の意味は?

 横浜幸銀信用組合に対する融資詐欺容疑で逮捕された川﨑大資容疑者(51)は、「塩田大介」と名乗っていたABCホーム会長時代から、巧みな話術を用いた騙しのテクニックに長...

2019年07月15日 15:05

【タイトル】梅雨空を吹っ飛ばせ!「MIYA-JICK」開催

  野外ステージエリア  今年で15回目となる野外音楽祭「MIYA-JICK(ミヤジック)」が14日(日)、15日(月・祝)、宮地嶽神社(福岡...

2019年07月15日 07:00

コスモス薬品5月期、9.5%増収 経常は8.1%増益

 コスモス薬品の2019年5月期連結決算は、93店を出店した効果で売上高は前期比9.5%増、経常利益は8.1%増となった。

2019年07月15日 07:00

【本日(7/15)午後2時から】地域福祉フォーラム「地域の数だけある、居場所のカタチ」開催

 地域福祉フォーラム「地域の数だけある、居場所のカタチ」が本日(15日)、福岡市博多区の福岡国際会議場で開催される。

2019年07月14日 18:19

【速報】福岡県粕屋町の須恵川での遺体発見、容疑者を逮捕

   福岡県粕屋町の須恵川で8日午後に村尾照子さん(38)の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、福岡県警は今日、男性1人を逮捕。逮捕されたのは粕屋町江辻の土木作業員...

2019年07月14日 07:00

リテールパートナーズ第1四半期 微減収、増益 販管費増を吸収できず

 リテールパートナーズの第1四半期(2019年3~5月、連結)は食品スーパー事業が振るわず、前年同期比0.1%の微減収になった。販管費の増加を吸収できず、経常利益は1...

2019年07月14日 07:00

西鉄ストア、「ラー麦餃子」を発売~「ラー麦女子部」による試食販売イベントも

 西鉄ストアはラーメン用小麦「ラー麦」を使用した「ラー麦餃子」を本日14日(日)から、福岡県内18店舗で発売する。

2019年07月13日 07:00

アジアに「経済民主主義」を普及させ、共同体構築を図る!(後)

 『アジアと共生する日本の中小企業』というテーマで中小企業経営者2人による報告があった。山森一男 旭東ダイカストグループ会長・日中技能者交流センター理事は「日中分業体...

2019年07月13日 07:00

構造改革の成果、現れる トライアル、増収大幅増益(後)

 は10年前後から総合スーパー跡などへの居抜き出店をやめ、新店出店に切り替えるとともに老朽店を閉鎖し近隣に新築するS&Bを進めてきた。居抜き店は複層階が多く、ディスカ...

2019年07月12日 18:23

七隈線延伸工事、陥没箇所の工事再開

   7月12日午前9時、「博多駅前陥没事故」現場での再掘削工事が始まった。工事は安全面に最大限の配慮がなされ、Ⓐ地盤改良による人工岩盤の形成・Ⓑ掘削手順の細分化(2...

pagetop